Gamerch
食物語攻略wiki
ログインでウルトラマンゲット ログインでウルトラマンゲット

糯米八宝鴨・梅影探踪

最終更新日時 :
1人が閲覧中

物語本当の花
触れ合いキョンシー夜行
ステージ怪談物語
  お楽しみに

本当の花

八宝に紙に何を描いたのかと聞いたら、花と答えが来た。しかし、彼が描いた花はどう見てもおかしい……

◆主人公【女性】の場合◆

(逆の場合の差分は募集中)

共通

糯米八宝鴨

「……。」


「……。」


糯米八宝鴨

「あれ?若?こっちに来て~!」


「八宝、こんなとこにひとりでどうしたの……あ、絵を描いているの?」


糯米八宝鴨

「そうだよ。八宝は花を描いてたんだ……若、これ見て!」


「これって……どこに花が描いてあるの?」


糯米八宝鴨

「シシシッ!若ってば、おバカさんだな~!」

「よーく見て!ほら、ここに剣を持ってる小さな八宝道長が描かれてるでしょ。すっごい立派でしょ?そしてこっちには、キョンシーが描かれてる――」

「キョンシーが八宝の剣に刺されると、そこからパァッって花が咲くんだよ!」


【選択肢】

・これは花じゃないよ!

・春巻が聞いたら泣くよぉ~

・……

選択肢

これは花じゃないよ!

糯米八宝鴨

「花だよ、どうして花じゃないなんて言うの?」

「これらの花は、八宝がまだ空桑に来ていなかったとき、最もよく見られた花だよ…」

「若、どうして八宝の頭を撫でるの?僕、また何か間違ったこと言った?」


春巻が聞いたら泣くよぉ~

糯米八宝鴨

「若、八宝と話してるときに他の食魂のことは言わないでよ、八宝が泣いちゃうからさ……」

「シシッ!冗談だよ~!」


……

糯米八宝鴨

「えっ?若、顔色が悪いよ。どこか具合でも悪いの?」


「大丈夫だよ……」



共通

「そうだ、若!八宝が描いた花が、本当の花じゃないって言うなら――」

「八宝に、本当の花を描いてよ。」


「いいよ、筆を貸して~。」







糯米八宝鴨

「わぁ!若が描いた花は……すっごく綺麗だ!」


「柔らかくて温かくて美しく咲き乱れて活き活きしてるでしょ。こういうのが花だと思うよ……。」

「ねぇ、八宝。これから私、あなたを連れて、いろんな花を見に行くよ。うん、絶対にね!」


糯米八宝鴨

「本当?だったら若、僕と指切りしてよ!良い子は嘘をつかないからね~。」

「けど八宝はもう既に、一番花っぽいものを見つけちゃったよ――」



少年は手を伸ばし、そっと私の頬を撫でた。

その手は、温潤で涼やかだった……


糯米八宝鴨

「『柔らかくて温かくて美しく咲き乱れて活き活きしてる』って、それって若の頬のことだよね……」







鵠羹

「若、おかえりなさいませ。アイスクリームと雲片のケーキをテーブルに置いておきましたよ――」

「若、あの……」

「わはは~~」


「鵠羹?ど、どうかした?私の顔……何か変かな?」


鵠羹

「若。あの、鏡をご覧ください……」






「あっ……!!」

「八宝だ!この腕白少年め、こっそり私の顔料を顔に塗ったな~!」


糯米八宝鴨

「シシッ!八宝は、美しい花をもっと鮮やかな鴨にしたかっただけだよ!うん、本当にそれだけだよ!」




▷ページトップへ

キョンシー夜行

臘八粥に買ったばかりのキョンシー映画の鑑賞に付き合わされた。彼がテレビの中に出て来たキョンシーを怖がっている時に、窓の外から何かが跳んでいる音が聞こえた……

◆主人公【女性】の場合◆

(逆の場合の差分は募集中)

共通

臘八粥

「拙者は今日、新しいキョンシー映画を持ってきたよ。一緒に見よう!」


「……」


臘八粥

「これは拙者がずっと探していた宝物なんだ。貴方と分かち合いたいです。さぁ行こう!」






臘八粥

「わぁっ!キョンシーがこっちへ突進してくるぞ!」

「あーっ!主人公がキョンシーに噛まれたっ!」


「しーっ……臘八、もうちょっと静かにして。」


???

「……。」


臘八粥

「わあーっ!」


「今度はどうしたの?人を喰らうキョンシーが、あの無眉道士に追い払われた?」


臘八粥

「違うよ。拙者は、拙者は……『若様』、聞いてください。


窓の外で……何か妙な音がする!」

「トントントン……この音は……キョンシーが跳ねている音に聞こえないか……!」


私は耳を澄まして聞き耳を立てる。

確かに臘八の言う通り、窓の外から澄んだリズムのある跳ねる音が聞こえる……

トン、トン、トン、トン、トン、トン――


臘八粥

「あ!キョンシーが跳ねる音だ。映画のワンシーンと同じだ!どうしよう、どうする?キョンシーが本当に来たぞ!!」


その跳ねる音が止まり、小刻みに笑う声が響く。それは、馴染みのある笑い声。


???

「八宝は、驚かせることができたみたいだね……」


臘八粥

「んっ?これは…?」


糯米八宝鴨

「シシッ!私はキョンシー、暗闇の中で、人を食らう者!

「見るがいい!キョンシーのカミカミ攻撃だ~!」

「ガブガブーッ!!」


体の任意の位置に触れる

触れ合い

頭に触れる

八宝の頭を軽く叩くと、彼は大げさに声を上げた。

そして、急に硬直し、動かなくなる――


糯米八宝鴨

「わぁっ!小さなキョンシーの額に、パチッと呪符を貼ったな。おかげで、動けなくなったぞ!」

「どうしてかわからないけど、この呪符は温かい。八宝の頭が溶かされてゆく~。」

「す、すごいなぁ……さすが、伝説の『空桑の若』だ!」


体に触れる

八宝の肩を叩いて、もう人を驚かせることもやめさせようとする。

しかし彼は大げさに叫んで、一歩退いた――


糯米八宝鴨

「これが伝説の、キョンシーを服従させる『嶗山掌法』か……やられた!

「す、すごいなぁ……さすが、伝説の『空桑の若』だ!」


手に触れる

私は素早く八宝の手を取った。すると彼は大げさに叫んで、体を捻って私の手を振り払おうとする――


糯米八宝鴨

「しまった!小さなキョンシー・八宝は若に捕まっちゃったぞ~。」

「……。」

「――振り切れない!すごいなぁ……さすが伝説の『空桑の若』だ!


共通

その後、彼は体を硬直させたまま、私に向かって倒れた――


糯米八宝鴨

「しまった!小さなキョンシー・八宝は若に捕まっちゃったぞ~。」

「僕は降参するよ。これから、若の『小さなキョンシー』になる!今後、貴方からどんな命令を受けても、八宝はおとなしく従うからね~。」


そのあと、キョンシーに扮していた少年が私をギュッと抱きしめ、あざとい笑顔を見せた……。


臘八粥

「なんだよ、大騒ぎして。また人を驚かせてたな、八宝!マジでビックリしたぞ……!でも、映画ほどは怖くなかった!全然怖くなかったぞー!」


糯米八宝鴨

「臘八ったら、若と一緒にキョンシー映画を見てたんだ?八宝も一緒に見たいよ~!」

「って、あれ?臘八がいない?どこ行っちゃったのかなぁ……」




▷ページトップへ

怪談物語

夜回りしている途中、遠くから悲鳴が聞こえてきた。八宝が川くんを追いかけて走って来た……

◆主人公【女性】の場合◆

(逆の場合の差分は募集中)


「よし、この辺のパトロールは終わったかな……」

「白先生、立ったまま寝てないよね?」


開水白菜

「寝る?それはないね。思考の転換をしていて、今、戻ってきた――」


???

「ひゃあーっ!!」


「どうしたの?」


???

「八宝はこの世で最も敏捷な、小さいキョンシーだよ。魏川、貴方はもう逃げられない――」


四川火鍋

「きみはどうしていつも、おれに幽霊話をするんだ!」


糯米八宝鴨

「小川くん、あなたが幽霊話を聞くときの表情がすっご~く面白いからだよ!」

「幽霊話を聞いた後の臘八しか、そのような大げさな表情を表せないと思ったよ!」


四川火鍋

「八宝、もう勘弁してくれ!」


糯米八宝鴨

「小川くん、待って!八宝はまだ、九百九十九の幽霊の話をしてないよ~。」


開水白菜

「すごいな、あとふたつ話を追加して語ったら、アラビアンナイトになるぞ。」


「……。」


四川火鍋

「〇〇、助けてくれ……せめて花椒と八角だけでも、ここから連れだしてほしい!」


戦闘

VS 糯米八宝鴨


糯米八宝鴨

「興醒めだなぁ……。」

「今宵の月はとても美しい。だからもっと、幽霊の話を語れると思ったのに……。」


四川火鍋

「つ、月が美しいことと、幽霊話を語ることに、どんな関係があるんだよ?」


「八宝、小川をこれ以上困らせないの!どうしても幽霊話を語りたいなら、私に語って!」


開水白菜

「さすが私の生徒ですね。」


糯米八宝鴨

「若様は本当に優しいなぁ……」

「よーし、楽しいかどうかで決めちゃうよ!」

「若が八宝の幽霊話を聞いても驚いてくれる保証はないけど、若と一緒に夜を過ごしたらきっと楽しいよね~。」



▷ページトップへ


▷一覧へ戻る

コメント (糯米八宝鴨・梅影探踪)

新着スレッド(食物語攻略wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる