Gamerch
食物語攻略wiki

鶏茸金絲筍・物語

最終更新日時 :
1人が閲覧中

一 雪月風花・壱

◆主人公【女性】の場合◆

(男性の場合の差分は括弧書きで記載)

共通

春巻

「あれ、これは何でしょう?春幡ではありませんね…」


えび餃子

「あれ~、私も一枚持ってるよ…なになに…仮面舞踏会への招待状?」


えび餃子

「きゃ~!これはいいチャンス~♪舞踏会の音楽担当は、わたしがやってもいいよね?」


四喜団子

「仮面舞踏会について聞いたことがないんですよね~…円舞を踊れるんでしょうか~?」


四喜団子

「あ、若!来てたんですか!見てください、変な招待状をいただいたんですよ~」


四喜団子

「小生たちを今夜の仮面舞踏会に招待すると書かれています~…まさかきみにも届きました~?」


えび餃子

「あれ、○○の招待状は、わたしたちのと違うね~♪」


春巻

「そうですね、若様の招待状には「俺様専属パートナー」という字が金色に輝いています……」

【選択肢】

・俺様……

・金色に輝く……

選択肢

俺様……

四喜団子

「若は招待状の送り主に心当たりがあるみたいですね~!」


金色に輝く……

えび餃子

「招待状を見ただけで送り主が分かってるの?わぁ、若すごね~♪」

共通

四喜団子

「詳細を聞きに行きますか~?小生も同行します~!」





鶏茸金絲筍

「む?下僕も来たな……なぜたくさん人を連れてきたんだ!

 サービスはマン・ツー・マンがいいだろう!」


鶏茸金絲筍

「招待状のことか。ゴホンゴホン、招待状は、俺様が贈ってやったんだ!

 こんなつまらないこと、わざわざ来て感謝しに来たのか?」


えび餃子

「これはつまらないことじゃないよ~舞踏会を開催するのって本当に素敵なことだよ、コンサートみたいで!でも、若の招待状に書いてある「専属パートナー」ってどういう意味?」


鶏茸金絲筍

「も、文字通りだ!

 俺様の下僕だから、俺様のメンツの一部だ――」


鶏茸金絲筍

「舞踏会が始める前に、俺様自ら下僕にレクチャーしてやらないとな……

 ○○、お前はワルツを踊ったことがあるか?」

【選択肢】

・スクエアダンスなら

・少しだけ分かる

選択肢

スクエアダンスだけ踊った

鶏茸金絲筍

「それはなんだ?聞いたことがない……21世紀で、一番流行っているダンス?」


鶏茸金絲筍

「フン、ファッション比べなら、俺様も負けないぞ。今度一緒に行く。」


少しだけ分かる

鶏茸金絲筍

「さすがは俺様の下僕だ。ダンスもできるとは!

 じゃあ、俺様に一通りのステップを見せてみろ。」


鶏茸金絲筍

「うん……わ、悪くないけど!

 ……顔が赤い?ナンセンス、気温がホットすぎるだけだ!」

共通

鶏茸金絲筍

「○○、俺様がワルツのワンパターンを踊って見せよう。

 左に下がる、右にスライド、両足でこの動作を繰り返す……どうだ、わかったか?」


四喜団子

「小生、円舞以外の踊りを初めて見ましたよ~!

 この踊りのことは知りませんが、金絲筍の踊りは軽やかで素晴らしいです~。」


春巻

「ダンスは踊れませんが……

 でも、わたし仮面舞踏会には参加してみたいです。春神句芒の格好をして……」

【選択肢】

・お坊ちゃま、教えてください~

・大丈夫、教えてあげる

選択肢

お坊ちゃま、教えてください~

鶏茸金絲筍

「い、いきなり甘えるなーー!

 き、お前はただの下僕だ。俺様がお前の言うことを聞くなど……」


鶏茸金絲筍

「コホン……俺様は機嫌がいいからな。お前たち、こっちにこい。」


大丈夫、教えてあげる

鶏茸金絲筍

「何、俺様が許さんーー!なんなら俺様が教える!」


鶏茸金絲筍

「○○、お前のVIPサービスは俺様が一生分予約済だ!

 他人の下僕になるんじゃねぇぞ!」

共通

鶏茸金絲筍

「待て、いきなりこんなに来るのか……」


四喜団子

「小生は空桑の人を全員呼びましたよ~!

 みなさんにダンスを教えるなら、人が多い方がきっと面白いです~!」


鶏茸金絲筍

「おいおい、俺様の下僕が部屋の外に押し出されてるじゃないぁ……!?」




鶏茸金絲筍

「ふーふー……やっと出てきた……○○、ずっとここで待ってたのか?」


鶏茸金絲筍

「俺様をこんなみっともない格好にして……フン、いっそう違うダンスを教えてやった。体にもいいし、見てても飽きない。しかも教えやすいからな。」

【選択肢】

・自分も学びたい

・見せて

選択肢

自分も学びたい

鶏茸金絲筍

「ノー!俺様下僕には、あんなダンスを踊らせない、メンツを潰される!」


鶏茸金絲筍

「どうしても踊りたくても、俺様にだけ見せるんだ……」

見せて

鶏茸金絲筍

「興味があるなら、今度フランスに本場の演出を見せてやる!」

共通

鶏茸金絲筍

「というか、今夜の仮面舞踏会はとても正式なものだ。

 お前は、俺様のパートナーとして、きちんとオシャレにしろよ。」


鶏茸金絲筍

「俺様が……この前の採寸合わせて、ドレスをデザインしてやったんだ。」


鶏茸金絲筍

「クリノリンドレス、パステルドレス、ホームブルードレス……すべて今一番流行っているデザインだ。」

(「モーニングコート、タキシード……すべて今一番流行っているデザインだ。」)


鶏茸金絲筍

「ついてこい、お前が着ているところが見たいんだ。」


▷ページトップへ

二 雪月風花・弐

◆主人公【女性】の場合◆

(逆の場合の差分は募集中/括弧書きで記載)

共通

鶏茸金絲筍

「綺麗、とても綺麗だ……」

「誤解するなよ。俺様はお前をほめてるのではない!

俺のセンスはワンダフルだから、デザインした服が全部お前に合うんだ!」

「うん?待って、下僕。

なぜ脇腹に余分な糸が出てるんだ?ちょっと来い。」

「○○、お、お前太ったのか?縫い目を破ったぞ?」


【選択肢】

・わあ、スケベ!

・筋肉爆裂!

選択肢

わあ、スケベ!

鶏茸金絲筍

「なっ、すまん、俺様は、俺様は何もみていない――!」

「早くハンカチで隠せ、見られたら大変だ!

俺様は……俺様はどうせ下僕に色仕掛けられても動じないから、気にするな!」


筋肉爆裂!

鶏茸金絲筍

「何を言っているんだ!?俺様がデザインした服を着て変なことすんな!」

「俺様の服を破ったから、お仕置きをしなきゃ……」


共通

鶏茸金絲筍

「ほら……お前は運動しろ!俺様の時代のスポーツはとてもエレガントだぞ。

射的、テニス、乗馬は貴族のお嬢様たちにも人気がある。」

「俺様は決めたぞ。今日から○○の生活習慣を徹底的に変えてやる――!」

「舞踏会が始まるまで、まだ十数時間あるから、まずは馬に乗って乗馬場二十周だ……

次にバッティング練習だ。」

「お前の健康のために運動させるんだぞ。お前が、俺様の一番大事な下僕だから。」


「今日、俺様がエレガントな馬術の魅力を見せてやる!」

「まずは、ヘルメットを付けるんだ。

何時でも、安全第一だからな。」

「馬に乗るコツを教えてやろう。

まず、手綱を短く締めて、馬の首の付け根のたてがみと一緒に手に掴んで、そうしたら左足で腰掛を踏んで……」

「見ろ、馬の耳が前に傾いて立っている。これは警戒だ――

うん?なぜ馬の後ろに立っているんだ?気をつけろ!」


パァン――!


鶏茸金絲筍

「お前……馬の後ろに立つのが危ないって知らないのか?お前を押し倒さなかったら、蹴飛ばされるところだぞ!」


【選択肢】

・ごめん、今後は気を付ける

・かわりにあなたに突き飛ばされたけどね……

選択肢

ごめん、今後は気を付ける

鶏茸金絲筍

「ぜ、全部お前のせいじゃないさ……俺様も基本的な注意事項から教えるべきだった……」


かわりにあなたに突き飛ばされたけどね……

鶏茸金絲筍

「これでも命の恩人だぞ、恩返しを考えるべきじゃないのか?」


共通

鶏茸金絲筍

「わらぐろがあったのが幸いだったな。

俺様の服まで汚れて臭くなったがな、まったく土臭い!」

「待って、○○。ヘルメットが藁をはさんでいるぞ……」


パァン――!


