Gamerch
食物語攻略wiki
ログインでウルトラマンゲット ログインでウルトラマンゲット

普茶料理・梅影探踪

最終更新日時 :
1人が閲覧中

物語得意な作品
物語主客転倒
触れ合い大改造された家
  お楽しみに

得意な作品

普茶料理と一緒にテレビを見るとき、熟知のデザインが見えた───

◆主人公【女性】の場合◆

(逆の場合の差分は募集中)

共通


【選択肢】

・選択肢1

・選択肢2

選択肢

選択肢1

選択肢2


共通






▷ページトップへ

主客転倒

約束通りに普茶料理と一緒に、素食料理を学びに行って、私が厨房の変化に驚かせた。

◆主人公【女性】の場合◆

(逆の場合の差分は募集中)

共通

今日は普茶に精進料理を教えてもらう日だったので、約束通りに厨房へと出向いた。


厨房に入った瞬間、自分が持っていた『色彩感覚』が粉々に壊されたように感じた。


近くの棚には、色彩ごとに様々な野菜が綺麗に整理され、同じ種類の野菜も大きい順に並べられていた。


「???」


「いつからいたの?」


普茶料理

「焦らなくても大丈夫ですよ。遅刻ではありません。貴方は時間ピッタリにいらっしゃいましたよ。」


「いやいや、そうじゃなくて。いつから厨房に来て整理してたの?」


普茶料理

「ああ───」


普茶料理

「違いますよ。」


普茶料理

「私のスケジュールは半年先までいっぱいです。貴方と約束した時間のために、私は余暇の時間を確保しました。約束した時間より早く来ていたから、私の仕事に影響が出ると心配していますか?」


普茶料理

「私の特技は整理整頓です。だからそれほど時間は要しません。また何よりもこの準備は、必要かつ有意義なことですしね。そういえば、貴方も自分の厨房をもっと片付けたほうがいいですよ。ずいぶんと散らかっています。」



【選択肢】

・そうだね、普茶の言う通りだ。

・十分、片づいてると思うけど。

選択肢

そうだね、普茶の言う通りだ。

普茶料理

「前回もそう言ってましたね。変化がないのは良いことかもしれませんが……。」


普茶料理

「今日、私が厨房に来たときも、全く変わってはいませんでした。」


「次、次こそはきっと!」




十分、片づいてると思うけど。

普茶料理

「貴方の考えは、行動から伝わってきます。」


普茶料理

「この前、貴方はきちんと整理をすると仰っていましたが、今日もやはりニンジンと白菜を一緒に置いていますし、調味料の容器も高さがバラバラ。トウガラシと花椒は相変わらずごちゃ混ぜです。」


「ご、ごめんっ!」


普茶料理

「『ごめん』と言いながら、次もまた同じことをするのでは?」




共通

普茶料理

「まぁいいでしょう、調理を始めましょう。」


そう言いながら、彼は慣れた手つきで必要な野菜を手が届くところに置いてくれた。


「よし、ここが腕の見せどころだね。」


そう言うと、普茶が綺麗に並べた野菜を自分の扱い慣れた順番に並べ替え、高い順に並んだ調味料の容器も、取りやすいように自分の前に持ってきた。


普茶料理

「───!」


普茶が駆け寄り、いきなり奪い取るように元の位置へとそれらを戻した。それを見て驚いた私に、彼は言った───


普茶料理

「……手伝いましょう。」


その後は、必要なものを取ろうとする度に、自分よりも素早く、アシスタントのようにサッと手渡してくれた。


『阿吽の呼吸』で、普茶が前回教えてくれた精進料理を完璧に再現する。


彼の方を振り返ってお礼を言おうとしたとき、彼は汗だくになって、息を切らしていた。


「……どうしたの?料理を作った本人より疲れてるみたいだけど?」


普茶料理

「何でもありません。貴方は才能に恵まれています。もう、一人前ですね。」


「でもまだ、成長の余地が沢山残されてると思う……また今度教えてくれる?」


普茶料理

「貴方の成長を追求する心は賞賛に値します……えぇ次は、美味しいお茶を持参してきてくれますか。私が冷静でいられるようにね。」






▷ページトップへ

大改造された家

普茶料理は数日間も部屋に閉じこもっている。彼のことを心配して、部屋の扉を開けてみました。

◆主人公【女性】の場合◆

(逆の場合の差分は募集中)

共通

「普茶、いる?」


「普茶、大丈夫?」


普茶料理

「大丈夫です。」


ドアを開けてくれた彼を見ると、少し憔悴しているようであった。


「他の食魂から何日も部屋から出てこないって聞いたんだ。『働き者』のレベルがまた上がっちゃったかな?」


「食事もしないなんて。そんなのはダメだよ!『人が鉄なら、飯は鋼』って言葉聞いたことない?」


普茶料理

「それは……『貴方が鉄で、私が鋼』ということでしょうか?」


「まだそんなつまらない冗談言う元気があるんだ。大丈夫みたいだね。この数日はいったい何をしてたの?」


普茶料理

「数日前に郭さんが開催した『空桑改造王』コンテストを覚えていますか?貴方の新しい家のデザインがテーマのイベントです。」


「覚えてるよ。もしかしてずっと没頭してるの?」


「その格好も……」


普茶料理

「何……?もしかして───」


体の任意の位置に触れる

触れ合い

頭に触れる(飛び出したアホ毛を押さえてやる)

「ほら、その髪。綺麗にセットした自慢の前髪が飛び跳ねてるよ。」


「ほら、ここも!押さえてあげるよ。」


普茶料理

「何ですって!?」


彼はすぐに部屋の中に戻って鏡を見る準備にとりかかる。まるでこれから強敵との戦いが始まるかのように。



体に触れる(胸元のシワを綺麗にしてあげる)

「もう綺麗になったから。」


そう言うと、彼は体をこわばらせる。いますぐにでも、『得意の三秒アイロンの妙技』を披露しそうだ。


「わかったわかった、心配しないで。シワはもうなくなったから。」



手に触れる(めくれた袖を綺麗にしてあげる)

「袖の長さが揃ってないよ。」


普茶料理

「───!」


彼の視線は瞬く間に、袖の長さが綺麗に整った両手にフォーカスした。


「緊張しないで。もう綺麗になってるから!」



共通

普茶料理

「ありがとうございます。助かりました。貴方の部屋の設計図には、全精力を傾けて仕上げます。」


「そんなに気にしてくれるの?」


普茶料理

「貴方の部屋は散らかりすぎてますから、せめて基本的な最低限の要素だけでも、美しい調和を保てるデザインにしましょう。」


「無事だったし、良かった。さて、それじゃあこれで。」


普茶料理

「せっかくいらしたんです。貴方好みのデザインを選んでいきませんか?私も……貴方というクライアントが好む、もっとも相応しいデザインをしますから。」


「玉輪と貝貨が好き……ううん、何でもない。じゃあさっそく選ばせてもらおうかな!」






▷ページトップへ


▷普茶料理へ戻る

▷一覧へ戻る

コメント (普茶料理・梅影探踪)

新着スレッド(食物語攻略wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる