Gamerch
食物語攻略wiki
ログインでウルトラマンゲット ログインでウルトラマンゲット

糖酢源白・伝記

最終更新日時 :
1人が閲覧中

好感度ボイス

デフォルト

好き嫌いみんなで集まって、賑やかにしたら楽しいよね。ひとりはつらいよ~!
世間話・
其の一
この鵜(う)は、僕の大切な相棒さ。長い間、共に過ごしてきたんだ!
賛美やあ! 改めて考えてみたらさ、若はたくさんいる友達の中で一番特別なんだよね!
世間話・
其の二
ハハッ、僕たちはどういう関係だと思ってる? おっと、口を開けた瞬間に、何を言うかわかっちゃったよ!
甘え
告白

その他のボイスはキャラページに記載しています。

伝記

追憶

 糖酢源白は明の時代に化霊し、漁師として洞庭湖で暮らしていた。周りの人々と同じように、蓮花仙人を信奉し、いつも大勢の人を連れて礼拝をしに行くため賑やかであった。

 蓮花仙人が食魂ということを知ったとき、強い親しみを感じて、会いに行くことがさらに増えた。一人でいることが好きな氷糖湘蓮にとっては悩みどころだが…


容姿

 糖酢源白は化霊してからずっと洞庭湖のそばで暮らしてきた。普通の漁師である少年のように、いつもバケツ帽をかぶり、釣り竿とリールを背負っている。首にかけているホイッスルは、彼の一番頼もしい「相棒」ミサゴを呼ぶためのもの。

 地元の人から好かれており、身につけている飾り物はほとんどがプレゼントである。小魚の飾り物は商人からのおまけで、白い上着は漁師の妻の手によって改良されており、糖酢源白が走り回りやすいようになっている。


技能

 糖酢源白は仲間と共に戦うのが好きだ。糖酢源白が倒れたとしても、きっと仲間がまだまだたくさんいるだろう。

 彼の挨拶の仕方はあまりにも情熱的だ。釣り竿を使って敵を「招待」すると、少しの間相手の防御力を下げることができる。それでも感動しなかった敵にはミサゴからの「挨拶」が必要だ。たまに敵に「サプライズ」を贈ることもある。なにぜ、「四海の内は皆兄弟、礼は往来を尊ぶこそ感情が深くなれる」。


  糖酢源白は湖南菜系で、湖南の沅江でとれる白魚は銀色みたいに白いことから、源白と呼ばれる。

  調理する前に、まずは白魚の頭と尻尾を取り除いて洗う。そして白糖、紹興酒、ネギ、生姜、ニンニクなどの具でソースを作る。煎り鍋に骨出汁を入れ、白魚と作ったソースを加え、生臭さが飛ぶまで煮込む。小麦粉と百合根の粉を撒いて黄金色になるまで揚げる。最後に糖酢ソースを温めて白魚の上にかけ、「ジージー」と鳴いたら完成。


(情報提供お待ちしております)


(情報提供お待ちしております)




▷ページトップへ


▷糖酢源白へ戻る

▷一覧へ戻る

コメント (糖酢源白・伝記)

新着スレッド(食物語攻略wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる