Gamerch

小竜景光詳細

最終更新日時 : コメント(0)


巫剣NO.063 / 小竜景光(こりゅうかげみつ)
通常刃こぼれ

能力開花

 ▼ 能力開花 壱 
強化効果素材
リーダー効果の効果量が上がる雪の勾玉(N)×20、銅鏡(N)×20
奥義の効果が僅かに上昇する月の勾玉(R)×10、銅鏡(N)×20
得意技の効果が僅かに上昇する雪の勾玉(N)×20、神鏡(R)×10
攻撃力が45増加する礼の欠片(N)×20、雪の勾玉(N)×20
攻撃力が45増加する礼の欠片(N)×20、雪の勾玉(N)×20
防御力が8増加する仁の欠片(N)×20、雪の勾玉(N)×20
体力が22増加する信の欠片(N)×20、雪の勾玉(N)×20
交代後、得意技クールタイムが少し回復義の欠片(N)×20、銅鏡(N)×20
交代アイコンが光ってから交代すると、敵を吹き飛ばす仁の欠片(N)×20、銅鏡(N)×20

 ▼ 能力開花 弐 
強化効果素材
リーダー効果の効果量が上がる月の勾玉(R)×12、神鏡(R)×12
奥義の効果が少し上昇する華の勾玉(SR)×6、神鏡(R)×12
得意技の効果が少し上昇する月の勾玉(R)×12、四神鏡(SR)×6
攻撃力が54増加する礼霊魂(R)×12、月の勾玉(R)×12
防御力が9増加する仁霊魂(R)×12、月の勾玉(R)×12
体力が27増加する信霊塊(R)×12、月の勾玉(R)×12
体力が27増加する信霊塊(R)×12、月の勾玉(R)×12
得意技の弾数が1つ増える義霊魂(R)×12、神鏡(R)×12
交代攻撃のダメージが増加する礼霊魂(R)×12、神鏡(R)×12
 ▼ 能力開花 参 
強化効果素材
リーダー効果の効果量が上がる華の勾玉(SR)×4、神鏡(R)×10
奥義の効果が上昇する月の勾玉(R)×10、四神鏡(SR)×4
得意技の効果が上昇する華の勾玉(SR)×7、四神鏡(SR)×7
攻撃力が68増加する礼の炎駒(SR)×7、華の勾玉(SR)×7
防御力が11増加する仁の聳孤(SR)×7、華の勾玉(SR)×7
防御力が11増加する仁の聳孤(SR)×7、華の勾玉(SR)×7
体力が33増加する信の麒麟(SR)×7、華の勾玉(SR)×7
得意技の弾数が1つ増える義の索冥(SR)×7、四神鏡(SR)×7
得意技のクールタイムが少し短くなる信の麒麟(SR)×7、四神鏡(SR)×7

史実・歴史

今回は「楠籠龍ノ太刀」の異名を持つ稀代の名刀『小竜景光

備前長船派を代表する刀工の一人、備前長船景光さん作です

刃長74cm、国宝に指定され現在は東京国立博物館に所蔵されてます

はばきもとに倶梨伽羅竜の彫り物があることからこの名がつき

元は二尺七寸ほどあったものが、磨上されているために倶利伽藍竜が柄に隠れてしまい、僅かに竜の頭だけが顔を出していることから、「のぞき竜景光」とも呼ばれてます

楠木正成の佩刀であったといわれ「楠公景光」とも…

説明のとこに書いてある武将とはこの楠木正成さんですね

この方鎌倉時代には珍しく策略をめぐらせるかたで数千の軍勢で万の敵を撃退したことも…

それに後醍醐天皇に対する忠臣ぶりでも有名ですね

来歴

江戸末期に農家で見つかりました(その時は、本阿弥家ではこれを偽物としてます)

その後幕府の代官中村覚太夫が買取、死後網屋という刀屋がこれを買い取り長州毛利家に売ります

ですが長州毛利家は本阿弥家が鑑定書出さなかったからいらないよ。として返却しちゃってます

のちに山田朝右衛門吉昌(千人切参照)が、土佐藩と張合った末に当時の貨幣で五万両(現在の数億)を出し買い上げたといわれてます

1847年に吉昌の義兄弟三輪徳蔵を召し抱えるという条件で、大老の井伊直亮に召し上げられ…直亮の養嗣子となっていた井伊直弼に

その井伊直弼が1860年3月3日に桜田門外の変で斃れると、三輪徳蔵が解雇されてしまい、小竜景光も朝右衛門家(吉利)に返却されました

1873年4月、吉利から当時東京府知事であった大久保一翁を通じて宮内省に献上され、明治天皇の佩刀(御物)となりました

コメント (小竜景光詳細に対して)

注目記事
1/2 2/2
ページトップへ