Gamerch
食物語攻略wiki

一品鍋・伝記

最終更新日時 :
1人が閲覧中

好感度ボイス

デフォルト

好き嫌い『錦衣玉食(きんいぎょくしょく)』、『軽裘肥馬(けいきゅうひば)』。贅沢な生活って、そんなに素晴らしくないよな?
世間話・
其の一
績渓の景色は······最も美しいよな······
賛美『春風駘蕩(しゅんぷうたいとう)』とはまさにこのことだな······こういう感覚は久しぶりだ······どうもありがとう······
世間話・
其の二
山水(さんすい)だけを描く理由か?心に従っているだけだ。
甘え絵を······描(えが)きたい。墨の用意を頼んでもいいか?
告白いつか私と、一緒に田舎に戻ってほしい。どうだ?

衣装「雲海仙跡」

衣装もしかしてあなたも蓬莱(ほうらい)に行ったことがあるのか? この服……空一面に広がる雲海(うんかい)を彷彿(ほうふつ)とさせる。

その他のボイスはキャラページに記載しています。

伝記

追憶

 一品鍋は明朝に化霊した。元は徽州山間の家庭料理であり、石台県の「四部尚書」畢鏘の妻の余氏(一品誥命夫人)が皇帝に献上した料理であることから名づけられたという。

 彼は元々田舎で自由奔放に生活していた無名な隠士だが、一品誥命夫人の家族に養子として迎えられ「郭逸品」と名付けられた。彼は、誥命夫人の兄として礼儀作法を叩き込まれた結果、人の前では偽りの顔を作るようになり、素直ではない性格になってしまった。


容姿

 一品鍋は一品誥命夫人が作った料理で、皇帝自ら命名した。化霊する時の格好も手抜かりがない。徽州の特色料理として、彼の肩には徽州屋根の紋が刺繍されている。食材も徽州の山水のように次から次へと綺麗に並べて行く。そして両腕に纏う青い絹は雲の象徴である。

 一品鍋は丹青が得意で、筆や絵具も常備している。暇な時はそれらを使って山水を描く。


技能

 一品鍋の筆と墨は、普段の絵画や習字だけに使うものではなく、彼の武器でもある。

 彼は既に故郷徽州の山水を心に刻んでおり、敵陣に向かっても、簡単に数画で山水の趣を描き出す。水墨の山水は、怒りの収まらない相手を落ち着かせ、戦意をなくしてスキルを再冷却に入らせる。


 一品鍋の食材はとても豊富で、場面に合わせて様々なものを用いる。常にご当地の旬の食材を使って調理する。よく見られる葷食はフカヒレ、ナマコ、鶏や鴨。菜食は豆腐、キノコ類、メンマなど。

 一品鍋を調理する時の食材の並び順は決められている。一番下はメンマ、次は肉、その上は豆腐または油揚げ、次は肉団子、一番上に春雨、少しのほうれん草やヤブカンソウを加え、調味料と水を入れて、弱火で煮込んだら完成。


天性の才

 一品鍋は口数が少なく感情を顔に出さないタイプ。徽州の田舎で生まれたが、朝堂での身なりに関する手抜かりのなさは結構有名である。

 しかし官吏達が知らない事実として、実は彼は人と接触するのが苦手なのである。唯一の趣味は丹青水墨画である。自分の筆で徽州の山水をこの世に残すことができれば、それはどれほど幸せだろう······


「空桑に来てから、よく昔の富裕な生活に戻れない事を同情されているが、私が求めているの裕福な生活ではないかのです······今のように山水を満喫し、その景色や歳月を絵で記録することが今の私にとって十分幸せなのだ。

先ほど楼閣で見た景色だが、溶けた黄金のような夕日には雲も空も同化していて実に美しかった。そして私は早く帰ってその景色を描きたくて仕方ない。絵には幾千の思いが入れ込まれるからね、今回の日記をここまでにしておこう。」


▷ページトップへ


▷一品鍋へ戻る

▷一覧へ戻る

コメント (一品鍋・伝記)

  • 総コメント数9
  • 最終投稿日時 2020/12/11 18:17
  • 表示設定
    • ななしの投稿者
    9
    2020/12/11 18:17 ID:gc1f1kur

    ↓反映しました。ありがとうございます!m(_ _)m

    8
    2020/12/11 16:45 ID:jvey35gh

    「空桑に来てから、よく昔の富裕な生活に戻れない事を同情されているが、私が求めているの裕福な生活ではないかのです······今のように山水を満喫し、その景色や歳月を絵で記録することが今の私にとって十分幸せなのだ。

    先ほど楼閣で見た景色だが、溶けた黄金のような夕日には雲も空も同化していて実に美しかった。そして私は早く帰ってその景色を描きたくて仕方ない。絵には幾千の思いが入れ込まれるからね、今回の日記をここまでにしておこう。」


    です(*/ω\*)

    7
    2020/12/11 16:44 ID:jvey35gh

    天性の才

    一品鍋は口数が少なく感情を顔に出さないタイプ。徽州の田舎で生まれたが、朝堂での身なりに関する手抜かりのなさは結構有名である。

    しかし官吏達が知らない事実として、実は彼は人と接触するのが苦手なのである。唯一の趣味は丹青水墨画である。自分の筆で徽州の山水をこの世に残すことができれば、それはどれほど幸せだろう······

    • ななしの投稿者
    6
    2020/12/11 16:18 ID:gc1f1kur

    ↓反映しました。ありがとうございますー!

    5
    2020/12/11 15:00 ID:jvey35gh

    >>4

    一応です( . .)"

    4
    2020/12/11 14:59 ID:jvey35gh

    一品鍋の食材はとても豊富で、場面に合わせて様々なものを用いる。常にご当地の旬の食材を使って調理する。よく見られる葷食はフカヒレ、ナマコ、鶏や鴨。菜食は豆腐、キノコ類、メンマなど。

    一品鍋を調理する時の食材の並び順は決められている。一番下はメンマ、次は肉、その上は豆腐または油揚げ、次は肉団子、一番上に春雨、少しのほうれん草やヤブカンソウを加え、調味料と水を入れて、弱火で煮込んだら完成。

    3
    2020/12/11 14:50 ID:jvey35gh

    技能

    一品鍋の筆と墨は、普段の絵画や習字だけに使うものではなく、彼の武器でもある。


    彼は既に故郷徽州の山水を心に刻んでおり、敵陣に向かっても、簡単に数画で山水の趣を描き出す。水墨の山水は、怒りの収まらない相手を落ち着かせ、戦意をなくしてスキルを再冷却に入らせる。


    です(*’ω’*)

    2
    2020/12/11 14:49 ID:jvey35gh

    容姿

    一品鍋は一品誥命夫人が作った料理で、皇帝自ら命名した。化霊する時の格好も手抜かりがない。徽州の特色料理として、彼の肩には徽州屋根の紋が刺繍されている。食材も徽州の山水のように次から次へと綺麗に並べて行く。そして両腕に纏う青い絹は雲の象徴である。

    一品鍋は丹青が得意で、筆や絵具も常備している。暇な時はそれらを使って山水を描く。


    です((o(*>ω<*)o))

    1
    2020/12/11 14:28 ID:jvey35gh

    一品鍋ボイス

    好き嫌い

    『錦衣玉食(きんいぎょくしょく)』、『軽裘肥馬(けいきゅうひば)』。贅沢な生活って、そんなに素晴らしくないよな?

    世間話・其の一

    績渓の景色は······最も美しいよな······

    賛美

    『春風駘蕩(しゅんぷうたいとう)』とはまさにこのことだな······こういう感覚は久しぶりだ······どうもありがとう······

    世間話・其の二

    山水(さんすい)だけを描く理由か?心に従っているだけだ。

    甘え

    絵を······描(えが)きたい。墨の用意を頼んでもいいか?

    告白

    いつか私と、一緒に田舎に戻ってほしい。どうだ?


    です(*/ω\*)キャー!!

新着スレッド(食物語攻略wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる