Gamerch
食物語攻略wiki

詩礼銀杏・伝記

最終更新日時 :
1人が閲覧中

好感度ボイス

デフォルト

好き嫌い『 博(ひろ)くこれを学び、審(つまび)らかにこれを問い、何事も広く学んで、知識を広め、くわしく綿密に質問し、慎(つつし)みてこれを思い、明らかにこれを弁じ、篤くこれを行う』······。
世間話・
其の一
この言葉の意味が分からない? こっち来て、教えるから。
賛美
世間話・
其の二
甘え
告白

星移斗転

衣装夜空には、多くの星が瞬き、千万の知恵が秘められている……君は先生と一緒に、その謎を探らないか?

その他のボイスはキャラページに記載しています。

伝記

追憶

 詩礼銀杏が化霊したのは五十三代衍聖公、孔治が詩礼堂を建設する時である。建設時、詩礼堂の前には銀杏の木が二本、高くそそり立っていて、果実も大きく飽満であった。孔府が宴をする時に使用した銀杏もその木から取ったもので、故に名は「詩礼銀杏」という。孔府の宴で特有の伝統料理。

 経歴の長い孔府の名料理として詩礼銀杏は孔府の大先生であり、かの有名な八仙過海鬧羅漢さえ彼の門下生であった。


容姿

 詩礼銀杏は銀杏の木と不可解な縁で結ばれている。化霊した彼は衣装に銀杏の葉を多く飾っている。

 詩礼銀杏は孔府で誕生し、府内で先生を務めてから数年が経った。彼はよく太師椅に端座し、知識を伝授しながら新しい収穫を書簡に記す。


(情報提供お待ちしております)


(情報提供お待ちしております)


(情報提供お待ちしております)


(情報提供お待ちしております)




▷ページトップへ


▷詩礼銀杏へ戻る

▷一覧へ戻る

コメント (詩礼銀杏・伝記)

新着スレッド(食物語攻略wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる