Gamerch

【白猫】ケンセイ・思い出

最終更新日時 :
1人が閲覧中

2019/06/28



覇戦のレガリア
飛行島の思い出 
その他関連ストーリー関連キャラ





ケンセイ・ライゴウ cv.山寺宏一
一代でタイカンの諸国を統一した覇王。
天才的な戦術眼を持っている。





思い出1



<――十数年前。

乱世の島タイカンにて、あるひとつの国が消えてなくなろうとしていた……>


「……はぁ……はぁ……はぁ……」

「降伏しろ。ケンセイ・ライゴウ。

ライゴウ王はすでに討ち取った。この国は我が<オード>のもの。もはや貴様の守るべきものはない。」

「……お前が親父を殺ったのか?」

「貴様の武勇は我が耳にも届いておる。殺すには惜しい。」

「答えろ! お前が親父を殺したのか!?」

「だったらどうする?」

「うおおおおっ!

お前だけは絶対に討ち取る!」

「さすがだな。まだそれだけの力が残っていたか!

だが、怒りに任せて剣を振るなど、笑止!」

「ぐわああああっ!」

――

「持て! そやつは殺すな。我が国へ連れていく。」


…………

……


<ライゴウ改め、タイカンの国では<波蝕の島>進軍の準備が着々と進められていた。>


歩兵、編成完了しました!

猛虎騎兵、いつでも行けるぜ。

ネロ大将軍およびヴァイス、セレナ両将軍は?

すでに先発しました。我らもいつでも出発できます。

皆のもの、此度の戦はタイカン軍としての初陣となる。

決して敗北などあり得ない! 勝利あるのみ!

では、タイカンの王よ。出陣の号令を。

…………

……ケンセイ様は?

先ほどまでいらしたんですが……

はあああああああ!?

どこ行ったの!この大事な時に!!

また悪いクセが出たようですね。

期待を裏切らない野郎だぜ。

あーもうなんで!なんで予定通りにコ卜が進まないの!

探して! 探しなさい! 草の根わけてでも!!


…………

……


主人公、武器の整備は終わったかしら?

アイリス、薬や包帯は多めに持ったほうがいいわ。

うん。そうだね。

今回はいつになく激しい戦いになりそうよ。準備は万全にね。

よお、張り切ってるじゃねえか。

ケンセイ? アンタ、なにやってんのよ!?

やっぱり飛行島ってのはすげえな。タイカンの島が一望できるぜ。

なにのんきなコト言ってんの!?

アンタは軍隊を率いて<波蝕の島>に向かう手はずでしょ!

まあ、そうなんだが……その辺りはリーランたちがうまくやってくれんだろ。

でなきゃ俺の副官なんか務まらねえ。

アンタがそれを言うの?

それよりも――

俺にはタイカンを離れる前に、どうしてもやっておかなきゃならねえことがあるんだ。

やっておくこと……?

なあ、闇の王子よ。

少し俺に付き合ってくれねえか?



TOP↑

思い出2



兄様、ただいま戻りましたよっ!

うん、ご苦労だったね。どうだった?

やはりケンセイ様は飛行島に行ったようです。

でも、すぐに飛行艇に乗って出かけてしまったとか。

どこへ行ったかわかるかい?

そこまでは……

いつもいつも自分勝手ばかり……本当に王としての自覚があるんでしょうか。

あいつのことだ。何か考えがあるんだろうさ。

それはわかってます! だったらそれを言えって話ですよ!

リーラン殿、どうなさいますか?

王不在のまま進軍などあり得ません。兵たちの士気にも関わります。

メイリン!

はいっ!

伝書鳩を用意して。できるだけ多く!


…………

……


もう一度聞くわよ。アタシたちどこに向かってるんだっけ?

言っただろ、オードの国だ。

正確に言えば、元オードの国だな。

そこになんの用があるの?

そいつは行けば分かる。

ムムム、相変わらずの秘密主義ね。リーランがほやくのがよくわかるわ。

見ろ。あれが七彩大圏谷だ。オードの国は谷を越えたもっと先にある。

改めて見ても広い島なんですね。

そうだな。昔はこの広大な島に無数の国があった。

戦をして他国の領土を奪い、大きくなった国が分裂して、また戦をはじめる……その繰り返しだ。

じー。

なんだ、猫?

キャトラよ。よくよく考えたらアタシたち、アンタのこと何も知らないのよね。

顔を合わせてすぐ戦争に巻き込まれちゃったから。

だから聞かせてちょうだい。アンタの話。

何か知りたい?

アンタと大王ゴーマは知り合いだったんでしょ?どーゆー関係だったの?

話すのはいいが、ちょっと長くなるぜ。

構わないわ。目的地までまだかかるんでしょ。

そうだな……

俺の生まれた国はオードに滅ぼされたんだ。

王である父親は殺され、俺は捕らわれの身となった……

ケンセイさん……

オードヘ連れていかれた俺は、ゴーマの付き人をさせられた。よく剣の相手もさせられたぜ。



「はああああああっ!」

「やるな。いい踏み込みだ! だが、甘い!」

「……まいりました。」

 「さすがはゴーマ殿下。いつ見ても見事な腕前ですな。

 「当たり前だ。奴隷風情が殿下に太刀打ちできるものか。

「…………」


アンタたちは主君と奴隷の関係だったのね?

ああ、傍目にはそう見えただろうな。

ん、どーゆーこと?


「お呼びでしょうか、ゴーマ殿下?」

「二人きりの時は堅苦しい言葉はいらぬ。」

「なんか用か?俺だって忙しいんだよ。」

「くだけすぎだ! 少しはわきまえろ!

だが、貴様の物怖じせぬ態度は嫌いではない。」

「……で、用件は?」

「これから<雷獄山>へ行く。貴様も一緒に来い。」

「冗談だろ。雷獄山はバルガ族の縄張りだぜ。下手に近づかねえほうがいい。」

「我はいずれオードの王となり、タイカンを束ねる。バルガなど恐れるに足りん。」

「なぜ俺を連れて行く?」

「貴様は剣の稽古で手を抜いている。我が気づかぬとでも思ったか?」

「殿下に花を持たせてやるのも、立派な奴隷の務めだろ。」

「我は貴様の本気が見たいのだ。」

「……ふん。」


確かに主君と奴隷って感じじゃないわね。

今思えば、俺は試されていたんだろうな。

あいつの望む男かどうか……




TOP↑

思い出3



<タイカンの霊峰、……

雷が雨のように降り注ぎ、時折、マグマが噴き上がる……>


「こいつはすげえな……

この島で最も険しい山ってのは、嘘じゃなさそうだ。」

「ケンセイよ。雷獄山は凡庸な山ではない。

風を感じて、雷雲の行く末を読め。山の息吹に耳を澄まし、噴火の予兆を知れ。

さすれば活路が見える。」

「それはいいが……

背後に気配がする。つけられてるぜ。」

「先刻承知だ。それに後方だけではない。囲まれたぞ。」


「タチサレ。」

「ココハ、ワレラノ、リョウイキ。」

「イマスグ、タチサルノダ。」


「熱烈な歓迎だな。」

「バルガよ。山岳の戦士よ。その刃は我をオードの太子と知ってのものか?」

「タチサラネバ、コロス!」

「やってみろ!」

「キサマッ!!」

「遅い!」


<ゴーマは次々とバルガ族を斬り伏せるが――

岩場で足を取られ、バランスが崩れた。>


「オード、ノ、ゴーマヨ。シネ!!」

「させるかよっ!」

「ココロス。コロス。コロス!」

「お前らこそ、消えな!

はあああああああああああっ!」

「ウガァァァァァァァ!」



「終わったぜ。奴らは逃げた。」

「それが貴様の力か。見事な腕前だ。」

「そうでもねえよ。」

「……なぜ助けた?」

「ああ?」

「我を見捨てて逃げることもできた。さすれば貴様は自由の身だったのだぞ。」

「言われてみりゃそうだな。思いつきもしなかったぜ。」

「そうか……」

「「!!」」


<切り立った崖から二人を見下ろすもの――>


「あれは、タイカンの霊獣……」

「麒麟か。」

「その姿を見ることは、古来より吉兆とされる……

やはり貴様は、我が思った通りの男かもしれぬ。」


あれからだ……

ゴーマが俺に剣術だけではなく、兵法や治世の術を教え込みはじめたのは。

おそらくあの頃から覚悟を決めてたんだろう。俺にオードを討ち取らせるとな。

そうだったのね……

……下を見てみろ。

街ね。大きな街だわ。

あれがオードの首都シセイだ。真ん中に見えるのが王宮だな。俺も来るのは久しぶりだぜ。



TOP↑

思い出4



<――シセイの街は静まり返っていた。>


ひとの気配がしないわ。

うん、誰もいないのかしら?

無理もない。オードの兵や民は恐怖によって支配されてきた。大王亡き今、この地に残る理由なんかねえだろう。

でも、行き場のない人たちだっているはずです。

そうだな。見つけたらタイカンの街に連れて帰ろう。

とりあえずは王宮を目指すぞ。

待って。あそこに誰か――

ぎにゃー! 人じゃなくて魔物だわ!

<街のいたるところから、無数の魔物が現れた。>

オード軍が召喚した闇の魔物だ。召喚士を失って路頭に迷ってるんだろう。

どおりで人っ子ひとりいないわけだぜ。

どうすんのよ!?

先に進むには倒すしかねえだろ!


はあああああああ!


さすがだな。闇の王子!

ふう、あらかた片付いたみたいね。

ああ、また邪魔がはいる前に先に進もう。

ケンセイさん、うしろ!


せりゃああああ!

ケンセイ様、ご無事ですか!

リーラン!

魔物が多いな。喧嘩するなら俺も混ぜろ。

ジャッキー! お前らなにしてやがる!?

それはこっちの台詞です!大事な出陣を前にふらっと姿を消して!

お前のことだからうまくやっといてくれただろ?

無論、兵たちの準備は万全です。

ですが、王がいなくては、戦は始まりません。だから飛行艇で迎えに来ました。

ああ、ぴょ~んと飛んで来たぜ。

よくここがわかったな?

お忘れですか、ケンセイ様。

王のお力でタイカンは統一されました。長さに渡る戦が終わり、ひとつの国となったんですよ。

……?

リーランは各地に散らばる同胞に伝書鳩を送ったんだ。

それでオードヘ向かう飛行艇があるって情報を得たのさ。

なるほど。そんな手があったか。

だがな、リーラン。まだ終わっちゃいないんだ。やらなきゃならねえことが残ってる。

それがここへ来た理由ですか? 此度の出陣よりも大事なことだと?

ああ、タイカンを離れる前にケリをつけたい。

……わかりました。ならば私に反対する理由はありません。

ねえ、また魔物が集まりだしたわよ!

ケンセイ様は先へお進みください。ここは私とジャッキーで食い止めます。

大丈夫か?

任せろ。キュートに摯退してやる。

何をするかは知りませんが、兵たちが王を待っています。さっさと用を済ませてください!

ああ、わかった! 闇の王子よ!

王宮まで走るぞ!


TOP↑

思い出5



<――王宮の中は荒れ果てていた。>

ずいぶんひどいアリサマね。

敗戦を知った臣下たちが、金目の物を持ち出して逃げたんだろう。

で、ここに何があるの? そろそろ話してくれてもいいんじゃない?

ああ、そうだな……

<ケンセイが王座の背後の壁を押すと――

そこにポッカリと入り口が現れた。>

えっ、隠し扉!?

この王宮の地下に古代遺跡がある。

古代遺跡……?

ゴーマが奴隷である俺を解放する前に見せてくれたのさ。


「いったい何なんだここは?

「オードの聖域だ。我ら王族とわずかな臣下しか、立ち入ることは許されていない。

「そんなところに奴隷を入れちまっていいのか?

「ああ、貴様に見せたいものがある。

「見せたいもの……?

「この奥に我がオードの<力の源>がある。しかとその目で見ておくことだ。


うっ……

アイリス、大丈夫?

ケンセイさん……この奥にあるのは、まさか……

ああ。察しの通りだ。

なになに? どーゆーこと!?

もともとオードは好戦的な国だ。他の国を完膚なきまで叩き漬して領土を広げてきた。

今回の戦だってひでえモンだっだろ?

でも、それはシンラとかいう闇の軍師のせいなんでしょ?

それもある。でも、それだけじゃねえ。

オードという国自体が……遥か昔から<闇>の影響を受けていたんですね?

そうだ。そしてあれがオードの<力の源>だ。

<ケンセイが指さした、その先に――

どす黒い闇をまとった石碑が鎮座している。>

なんなのアレは?

なんだって構わねえ。とにかくぶっ漬す。

危険です。正体もわからないのに……

そうよ。闇が関わるなら軍隊を連れてくるべきだったわ!

こいつは俺がやらなきゃならねえ。なにしろ託されちまったからな……


「後は貴様に、任せる……ケンセイ……約束しろ……

闇の好きにはさせぬと、貴様が、闇を討つと……・


だが、相手は闇だ。万が一ってこともある。だからお前たちに来てもらった。

ケンセイさん……

ねえ、見て!

出やがったか。

石碑に近づかせないつもりだわ!

俺は闇を討つ。そして、この戦いを終わらせる!

誰にも邪魔はさせねえ!!


TOP↑

思い出6 (友情覚醒)



はあああああああああああっ!


くそっ! 斬っても斬ってもわいてきやがる!

なにか……なにか手はないのか?


なんだ、この光は……!


麒麟! なぜここに!?

ルーンの光に導かれたんだわ!

「!!!

また俺に力を貸そうってのか?

「!!!

なら、お言葉に甘えるぜ!!

霊獣の御名のもと、タイカンに巣くう闇を滅する!!

はああああああああああああっ!

<繰り出された斬撃は――

無数の魔物を消し去り、闇をまとった石碑を粉砕した。>

終わったの……?

うん。<闇>の気配は消えたわ。

タイカンの霊獣よ。

「…………

この島に宿る闇は潰えた……

これからは泰平の世を見守るがいい。

「…………

<麒麟は何も答えず、その場を去った。>


ゴーマ……約束は守った。

安心してソウルヘ還れ。


ケンセイ様!

よお、お前らも無事だったか?

街中にいた魔物は全て始末した。

ケンセイ様のほうは?目的は達せられたのですか?

ああ、すべて終わった。

これで心置きなくタイカンを離れられる。

そうですか……ならば戻りましょう。兵たちが待っております。

迷惑をかけたな。感謝するぞ。

ホントにそうですよ!私たちがどんだけ苦労したと……

えええええっ!? 今なんと!?

感謝する、とかなんとか……

聞こえてるじゃねえか。

ケンセイ様が謝意を表すなんて……怖い。逆に怖いです!これはもう天変地異の前触れかも!!

うるせえな。行くぞ。兵が待ってんだろ。

あ、ちょっと待って下さいよ!


歩兵、編成完了しております!

猛虎騎兵、お待ちかねだぜ。

では、タイカンの王よ。出陣の号令を。


聞け、タイカンの兵たちよ!

今日、この島に残る闇の残滓は消えた。

長きに渡る戦は終わった。お前たちの望みは叶った。そうだろう!?

「「「然り! 然り! 然り!」」」

だがなぁ……この島の外でも、闇は好き勝手やってやがる。それも気に入らねえ。

いいか、タイカンの平和なんてケチなことは言うな。世界だ! この世界を変えてやろうぜ!

これよりタイカン軍は、闇を討伐するため<波蝕の島>へ向かう!

全軍、俺について来い!

「「「おおおおおおおおお!!!」」」」


覇王ケンセイ・ライゴウ……

その男が見据える先には、まだ見ぬ未来があった……





覚醒絵・覚醒画像


タイカンを統べる覇王 ケンセイ・ライゴウ







TOP↑

その他



関連ストーリー
画像説明
ケンセイ・ライゴウ cv.山寺宏一
一代でタイカンの諸国を統一した覇王。
天才的な戦術眼を持っている。
乱世の島 タイカン  
フォースター ハオ
2014
07/14
神速の挑戦者 Story11/21
メイリン
フォースター シャオフー
11/28
フォースター レンファ
121314151617
2015
05/28
Holy Night Story ~あるある王子とまんぞく姫~
前編後編
レンファシズクディオニス シャオフー
幸福のレストラン(シャオフー)2016
11/07
覇戦のレガリア
序章
2019
06/28
ケンセイリーラン
DARK RAGNAROK ~黒の後継者~
序章
07/14

人物紹介
画像詳細
ケンセイ・ライゴウ cv.山寺宏一
一代でタイカンの諸国を統一した覇王。
天才的な戦術眼を持っている。
リーラン・ラムレイ cv.下屋則子
軍を支える有能な副官。
王の背中を見て学び、成長していく。
メイリン・フォンラン cv.大西沙織
兵法書を信じる軍師。
尊敬する兄の役に立つため、日々精進している。
ジャッキー cv.景浦大輔
ゴーマ
(オーガ国大王)
ハオ・フォンラン
ある国を支える軍師の少年。
民の平和を守るため、無数の策を巡らせている。
レンファ・クンルン
お祝い事があると舞を披露する踊り子。
持久力がなく、5秒踊るのが限界。
シャオフー・タイヤン CV:小澤亜李
不老長寿のキョンシー。
見た目は少女だが中身は優しいお婆ちゃん。


~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリー思い出

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー全話

コメント (ケンセイ・思い出)

新着スレッド(白黒wiki)

注目記事
ページトップへ