鶏茸金絲筍

「おっと……自分のヘルメットを忘れてた、近づいたらぶつかったぜ!」


魚香肉絲

「おや、貴方たち、こんなところで何をしてるんだい?こんな事はTPOを考えてね~」


鶏茸金絲筍

「考えるって、馬術の練習で、ここ以外にふさわしい場所があるのか?」

「でもお前はなぜここに来たんだ?

もし俺様に馬術を習うというのなら、今は無理だな!」


魚香肉絲

「あらら、坊ちゃんは背が高くないけど、よく言えるね~」

「私は、○○を探しに来たんだよ。今夜、若は貴方と一緒に踊れないかもしれないねぇ。」

「はっはっは、きれいな顔が一瞬で真っ青になったよ!」


【選択肢】

・お坊ちゃまをからかわないで

・どうかしたの?

選択肢

お坊ちゃまをからかわないで

魚香肉絲

「……貴方たちのロールプレイはいつ終わるんだい?私は参加できないの?」


どうかしたの?

魚香肉絲

「近づいて、ゆーっくり教えてあげるよ。

あらら、お坊ちゃまの目玉が落ちそうだね、からかうのやめよう。」


共通

魚香肉絲

「警備部からお知らせがあるんだ。最近人間界があんまり平和ではなくてね……」

「たくさんの食魘が出たみたいで……

待って、若。今警備部に行くのかい?」



鶏茸金絲筍

「はぁ……」

「今日、せっかく○○を休ませたのに……」

「チッ、まあいい!

俺様が開催した舞踏会はファービュラスだ。無断欠席したら下僕が損するだけだ!」


▷ページトップへ

三 雪月風花・参

◆主人公【女性】の場合◆

(逆の場合の差分は募集中/括弧書きで記載)

共通

徳州扒鶏

「はい。罠にかからないためにも、出発前に空桑の巡回は必要かと思いまして。」


鶏茸金絲筍

「わざわざ○○が好きな花を選んで飾ったのに……

舞踏会のラストにはシャンパンと礼砲を用意したというのに……」


徳州扒鶏

「金絲筍?舞踏会の準備はどうしました?なぜ一人でここにいるんですか?」


鶏茸金絲筍

「こっちのセリフだ!どうしてここにいる、下僕はどこだ?」


徳州扒鶏

「最後の巡回をしていたところです。もう少ししたら、若と人間界へ行きます。

すみません、招待状をいただいたのに行けなくて。」

「この舞踏会のために、いろいろと用意していただいたと聞きました。絶対に素晴らしい宴会になるでしょう。」


鶏茸金絲筍

「どんなに素晴らしくても、あの下僕がそばにいなければ、全部無駄だ。」


徳州扒鶏

「それには同意できませんね。

舞踏会を開くなら、参加者を楽しませるのは主催者の責任です。」

「若は、金絲筍が若い時に様々なところに遊歴していたから、他の人たちよりも見識が広いとよく言っていました。

貴方が企画された舞踏会なら、必ず皆さんの美しい思い出になりますよ。」


鶏茸金絲筍

「よくわかってるな……チッ、ちゃんと考えとく。」



徳州扒鶏

「少し用事があり遅くなりました、すみません。

若、出発しましょう。」

「若、あちこち何を見ているんですか?まさか何か忘れ物でもしました?」


【選択肢】

・好きな人を忘れた

・いや、行こう

選択肢

好きな人を忘れた

徳州扒鶏

「……若、今は冗談を言っている場合ではありませんよ。」


鶏茸金絲筍

「冗談じゃないだろ。

主の許可がないのに、下僕は勝手に離れるなよ!」


いや、行こう

徳州扒鶏

「はい。」


鶏茸金絲筍

「○○……お前……俺様、の命令を忘れたぞ!

俺様はまだお前に出発の許可をしていない!」


共通

徳州扒鶏

「金絲筍!?なぜここに……」


鶏茸金絲筍

「徳州、舞踏会に行くといい。

○○のことは俺様に任せろ、俺様がいれば、こいつには指一本触れさせない!」

「おい、下僕、その顔はどういう意味だ!」

「誤解すんなよ!お前と別れたくないわけじゃないぞ――!ただこういうことは、俺様だけの特権だからな!」

「お前の唯一の主として、いつまでも、どこまでも、お前を守る。

そして、俺様の唯一の下僕として、お前はすっと俺様のそばにいて、すべての危険を避けるべきだ!」


【選択肢】

・舞踏会はどうするの

・イエス~マイロード!

選択肢

舞踏会はどうするの

鶏茸金絲筍

「フンフン、俺よりもっとふさわしい司会を探してきた。

あの者はもう何種類も円舞を考えてきてる。ホールにいる食魂全員が盛り上がるだろう。」


徳州扒鶏

「これが、午後に考えるって言っていたことですか……」


イエス~マイロード!

鶏茸金絲筍

「俺様は何回呼ばれても平気だぞ。

お前がとても従順だから、一回くらいは俺様を捨てたことを許してやろう!」

「いや、俺様は捨てられていない!今のは俺様の言い間違いだ、言い間違い!」


徳州扒鶏

「二人とも、もう決めましたね。

金絲筍、人間界で若の身の安全をしっかりと守ってくださいね…」


共通

青団子

「うぅ、四喜団子が教えてくれた円舞で……目が回る……」


春巻

「あれ?疲れてしまいましたか?

では、金絲筍が教えてくれたダンスを踊ってみませんか?あれ、何だっけ……えっと……」


青団子

「足をこんなに高く上げだきゃなの……っ、や、やっぱりいいよ……」

「そういえば、小旦那さまたち、まだ帰らないの……?

人間界からの通報は、誤警報だったって聞いたよ……」



鶏茸金絲筍

「なんだ、フォールスアラームかよ!

半月かけて企画した舞踏会が……警備部の食魂たちは全員クビだ!」

「せっかくデザインした服も役立たなかったし。今夜はゆっくり休ませたいのに。」

「お、お前はただの女の子なのに……

俺様の下僕をしているのに、空桑の若も兼ねていて、朝から晩まで皆のために仕事をしている……」


【選択肢】

・どうやって恩返しするの?

・うーん、肩が凝ってるなぁ

選択肢

どうやって恩返しするの?

鶏茸金絲筍

「じゃ、じゃあ、これから急いで帰ったら、最後のダンスには間に合うかもな!」


うーん、肩が凝ってるなぁ

鶏茸金絲筍

「マッサージはされたことしかないから、正しいかはわからないが……

ここが痛いか?フン、今回だけだ。今度は二度とないからな!」


共通

鶏茸金絲筍

「おっと?あの船はどこに行くんだ……

岸から音楽が流れてきてるな。参加するつもりだった舞踏会の音楽みたいに……」

「ん?下僕も僕にプレゼントがあるのか?」


【選択肢】

・左さがり、右横、両足がこの動作を繰り返し

・あなたが見たことがない舞踏会

選択肢

左さがり、右横、両足がこの動作を繰り返し

鶏茸金絲筍

「ちょーー!

いきなり俺様を引っ張るな、この船揺れてるから、倒れてしまうぞ……!」

「お、俺様が手を背中に置くことを許したか?

腰に置くのが正しいんだ!」


あなたが見たことがない舞踏会

鶏茸金絲筍

「フン、この世に俺様が見たことのない……

何してんだよ下僕!急に近づいてくるなんて、心臓が飛び出そうじゃないか!」

「ぷははははっ……こんな小さな船の上で踊るワルツ、確かに見たことないが。

さすがは俺様が一番に気に入った下僕だ!さあ、ここはゆっくり回るんだ。」


共通

鶏茸金絲筍

「今夜は星が多いな……」

「オリエンタルな評弾節を聞きながら、オクシデンタルなワルツを踊るなんて……

近づいたり、離れたり、つまずいたりして……まるで俺様の人生みたいだ……」

「俺様にとって、これこそが俺様だけの舞踏会なのかもしれないな……」

「……おい!お前のために特別サービスをしてやろう!

舞踏会なら、正式に誘いが必要なんだろう!」

「私と踊っていただけませんか、○○……マイ・プリンセス?」


▷ページトップへ


▷鶏茸金絲筍へ戻る

▷一覧へ戻る

コメント (鶏茸金絲筍・物語)

新着スレッド(食物語攻略wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる