Gamerch
食物語攻略Wiki【しょくものがたり】

【食物語】桜桃嗶羅のスキルと必要素材

最終更新日時 :
1人が閲覧中

◆おすすめ記事

食物語(しょくものがたり)の桜桃嗶羅のスキルとステータスを掲載しています。声優や昇格の必要素材などまとめているのでぜひご覧ください。

桜桃嗶羅のステータス

名前
(ふりがな)
桜桃嗶羅
(おうとうひつら)
レア度
特性全体攻撃
菜系
好物サフラン
声優下野紘

初期HP1122最大HP7,167
初期攻撃127最大攻撃977
初期防御119最大防御783
初期回避3%最大回避3%
初期会心率10%最大会心率25%
初期会心倍率60%最大会心倍率120%
初期効果命中0%最大効果命中0%
初期効果抵抗0%最大効果抵抗0%

桜桃嗶羅のスキル

幻の砂

アイコンクールタイム/効果
幻の砂【効果】
匕首を振り砂を集めて楼蘭兵士を作り出して、敵単体を攻撃、100%のダメージを与える。
Lv2:スキルダメージ+10%
Lv3:スキルダメージ+15%

将の役割

アイコンクールタイム/効果
将の役割
【効果】
自身のHPが50%以下の場合、楼蘭兵士を召喚して自分を守る。すぐに無敵を1ターン獲得し、全体攻撃が1回発動し、140%のダメージを与え、HPの35%を吸収する。
【無敵】
すべてのダメージを抵抗する
Lv2:HP吸収+5%
Lv3:HP吸収+10%

桜蘭の長い夢

アイコンクールタイム/効果
桜蘭の長い夢初期冷却1ターン
スキル冷却5ターン
【効果】
桜蘭王の力で、敵全体を攻撃、230%のダメージを与える。自身のHPが50%以上の場合、1ターン挑発する。自身のHPが50%以下の場合、15%のHP回復をする
【挑発】
優先的に攻撃される
Lv2:スキルダメージ+40%
Lv3:スキル回復+5%
Lv4:スキル冷却-1ターン

昇格の必要素材

1段階目(Lv20時)

亳州胡桃・良×10
介寿腰果・良×10
貝貨×20000

2段階目(Lv40時)

亳州胡桃・尚×30
介寿腰果・尚×30
貝貨×50000

3段階目(Lv60時)

亳州胡桃・珍×80
介寿腰果・珍×80
貝貨×100000

4段階目(Lv80時)

亳州胡桃・御×150
介寿腰果・御×150
貝貨×200000

突破の必要素材と強化内容

1回目

アイコンスキル効果/必要素材
桜蘭の長い夢【強化された内容】
桜蘭の長い夢:スキルダメージ+40%
キャラor調味料×1
貝貨×1000

2回目

アイコンスキル効果/必要素材
幻の砂【強化された内容】
幻の砂:スキルダメージ+10%
キャラor調味料×1
貝貨×2000

3回目

アイコンスキル効果/必要素材
将の役割【強化された内容】
将の役割:HP吸収+5%
キャラor調味料×1
貝貨×3000

4回目

アイコンスキル効果/必要素材
桜蘭の長い夢【強化された内容】
桜蘭の長い夢:スキル回復+5%
キャラor調味料×1
貝貨×4000

5回目

アイコンスキル効果/必要素材
幻の砂【強化された内容】
幻の砂:HP吸収+10%
キャラor調味料×2
貝貨×5000

6回目

アイコンスキル効果/必要素材
将の役割【強化された内容】
将の役割:HP吸収+10%
キャラor調味料×2
貝貨×8000

7回目

アイコンスキル効果/必要素材
桜蘭の長い夢【強化された内容】
桜蘭の長い夢:スキル冷却-1ターン
キャラor調味料×2
貝貨×10000

衣装のイラスト

デフォルト未実装

桜桃嗶羅の評価

評価5点

HPが50%を切ると無敵&HP吸収付きの全体攻撃が勝手に発動

桜桃嗶羅は、HPが50%を切ると無敵&HP吸収ができる全体攻撃を行う”受動スキル”が発動します。このスキルは、敵のターンであっても、HPが50%以下になった時に発動し、冷却ターンもありません。(ただし、即死の場合は発動しない)


ダメージはそこまで高くありませんが、耐久よりの全体アタッカーとして編成しやすい食魂です。

スキル3も全体攻撃

桜桃嗶羅は、スキル3でも全体攻撃を使用できます。しかも、スキル3でもHPによって回復することができます。


全体攻撃かつ自己回復できる食魂は、転兎為福の様な複数敵が登場するステージのオート周回に非常に向いています。

おすすめの膳具

火力と耐久力を上げる目的で、「御 羊脂白玉シリーズ」が一番おすすめです。


膳具セット効果の詳細
御 羊脂白玉シリーズ攻撃スキル発動時、与えたダメージの20%をHP変換する
珍 青白玉シリーズ攻撃スキル発動時、与えたダメージの15%をHP変換する


食物語攻略Wikiのトップページ

コメント (桜桃嗶羅)

新着スレッド(食物語攻略Wiki【しょくものがたり】)

注目記事
ページトップへ