Gamerch
食物語攻略wiki
ログインでウルトラマンゲット ログインでウルトラマンゲット

蓮花血鴨・梅影探踪

最終更新日時 :
1人が閲覧中

ステージ台所騒ぎ
触れ合い彼の寝顔
物語恐れる物
  お楽しみに

台所騒ぎ

みんなが台所で仕事をしている時に、蓮花血鴨がいきなり暴走して、お客様に出す料理の材料から鴨血をとっていた、どうしよう――

}

◆主人公【男性】の場合◆

(逆の場合の差分は募集中)

春巻:若様、3番テーブルのお客様が待ちきれないようです!

若:分かった!次はこの鴨の血を注いでから炒めれば出来上がり!

蓮花血鴨:ぐ…この甘い香りが…

若:――!

若:ちょっ、だめだよ――これは料理用の鴨の血だよ、蓮花血鴨!

春巻:気を付けてください、若様!な、何だか様子がおかしいです!

蓮花血鴨:……。

若:蓮花血鴨…鴨の血を見ただけで…暴走したの?

戦闘

VS 蓮花血鴨

若:春巻、その鴨の血を注いで!少し炒めれば大丈夫だから。それで出し遅れたのを謝って!

春巻:わ、分かりました!

若:あっ…力加減がうまくできなかったみたい――しっかりして、蓮花血鴨!だ、大丈夫?

蓮花血鴨:くぅ…お、俺はまた何か…

蓮花血鴨:ああ、そうか…。また赤色の狂気に飲み込まれたのか。

蓮花血鴨:はは、ははははは…一体何の罪を犯したのか…あんなやつらでなく、味方に歯向かおうとしたとは…皮肉なもんだ!ああ、人間の言う通りだ、やはりこの俺は、悪鬼そのものなんだ!

若:……

蓮花血鴨:…何がおかしい?

若:ははは…あなた、一体どこが鬼だって言うの。

若:僕に殴られて、額が南極老人のように腫れているよ。

蓮花血鴨:……。

蓮花血鴨:…ありがとう。

若:なにが?水びしゃくで殴ったからか――痛っ!

蓮花血鴨:…俺がやったのか?

若:さっきうっかり肩をかまどにぶつけちゃって…まあ大したことないよ…

若:それよりもその腫れた額の方を心配したらどう?早く餃子に診て――ちょっと!どこに運ぶ気!?

蓮花血鴨:フン、もちろん餃子のところだ。お前が嘘をついているのかどうか…やつに検査してもらわないとな。


▷ページトップへ

彼の寝顔

蓮花血鴨は珍しくソファで寝たけど、彼の夢は穏やかじゃないようだ、昔のことを夢見ているのかな……

◆主人公【男性】の場合◆

(逆の場合の差分は募集中)

共通

蓮花血鴨:……

若:蓮花血鴨?ソファーに転がったまま寝るなんて…珍しいな…

蓮花血鴨:なぜ殉国したのは俺じゃないんだ……もっと強ければ…そうすれば…

若:……。

 どうやら寝つきが悪そうで、その薄目から、彼はまだ夢の中にいることが分かった。眉間にしわを寄せた彼は、何か言っているようだ――

蓮花血鴨:文丞相……やめろ……

体の任意の位置に触れる

触れ合い

頭に触れる(彼の頭を撫でる)

蓮花血鴨:うぅ…暖かい…このぬくもりは…もしかして…

若:僕が悪夢にうなされて寝つかれない時、みんなもこうしてなだめてくれたから…

蓮花血鴨:違う…そんなはずない…あれがこんなに優しいはずが…

体に触れる(彼の肩を叩く)

蓮花血鴨:俺が…初めて出征した時…やつらもこうやって…肩を叩いてくれた…

蓮花血鴨:この俺が…もっと…強ければ…くっ…

若:もっと強ければ、か…時々そうも思うけど…

手に触れる(彼の手を握る)

蓮花血鴨:こんなにも温くて、暖かい…あの指を染め上げた赤色か…

蓮花血鴨:…やつらの命を…俺が…奪った…

若:…そうじゃない。

蓮花血鴨:そう…こんなに優しい手触りじゃない…これは…うぅ…

共通

蓮花血鴨:……

若:そうだ…沈香は寝つきにいいから、香を焚ってあげよう…

若:甘くて優しい夢を見るように。


蓮花血鴨:……

蓮花血鴨:うぅ…そのまま寝てしまったのか?この穏やかな空桑が忘れさせたのか…戦ったことを、仇討ちのために放浪した日々を…

蓮花血鴨:今のも…すべて夢?

蓮花血鴨:これは…沈香の香り?…いつの間に…本当に彼が…

蓮花血鴨:若様……

蓮花血鴨:寝ぼけたようだな。夢と現実の区別もつかないとは…


▷ページトップへ

恐れる物

蓮花血鴨と食材を取りに行ったら、倉庫に閉じ込められた。暗闇の中、蓮花血鴨はいきなり質問を投げてくる――

◆主人公【男性】の場合◆

(逆の場合の差分は募集中)

共通

若:あれ?おかしいな…

蓮花血鴨:…なんだ?

若:穴蔵のドアが開けられない…僕たち閉じ込められた!?

蓮花血鴨:ドアぐらい、槍で軽くつついたら開くだろう。

若:いやいや、最近派手にものを壊したでしょう?今月は赤字になりかねないから!

若:鵠羹はまだ厨房で待っているから、戻らなければ彼もきっと探してくれるはず。ここは鵠羹のことを待ってみよう。どうしようもないなら…あなたの槍で――

 そこまで言って、僕は今月の勘定明細を思い出すと、絶望のあまり目を閉じた。

蓮花血鴨:気長に待ってられるか!10分だけだ、それまでに来ないようならドアを壊すぞ。


蓮花血鴨:……。

蓮花血鴨:震えているな、○○。怯えているのか?暗闇を?それとも……俺を?

【選択肢】

・暗いから…

・あなたのほうがずっと怖い…

・寒がってるだけだよ!

選択肢

暗いから…

蓮花血鴨:……。

蓮花血鴨:ほう?この悪鬼より、暗闇のほうが怖いと?面白いやつだ。

 蓮花血鴨から笑う声が漏れた――こんなに嬉しく笑うなんて、珍しいことだ。

あなたのほうがずっと怖い…

蓮花血鴨:それもそうだ……この槍は数え切れないほどの命脈を絶った、この手も無数の人の体温を奪った…この胸の中にはまだ消えない恨みが潜んでいる…

蓮花血鴨:俺のような呪われた悪鬼からは、離れた方が賢明だろう。

若:そうじゃなくて、ただムキになってドアを壊す恐れが…お金かかるんだって…

蓮花血鴨:……。

 暫く沈黙してから、蓮花血鴨から笑う声が漏れた――こんなに嬉しく笑うなんて、珍しいことだ。

寒がってるだけだよ!

蓮花血鴨:……。

 暫く沈黙してから、蓮花血鴨から笑う声が漏れた――こんなに嬉しく笑うなんて、珍しいことだ。

蓮花血鴨:なるほど。ここは元々寒いし、その上薄着だ…道理で狼と鉢合わせた兎のように震え上がるわけだ。

若:…知ってるくせに、またそんなこと言って…

共通

蓮花血鴨:羽織れ。

 指先から伝わる柔らかい織物の触感。彼のマントのようだ。

蓮花血鴨:フン、照れているのか?

蓮花血鴨:ここは暗く、お前の安全が保障できない、どこかにぶつけて怪我や出血をするかもしれぬ…。マントを貸すのも、そういう面倒事を回避するためだ…

蓮花血鴨:だから、さっさと羽織ればいい。


▷ページトップへ


▷蓮花血鴨へ戻る

▷一覧へ戻る

コメント (蓮花血鴨・梅影探踪)

新着スレッド(食物語攻略wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる