Gamerch
食物語攻略wiki

えび餃子・伝記

最終更新日時 :
1人が閲覧中

好感度ボイス

デフォルト

好き嫌い可愛い男の子が可愛いスカートを穿くのって、甚(いた)く自然なことだと思わない?
世間話・
其の一
ん? スカートを穿いてるわたしが好きなの?
賛美
世間話・
其の二
甘え
告白

衣装「宮廷漫歩」

衣装新しい踊りを覚えたんだけど、あなた……私の最初のパートナーになってくれる?
救援要請たとえ花束と応援が一切なくても、私は絶対にライブを続けるんだ!
指先に込める思い・其の一「上辺ばかりのお飾りに過ぎん」……って、驚いた?イメチェンしたし、かっこいいセリフも言ってみたいから!

その他のボイスはキャラページに記載しています。

伝記

追憶

 えび餃子は民国時代に化霊した。茶楼の使用人として生計を立てていたが、その後店主は彼を養子として迎え入れた。恩を返すためえび餃子は一つの夢を叶えるための道を歩み始めた。

 華麗なる舞台でえび餃子はかわいらしい歌声を沢山の人に届けることが出来るのか?


容姿

 えび餃子の皮は透明で若干ピンク色がかっているため、化霊したえび餃子はピンクのスカートを履いており、薄紗を羽織っている。

 店主の娘への思いを満足させるために、えび餃子は女の子のスカートを履いて歌手になった。彼は徐々に歌を歌う事が好きになり、多くのステージに上った。そのマイクは夢の光を輝かせ、愛と幸せを伝える武器になった。


(情報提供お待ちしております)


(情報提供お待ちしております)


(情報提供お待ちしております)


(情報提供お待ちしております)




▷ページトップへ


▷えび餃子へ戻る

▷一覧へ戻る

コメント (えび餃子・伝記)

新着スレッド(食物語攻略wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる