Gamerch

江雪左文字

最終更新日時 : コメント(0)

江雪左文字のデータ

【よみがな】

こうせつさもんじ

【レア】

UR

【No.】

067

【タイプ】

標準

【CV】

佐藤 亜美菜

【属性】

【得意依頼

お使い

【親愛度2倍選択肢】

俺も塗りたくなってきたな

【アイテム2倍選択肢】

雪、楽しそうだな

贈り物の好み】

お菓子

【Illust】

sho

【Lv40体力】

218

【Lv40防御力】

91

【Lv40運】

50

【Lv60体力】

339

【Lv60防御力】

125

【Lv60運】

50

【Lv80体力】

400

【Lv80防御力】

142

【Lv80運】

50

【Lv40攻撃力】

216

【Lv40剣技】

54

【Lv40移動速度】

77

【Lv60攻撃力】

333

【Lv60剣技】

54

【Lv60移動速度】

77

【Lv80攻撃力】

391

【Lv80剣技】

54

【Lv80移動速度】

77

【得意技】

氷ノ護リ

【得意技詳細】

自分を中心に旋回する氷の塊が出現

【奥義】

凍縛ノ祝福

【奥義詳細】

一部を除く敵を凍結する全範囲攻撃

【リーダー効果】

息吹ノ心得改

【リーダー効果詳細】

巫剣の体力を少し上昇する

【入手方法】

ガチャ

【入手方法詳細】

-


下部詳細ページの編集はこちら


巫剣NO.067 / 江雪左文字(こうせつさもんじ)
通常刃こぼれ

使用感・雑記

UR標準の中ではやや低いステータス。リーダー効果が体力アップの為、主力で使う場合能力開花と合わせて体力面での心配は余り無い。

移動速度は標準。しかし、踏み込み距離と誘導性能が優秀であり、多くの敵に先手を取って攻撃する事が可能。得意技は一定時間自身の周囲に近づいた敵にダメージを与えるガードアタック。雑魚を弾くことにも、敵に張り付いてDPSを上げることにも使える。

奥義はエリア内にいる敵全てに攻撃+一定時間行動不能(一部敵には無効)を付与する技。現状二人しかいない全体攻撃持ちの一人であり、デバフも付いている為使い勝手が非常に良い。

オートでの雑魚殲滅、高難度でのタイマン両方で使用可能と思われる。

能力開花

 ▼ 能力開花 壱 
強化効果素材
リーダー効果の効果量が上がる雪の勾玉(N)×20、銅鏡(N)×20
奥義の効果が僅かに上昇する月の勾玉(R)×10、銅鏡(N)×20
得意技の効果が僅かに上昇する雪の勾玉(N)×20、神鏡(R)×10
攻撃力が38増加する礼の欠片(N)×20、雪の勾玉(N)×20
攻撃力が38増加する礼の欠片(N)×20、雪の勾玉(N)×20
防御力が13増加する仁の欠片(N)×20、雪の勾玉(N)×20
体力が37増加する信の欠片(N)×20、雪の勾玉(N)×20
交代後、得意技クールタイムが少し回復義の欠片(N)×20、銅鏡(N)×20
交代アイコンが光ってから交代すると、敵を吹き飛ばす仁の欠片(N)×20、雪の勾玉(N)×20
 ▼ 能力開花 弐 
強化効果素材
リーダー効果の効果量が上がる月の勾玉(R)×12、神鏡(R)×12
奥義の効果が少し上昇する華の勾玉(SR)×6、神鏡(R)×12
得意技の効果が少し上昇する月の勾玉(R)×12、四神鏡(SR)×6
攻撃力が45増加する礼の霊魂(R)×12、月の勾玉(R)×12
防御力が15増加する仁の霊魂(R)×12、月の勾玉(R)×12
体力が44増加する信の霊魂(R)×12、月の勾玉(R)×12
体力が44増加する信の霊魂(R)×12、月の勾玉(R)×12
得意技の弾数が1つ増える義の霊魂(R)×12、神鏡(R)×12
交代攻撃のダメージが増加する礼の霊魂(R)×12、神鏡(R)×12
 ▼ 能力開花 参 
強化効果素材
リーダー効果の効果量が上がる華の勾玉×7.四神鏡×7
奥義の効果が上昇する月の勾玉×10.四神鏡×4
得意技の効果が上昇する華の勾玉×7.四神鏡×7
攻撃力が57増加する礼の炎駒×7.華の勾玉×7
防御力が19増加する仁の聳狐×7.華の勾玉×7
防御力が19増加する仁の聳狐×7.華の勾玉×7
体力が55増加する信の麒麟×7.華の勾玉×7
得意技の弾数が1つ増える義の索冥×7.四神鏡×7
得意技のクールタイムが少し短くなる信の麒麟×7.四神鏡×7

プロフィール

Ilust:sho CV:佐藤 亜美菜


戦乱の時代を駆け抜けた巫剣

常に冷静で、感情を表に出さない性格。

だが淡々とした口調で鋭い指摘をする一方、自ら先陣を切ったりと行動的である。

本当は感情の出し方を認識できていないだけであるため、褒められたときや好物を食べているときなど、少女らしい顔を見せることもある。

しかし愛嬌がなく、冷たく感じられ、戦時は仲間からの印象が良くなかった。

現在は御華見衆に所属し、黙々と命令された仕事をこなしている。


好き:金平糖

苦手:絵


史実・歴史

江雪左文字

刀工・左文字で南北朝時代に作られた日本刀(太刀)である。そして、左文字は短刀の制作が得意としているため在銘の太刀は現在唯一の作品である。

長さは2尺5寸8分(78.2cm)反り2.7cmとなっている

この刀は1951年に国宝に指定されていて現在は所有者から広島県のふくやま美術館に寄託されている。由来は北条氏政の家臣板部岡江雪斎の愛刀であったからです。

今回ので板部岡江雪斎について話して置きたいけど長くなるので無しで進めて行きますが簡単に説明します

罪を犯したがそれは家臣の猪俣がやってしまった事でそれでも従うしかないから従ったでも、罪を受けよと言った しかし全く動じない姿を見た秀吉が気に入り罪を無いことにし秀吉自ら茶を点てましたのちに秀吉の御伽衆にした

秀吉の死去後徳川家康に近づき関ヶ原の戦いでは家康の方に随従した。慶長14年(1609年)6月3日に伏見で亡くなります。

その後江雪左文字は家康の指料になり頼宣に渡り大阪の役では江雪左文字を帯びて出陣している。以後紀州徳川家に伝来。

昭和8年(1993年)1月23日に旧国宝に指定。

その他リンク

▼ 攻略情報リンク



▼ データベース一覧リンク

キャラ(巫剣)URSR
URSRRN
刀装URSRRN

▼ キャラ図鑑(未実装含む)

001~050 / 051~100 / その他

コメント (江雪左文字に対して)

注目記事
1/2 2/2
ページトップへ