Gamerch
食物語攻略wiki

鼎湖上素・伝記

最終更新日時 :
1人が閲覧中

好感度ボイス

デフォルト

好き嫌い蓮(はす)には四つの品格がある。香り、清らかさ、柔らかさ、可愛さがあるーー施主は蓮をどう思う?
世間話・
其の一
菩提本樹(ぼだいもとじゅ)無し、明鏡(めいきょう)も亦台(まただい)にあらず本来無一物(ほんらいむいちぶつ)、いずれの処(ところ)にか塵埃(じんあい)を惹(ひ)かん。
賛美
世間話・
其の二
甘え
告白

その他のボイスはキャラページに記載しています。

伝記

追憶

 鼎湖上素は化霊した頃から寡黙な僧侶である。自分は慶雲寺の和尚さんに点化されて人の形になったと思い、長年の間仏法の修行を専念して来た。その後、法師の名は段々と多くの人に知られて「尚遡法師」と尊称されるようになる。

 かつて西太后に招かれ王室の宴に出席したこともあるが、本人はあまり語りたくない様子なので、その話題には触れないほうがいいだろう。


容姿

 鼎湖上素は慶雲寺の和尚さんに点化され化霊した。以降ずっと仏法を一心に修行している。僧服を着ており首と手には数珠をかけ、表情に喜びや悲しみを読み取る事はできない。鼎湖上素が持つ蓮花模様の錫杖は和尚から引き継いだ、彼が一番大切にしているものである。


(情報提供お待ちしております)


(情報提供お待ちしております)


(情報提供お待ちしております)


(情報提供お待ちしております)




▷ページトップへ


▷鼎湖上素へ戻る

▷一覧へ戻る

コメント (鼎湖上素・伝記)

新着スレッド(食物語攻略wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる