Gamerch
食物語攻略wiki
ログインでウルトラマンゲット ログインでウルトラマンゲット

符離集焼鶏・物語

最終更新日時 :
1人が閲覧中


一 水草繁茂・壱

◆主人公【男性】の場合◆

(逆の場合の差分は募集中)

共通

符離集焼鶏

「○○、銃の扱い方を教えてくれって言ったのはお前だろ!

引き金を引くくらいでビビってんじゃねぇよ!

俺は忙しいんだ、お前とままごとしてる暇はねえんだよ!」


鵠羹

「何しろ、若が銃に触れるのは初めてですから、怖いのも当然でしょう。

あ、もしかして銃把が冷たいからですか?若、私が温めてから、もう一度試してみますか?」

【選択肢】

・符が手取り足取りで教えて

・鵠羹、お願い

選択肢

符が手取り足取りで教えて

符離集焼鶏

「なんだよその目は……ゴホ、だったらこっち来いよ!」

鵠羹、お願い

符離集焼鶏

「おい、お前らバカなのか!?弾倉の温度が高すぎると銃が爆発するだろうが!チッ、勝手なことはしないでくれよな?」

共通

符離集焼鶏

「○○、う、後ろから手を取るぞ!

怖いなら、今止めても遅くねぇ!

左手で銃床を固定して、右手は引き金に当てて……

違う、肘が高すぎる!もう少し下がって……」


鵠羹

「はは、想像以上にくっついてますね。

符の性格を知らなければ、てっきり遊園地で射的ゲームに興じてるカップルかと思いますよ……」


銃声の後、周囲にはわずかに火薬の匂いが立ち込めていた。

標的に横にある植木鉢に、大きな穴が開いているのがわかった。


符離集焼鶏

「チッ、なんだよ、暴発かよ!

○○、大丈夫か!?」

【選択肢】

・びっくりしただけ

・指が挟まれた

選択肢

びっくりしただけ

符離集焼鶏

「おかしいな、いつもはこうならないのに……

とにかく無事でよかったぜ!今度はもっと気を付けるから。」

指が挟まれた

符離集焼鶏

「指見せてみろ!腫れてんじゃねえか……

す、すぐ手当するから!待ってろ!」

共通

鵠羹

「「二人で銃遊び中、暴発に注意」

 これを標識にして射撃場に貼って、若に対して邪念を持つ食魂に見せておかないと……」


花畑から誰かが歩き出した、その足の運び方はは堅実で、何か至高な使命を背負っているようだ。


徳州扒鶏

「符、若。先程暴発していたのは、貴方がたの銃ですか?」


鵠羹

「若、気を付けてくださいね。罪が問われますよ。」


徳州扒鶏

「……すみません。最近、飲食部が花畑を含む、農場へ増産を要求しました。ここのベラドンナ畑の今期生産量は、前年比の126.3%が必要です。計算の結果、今期は75株のベラドンナが必要だとわかりました。

あいにく、オレが育てていた、75番目のベラドンナの植木鉢は、貴方がたに破られてしまいました。」

【選択肢】

・ごめん、責任を負うから

・ごめん、責任は符が取るから

選択肢

ごめん、責任を負うから

符離集焼鶏

「おいおい、そんなこと言うな!

それに、これはお前のせいじゃねえだろ!こいつに頭を下げる必要はない。ただ、植木鉢を破れただけじゃねえか」

ごめん、責任は符が取るから

符離集焼鶏

「チッ、ただの植木鉢じゃねえか!あれを壊したのは俺だ、○○を責めるなよ!

なんの植木鉢が欲しいんだ?俺が弁償してやるから!」

共通

徳州扒鶏

「符、相変わらず態度が悪いね。

せめて若の前では、少ししっかりすると思ったが。

銃が暴発して植木鉢が破れたのがよしとしても、もし誰かを傷つけたらどうする?

若が怪我した場合は、どうやって責任を取るつもりだ?

空桑に来て間もないのに、射撃の腕はここまで落ちて。

発砲すら制御できないのに、若の指導は任せられないね。」


符離集焼鶏

「また説教すんのかよ!?

そうだよ!どうせ俺の射撃はあいつから学んだんだから、お前には届かねえよ!」


鵠羹

「「あいつ」とは誰でしょう?……それより、兄弟喧嘩はやめましょう。

ほら、このベラドンナ、二つに枝分かれしていますよ。だからきっとこの75番目の花は大丈夫です。

ただ、支幹がちょっと弱々しいですね、生まれつきの栄養不足かもしれません。

生きられるかどうかはわかりませんね……」

【選択肢】

・支幹は可哀想ね

・残したら主幹の栄養を取ってしまうよ

選択肢

支幹は可哀想ね

符離集焼鶏

「そんなのこいつが決めれることじゃねぇ、お前……お前は気にする必要ねぇよ。」

残したら主幹の栄養を取ってしまうよ

符離集焼鶏

「チッ、主幹がこんなに太いのに、栄養はもういらねぇだろう。」

共通

徳州扒鶏

「そうですね。この支幹はもう弱すぎて、残しても栄養の無駄になります。

いっそう肥料にして主幹の生存率を上げましょう。」


符離集焼鶏

「……」


符離集焼鶏はいきなり、ベラドンナの支幹を折った、樹液が彼の指を濡らした。


徳州扒鶏

「符、何をする!?」


符離集焼鶏

「主幹の肥料にする……お前らしいな。

チッ、必ず証明してやるから待っとけ!

○○、今日はここまでだ!

今度はまた……俺でいいなら、練習に呼べ。」


▷ページトップへ

二 水草繁茂・弐

◆主人公【男性】の場合◆

(逆の場合の差分は募集中)

共通

餃子

「あいや~、今の若者はどうしてそんなに不注意なんだい。

もっと自分の体を大事にしないとダメだよ~

もう花畑を手入れする食魂に、ゴム手袋を配ったよ?ベラドンナの樹液には毒があるから、直接触ると腫れちゃうからねぇ~」


徳州扒鶏

「すみません、オレの不注意です。まさか符があんなことをするとは。

これ以上皆さんに迷惑をかけないよう、もっと厳しくしつけます。」


机の上のランプはまだついている。

符離集焼鶏は布団に身を丸めて、手には無造作に包帯が巻かれている。

【選択肢】

・ベットに座って彼を慰める

・彼に子守唄を歌ってあげる

選択肢

ベットに座って彼を慰める

符離集焼鶏

「……こんなに近寄られんのは初めてだ。

チッ、お前は毒が移るのが怖くねぇのか?」

彼に子守唄を歌ってあげる

符離集焼鶏

「おいおい○○!毒液を触ったくらいだ、子供扱いすんな!」

共通

餃子

「若様、あまり心配しなくても大丈夫だよ。

ベラドンナの毒は大したことないからねぇ。符草の茹で汁を数日間塗れば、すぐに治るよ。」


徳州扒鶏

「符草……?

少し聞き覚えのある植物ですね。空桑にあるでしょうか……」


餃子

「元々符草はとても珍しい植物だけど、前は空桑で見たことがあるような気が……

えっと、どこだったかねぇ?年を取ったから、記憶力も悪くなってね~

『空桑の植物図鑑』もゲーム化してくれたら、絶対に忘れないと思うんだけどねぇ。

徳州、後で図書館へ行って、植物図鑑を持ってきてくれないかい?」


符離集焼鶏

「おい、あの!符草とかはーー気にしなくていい!

特に徳州、お前は花でも植えてろ、俺の視界に入るな!」


徳州扒鶏

「――符草の在処を知ってるか?」


符離集焼鶏

「ちょっとした怪我でなんでそんな騒ぐんだよ!?

とにかく、符草は自分で――うっ、痛ぇ!」


徳州扒鶏

「困ったな、包帯を巻きなおしてあげよう……

おや?なぜベットの下に乗車券が……

これは汕頭行きの列車の切符……符、なぜこれを……」


符離集焼鶏

「おい、その切符に触んな!

ああーーうるせえな。ほっとけ、一人にして!!」

【選択肢】

・あなたたちは、少し外で待っててくれないか

・符、落ち着いて

選択肢

あなたたちは、少し外で待っててくれないか

符離集焼鶏

「○○、お前も……まあ、いい。

お前はここにいろ、目は合わさないけど!」

符、落ち着いて

符離集焼鶏

「……ああ頭痛ぇ。お前ら全員出てけ!

○○、お前はあっちに座って、静かにしろ!」

共通

徳州扒鶏はもう一度乗車券に目を通し、黙ってそれを枕の横に置いた。

彼らは外に出た。


符離集焼鶏

「チッ、手の怪我がなければ、あいつの偉そうな面を見なくて済むのに……

たかが毒だ、大したことねえって!俺はそんなに弱くねぇよ……

なあ、○○。もし暇なら……少し付き合ってくれねぇか?

空桑で符草がある場所はあそこだけだ。

ついてこい、守ってやる、部屋に残ったベラドンナの毒からだ!」

【選択肢】

・支えてあげようか

・お姫抱っこしてあげようか

選択肢

支えてあげようか

符離集焼鶏

「支え?そんな軟弱なサービスはいらねぇよ、お前こそ、山登りでへばるなよ!」

お姫抱っこしてあげようか

符離集焼鶏

「おい、俺をバカにしてんの?

そんなこと言うなら、お前も徳州の奴と一緒に花でも植えてろ!」

共通

符離集焼鶏の話がまだ終わらないうちに、彼は足を踏み違えて、地面に転んだ。

どうやら毒はもう四肢に移った……



符離集焼鶏

「くっ、どういうことだ?時間が……巻き戻されたようだ……」


村長

「符、この射撃はなんだ!鳥の卵どころか、石の卵にも当たってないじゃないか。

はじめは、お前があの家の遠縁だから引き取ったが……

まさかこんなバカで貧弱だとは思わなかった、銃を学ぶのに半年も取りやがって!」


おばさん

「このままじゃどうしよう。山のふもとの山賊はどんどん増えてるの。私たちは、あんたに親戚と同じように、この符離集を守ってもらいたいのよ!」

【選択肢】

・頑張る

・もう少し時間が欲しい

選択肢

頑張る

村長

「頑張る頑張るって、もう何年も聞いてきたよ。

はあ、同輩の遠縁はもう警察になったって……」

もう少し時間が欲しい

おばさん

「どうしようもないさ、この村も男が少ないから。

お前はよ、もうしっかりしろ!」

共通

おばさん

「山賊が離れてからまだ数年しかたってないってのに、また軍閥かい?

もう嫌になっちゃうよ!」


村長

「しっ、しっしっーー隊が山を登ってきた!

符のやつ、今回は役立つかね、子供が彼と一緒にいるんだ!」


おばさん

「心配ないでしょ!あの子の遠縁が昨晩のうちに、もう村についたって聞いたよ!

きっと助けてくれるわよ!」


▷ページトップへ

三 水草繁茂・参 

◆主人公【男性】の場合◆

(逆の場合の差分は募集中)

共通

少年A

「新入りか、符の兄貴は、ついてこいって言ってた。

ちびるんじゃねえぞ!」


少年B

「まずは草むらで待ち伏せて、あの連中がこっちに来たら、奴らに一発食わせてやるのさ!

ハハハハ、すげーだろ!」


徳州扒鶏

「……ふざけた指示ですね。」

【選択肢】

・新入り、何だと?

・新入り、ビビって泣くなよ

選択肢

新入り、何だと?

徳州扒鶏

「貴方の指示がふざけていると言いました。

戦闘部隊には3人しかいないのに、担当がはっきりしていない、ままごとですね。」

新入、りビビってなくなよ

徳州扒鶏

「泣きませんよ。

でも、貴方の指示通りにやってたら、泣くのはオレだけじゃなさそうですね。」

共通

徳州扒鶏

「本当の勝利を掴むために、改めて作戦を立てましょう。

見てください。この地形はオレ達に有利なので、ここに2人以上配置しましょう。

そして、リーダーの位置は、遠いところを見られる分、自分の位置が敵にもバレやすいです。

そこの三角の区域の木に隠れる事をおすすめします、融通が利きますから。」


少年A

「一理あるようだな……なあ、とりあえず今回はリーダーになってくれよ!

どうせうちのリーダーも経験がないし、まずお前の腕を見せてくれ!」


おばさん

「帰ってきたんだね!大丈夫?怪我はない?」


村長

「符はちゃんとお前たちを守ってくれたのか?

こんなご時世じゃなかったら、お前を最前線なんかに行かせないよ……」


少年A

「へへ、大丈夫大丈夫!徳州の兄貴がいるから、怪我とか全然ないよ!

しかも、相手のボスを捕虜にしたんだ。もう二度と符離集に来ないって言ってた!」


少年B

「さっき、符が何発か不発弾を打って、銃が暴発したせいで、敵に生け捕りにされるところだったんだ!

徳州兄貴が3発連射で、符も助けられたんだーー」


村長

「チッ、肝心な時に銃が暴発するとは、使えねぇヤツだ!今は?どこにいる?」


少年A

「命の恩人に謝礼を作りたいってよ……知るか、どうせいつもはひとりぼっちだし、放っとこう!

それより、徳州の兄貴のところにお礼を言いに行こう!」


符離集焼鶏

「チッ、ふざけんな。なんで、俺が……

うぅ……頭が、いてぇ……」

「お前に助けられても、俺は……」

「○○、こ、ここどだ?」


彼は周囲を見渡して、水草が生い茂る沼の傍らで、揺れていた無数の符草が見えた。

【選択肢】

・起こしちゃってごめん

・見つかったよ、符草のある場所

選択肢

起こしちゃってごめん

符離集焼鶏

「さっきのは夢だったのか……チッ!よりによってこんな悪夢、気持ち悪ぃな。」

見つかったよ、符草のある場所

符離集焼鶏

「ここは、俺の故郷にそっくりだ。

チッ、よそう、記念すべき場所でもねぇし。」

共通

符離集焼鶏

「おい、気をつけろよ!花に踏むところじゃねぇかーーうっ、あのベラドンナの支幹だ。

こいつにはここの土がいいから、こっちに移植したんだ。」

【選択肢】

・気をつける

・意外と優しいね

選択肢

気をつける

符離集焼鶏

「べ、別に責めてるわけじゃねぇから!……ガキは本当に面倒だな。」

意外と優しいね

符離集焼鶏

「おい、変に捉えんなよ!

別に草花が好きってわけじゃねぇんだ!ただ……」

共通

符離集焼鶏

「この曲がりくねった支幹……俺に似てると思わねぇ?

まぁ、今の話はなしだ!

ベラドンナの毒のせいで、頭がふらふらして、くだらねえことばっかり。」

【選択肢】

・さっきは何か夢を見たか

・夢で誰にお礼言ってたの

選択肢

さっきは何か夢を見たか

符離集焼鶏

「き、聞かれてたのか?

チッ、くだらない事と、うざい奴が夢に出てきただけだ!」

夢で誰にお礼言ってたの

符離集焼鶏

「何を聞いた!?あんな奴、俺のお礼を受ける資格もあるもんか!」

共通

符離集焼鶏

「命を助けたくらいじゃん!

話しかけても冷たい反応するし、プレゼントも収納箱にっぽいだし……

俺の代わりに村を守ってもいいし、村中に好かれてもいい、俺は全然平気だ!

あいつは……元々俺より優れたやつだから。

あいつがモーゼル拳銃で敵を殺した時、こっちは自分で作った銃に殺されかけてた。

……俺だって!

あいつみてぇに広い世界を見て、専門の訓練を受けて、人に認められてぇよ……」

【選択肢】

・憧れの相手がいるのはいいことだ

・あなたにはあなたの魅力があるよ

選択肢

憧れの相手がいるのはいいことだ

符離集焼鶏

「チッ、そんな仏頂面になるな、やつみてぇじゃん、見イライラする!」

あなたにはあなたの魅力があるよ

符離集焼鶏

「そう言われたら喜ぶと思ってんのか?

二度と言うなよ……そんな、心が揺さぶるような言葉を!」

共通

符離集焼鶏

「そんで、俺は津浦鉄道局が射撃大会を開催してると聞いた。

優勝者が、津浦鉄道の警察補佐になれると……

だから、俺は半月ほど射撃の訓練をして、汕頭行きの切符を買ったんだ。津浦鉄道の警察補佐になれば、堂々とあいつの隣に立てる、符離集の奴らと、俺を育てた村長に見せられる……

この符離集焼鶏が、奴らが言うほど使えねぇ奴じゃねえってな!」


鵠羹

「あれ、若はここにもいらっしゃいませんか……

徳州?一人でなにをしてるんですか?」


徳州扒鶏

「符にシアーを作っているんです。

あの子はいい加減だから、銃のシアーが摩損したことにも気づかなかった、だからいつの暴発するんですよ。」


鵠羹

「お二人は仲良しなんですね、符はぎこちないように見えますが。」


徳州扒鶏

「いつもの事です。そうですね……オレがあの子を符離集から連れ出した時から、ずっとそうでした。

あの子は、オレが遠縁の親戚だと知った後、どうしても一緒に津浦鉄道局に戻り

あの頃、津浦鉄道局の警察補佐はとても立派な仕事でした。

オレが、あの子を自分の補佐に推薦したいと話した時、あの子は侮辱されたのかのように、その場から逃げていきました。

オレはあの子を実の弟のように見ていて、そのまま怠惰にさせたくないんです。

けど、厳しくするほど、世話をするほど、あの子は意地になって反発するんです。お節介だと思っていたでしょう。

まあ、いいです。

鵠羹。もし若を見つけたら、オレの代わりにシアーを渡してくれませんか?彼らは今一緒にいるはずです。

きっと、若こそが、符の本心をさらけ出せる人なんでしょう……」


符離集焼鶏

「チッ、俺は奴らに強引に乗車させられて、結局、この切符は何の役にも立たなかった……

なんで俺はいつもあいつの影の下にいるんだ、今もそうだし!?

もう、腹だたしい!」

【選択肢】

・符、あなたの花を見て

・あなたはこのベラドンナに似てますね

選択肢

符、あなたの花を見て

符離集焼鶏

「そんな大声で話すなよ、ちゃんと聞こえてんだよ!

うわっ!つ、蕾が開いた!」

あなたはこのベラドンナに似てますね

符離集焼鶏

「フッ、そうだろう、捨てても心が痛まない支幹に……

なに!花が咲いた?!」

共通

符離集焼鶏

「……

ハハ!さすがは俺が見込んだ植物だ。支幹とは言え、半端ねえ生命力だ!

とっくに日光の下で生きていたのに、俺が気付かなかっただと?

おいおい、俺はお前が若だから、ちょっとだけ説教を許したんだ、癖になるなよ?

ほら、多めに符草を摘んで帰ろうぜ。何かの役に立つかもしれねえし。

そうだ、あいつに……鵠羹の奴にも渡そうぜ!

そうだ。今日の話と、この秘密基地……誰にも言うなよ!

これは二人だけの……ゴホ、秘密だぞ!」


▷ページトップへ


▷符離集焼鶏へ戻る

▷一覧へ戻る

コメント (符離集焼鶏・物語)

新着スレッド(食物語攻略wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる