Gamerch

【TEPPEN】リセマラ・レジェンダリー評価一覧【TOA環境対応】

最終更新日時 :
1人が閲覧中

テッペン(TEPPEN)のリセマラレジェンダリー評価一覧を紹介しています。初心者の方でもリセマラでどのレジェンドが強いのかなどをランキング形式で紹介しています。

※20/10/15 TOA環境に合わせて更新しました!

「どのレジェンダリーが引ければいいの?」

「これ使えるの?分解していいの?」

「どれ生成すればいいの?」


...という疑問が、特に始めたばかりのときはよく出てくると思います。

このページを参考に、レジェンダリーカードの作成、分解やリセマラの際の参考にしていただければ幸いです。


ご意見等ありましたらコメントください。


目次 (レジェンダリー評価一覧)

更新内容 10/15

TOAカードの追加
評価の変更
<ランクアップ>
風翔の暴嵐 C→A
静かなる暗殺者 元 A→S
黄金の地母神 マム・タロト B→A
青電主の奮い A→S
<ランクダウン>
忠誠無き服従 B→C
瘴気を纏う支配者 ヴァルハザク S→A
深刻の救世主 ジェダ B→C
更新箇所のセルの色を変更
※見辛い場合はご連絡ください!修正します!
10/19 更新
評価基準から各カテゴリへジャンプできるようにしました。

評価基準

以下の評価基準によって評価しています。

SS非常に多くのデッキで採用される。カードパワーが非常に強い。非常に優秀なカード。
S多くのデッキで採用される。カードパワーが高い。優秀なカード。SSと比較するとやや強力ではないか、デメリットが大きい。
Aいくつかのデッキで採用例がある。ゲームを優位に運べる可能性が高い。Sのカードと比べると強力ではないか、デメリットや条件が重い。
B一部のデッキで採用例がある。使い道が限られるようなカード。
Cあまり使い道が無い、あるいは上位互換があるように見えるカード

評価一覧

10/15時点の環境に合わせた評価となっております。

SS
解放への一太刀・2コストでユニットに9点与える優秀な除去カード。
・味方に打って回復もできる。
・非常に多くのデッキで採用しやすい。
エージェントの記憶・2コストで7点をヒーローに与えられるのが強力。
・低コストなのでメモリー無しでの使用もしやすい。
ウルトラお嬢様 神月かりん・目覚めでユニットを封印して無効化できる。
・4/10俊敏が非常に優秀。
・混色デッキにも採用可能。
停戦協定支配された頭脳カウンターハンター死と生の歪み広がりゆく感染など強力なカードにカウンターできる。
超文明の反逆者 Σ・無限リベンジで強力なユニットを何度も場に出せ、最終的にフィニッシャーになる。
・非常に多くのデッキで採用しやすい。
ヤマタノオロチ大蛇神 ヤマタノオロチ・TOAが生み出した悪魔カード。
・強化していくことで止められないカードになる。
・対策、想定が必須なカードという意味でSS評価。

評価基準へ戻る


S
無の境地・アクション回数により、2コストでは破格のバフになる。
・デメリットが特に無く、採用しやすい。
悲しき守り手 ルシア・空戦、俊敏、攻撃時振り分けダメージを持ち、対処が非常に困難な強力ユニット。
・呼応する必要があるのがやや弱点。
決意のデビルハンター レディ・人間ユニットで構成されたデッキでかなり強く出れる。
・SSと比較するとやや見劣りする印象。
宿命に抗う者 リュウ・アクション回数により攻撃時に正面に大ダメージを出す。
・ユニットで食い止めるのが非常に困難。
・アクションの少ないデッキにも良く採用される。
・ランクマッチを進めていけば手に入るのでゲーム開始当初は注意したい。
歴戦のエージェント レオン・アクション回数で非常に強力になる。
・盤面を一掃しながら敵ヒーローにダメージを与えられる。
Aトランス・EXポケットに強力なカードを入れる一部のデッキで強力。
・1コストなので雑に消費してしまうのもアリ。
自己誇張の影響でランクアップ
Dollsの記憶・メモリー達成後はバフが強力
・達成前はシールドを無視した除去カードとして使用できるので万能。
衝天七生衝天七生・緑ヒーローを使用する際は入れておいて損はないカード。
・目覚めとの相性はいいが成長のみだと多少時間を持て余すか。
神脚美技 春麗俊敏連撃がただただ強い
・HPはやや低め
殺人蜂の一撃 キャミィ・アクションだらけの特殊な構築で非常に強い。
・通常のデッキではやや扱い辛い。※8/13追記。調整は入ったが相変わらず強い印象。
自然の循環・デッキ全体に及ぶ強力なバフカードだが、現状6コスト払える余裕のあるデッキが無い。
再生死と生の歪みなど墓地から復活させるカードのカウンターとして利用するのもアリ。
※環境を考慮し、ランクアップ。盤面制圧が主流となった現環境において緑単で採用しておくと強いカード。強くなったカードでリスタートできることが強み。
トリニティ・複数種族で構成されたデッキで真価を発揮。うまくいけば全体に+5/+5も可能。
・クリスと同じく汎用性の低さが難点か。
※環境を考慮し、ランクアップ。緑単のデッキに採用した際に出すことができればかなりの強さを誇る。ユニット軸のデッキが主流になっているのでデッキ採用に一考の余地あり。
静かなる暗殺者 元・4コスト以上のカードを取ることで盤面を取りやすくなる。
・対処されるとつらい。最大MP2減少がシンプルにデメリット。
※環境を考慮し、ランクアップ。オロチ討伐の筆頭。相手のオロチがハンドから出てくれば最大MPが減るもののかなりのアドが取れる。
恋のかけひき恋のかけひき・擬似的な盤面ロックが可能。目覚めも通用しないのが強い。
・ライフが削られるスピードを抑えられるのでMPをためることが可能。
・2コスならSSだったか。
紫闇の毒蜘蛛 ジュリ・この1枚でゲームが完結することがあるほどのパワーカード。
・ただしこの1枚だけで真価を発揮することが難しい。
復讐の悪魔狩人 ダンテ・呼応後の俊敏空戦の4/7スタッツが優秀。
・呼応前もやや働けるステータスなので2重に使える。
呼応で元のユニットが墓地に送られるので、再生などで増える。
※調整により墓地に送られることはなくなったが大した影響はないため現状維持。
魅了する女帝 ネヴァン・これといってデメリットがない優秀なカード。
・強いて言えば初期スタッツの低さか。
しかしレディと同じくSSよりかは見劣りする印象。
破滅を秘めたハンター ゼロ・相手をバウンスしながら5/10俊敏を展開できるのが強力。
・メモリー発動までにやや時間がかかる。
支配された頭脳・強力な敵ユニットを奪いアドバンテージを得る。
・多くの紫単デッキで採用。
・妨害できるカードが多く、コストが重いので無効化された時のデメリットは大きい。
カウンターハンター・メモリー条件は厳しいが、強力なユニットを盤面に並べられ、成功すると高確率でゲームに勝利できる。
※落鳳破調整の影響でランクダウン。強いことにかわりないが、現環境がアクションを多用しにくいためメモリー15が厳しい。
青電主の奮い・メモリー達成後のバフが非常に強力だが、メモリーがやや重い。
・達成前も手頃に使用しやすい。
※環境を考慮してランクアップ。黒冠の狂気を採用するデッキがかなり多くなってきており、メモリーの達成がかなり容易になっているため。相性のいいカードも多い。
禁断の果実・ユニットを保護しながら攻撃力を強化できる非常に強力なバフ。
・使用タイミングを誤ると肩代わりで負けてしまう。
織田信長魔王 織田信長・目覚めが必須だがシンプルに強い。
アジュレ、Σとの相性が非常にいい。
・多少状況を選ぶのでSSならず。
モルドムント黒冠狂王 モルドムント・所持している効果はどれも強力。
・黒のデッキなら入れておいて損はしない。
反逆者の記憶・ユニットを単体でランダム除去するので、ヴェールを持ったキャラクターも処理できる。
・メモリーを稼ぐと全体除去も可能。
イービルゲーム・敵に盤面を取られてしまった時に、一枚で戦況を返せる。
・こちらのユニットが放置されている時にやや弱い。
拳を極めし者 豪鬼・出した目の前のユニットを確実に処理できる優秀な除去ユニット。
・目覚めないとスタッツが低く、目覚め状態はデメリットも大きい。

評価基準へ戻る


A
アマテラス太陽神 アマテラス・レベルMAXまでいけばかなり強い。
・レベルMAXまで行くのに結構時間がかかる。
最後の切り札・名前の通り。デッキが全てなくなるがMP+7は非常に強力。
・MPがあれば逆転できる場面で活用すべし。
※調整後ランクダウン。MPが3になったので混色では採用しにくくなったのが要因。
意志を継ぐ者 アクセル・4コスト以上の相手のユニットをコピーするだけでアドを取れる。
HBM環境では微妙だが、環境によってはSあるいはSS。
太陽神太陽神・大神降ろし、真空波動拳との相性がいい。
・3コスが多少重い気がするのとそこまで必須感がない。
怒れる女王 リオレイア・「5秒ごとに1ダメージ」は重ねられるので強くはある。
・ただ圧倒的かといわれるとそうではない印象。
竜王の審判・12点振り分け効果が強力で5コスト以上の働きをしやすい。
・カウンターアクションが多いので使用タイミングに注意が必要。
紅蓮の格闘王 ケン・Lv2効果の7点振り分けだけである程度強い。
・lv3効果は発動し辛く、lv4効果はMP的に発動しづらい。
爆炎武道 マグマード・ドラグーン・多数の能力を持ち、重貫通で敵のブロックも無効にする強烈なアタッカー。
・デメリットがやや重い。環境的に処理されやすい。
真田幸村天覇絶槍 真田幸村・目覚めで出せれば相手にかなりの圧力をかけられるユニット。
・デメリットがやや重い。勝手に死ぬ。
怒れる竜王 リオレウス・ダメージを与えた際の5点ダメージが優秀。連撃で効果を2回発動可能。
・コストがやや重め。
・ランクマッチを進めていけば手に入るのでゲーム開始当初は注意したい。
風翔の暴嵐・空戦デッキに対する圧倒的なメタカード。
・空戦のないデッキと戦う場合は邪魔なカードにしかならないので、大会等向きの空戦メタカードと言える。
※調整、及び環境を考慮してランクアップ。5コスから2コスに調整されたのでようやくレジェンドらしい活躍ができるようになった。バルファルクや変化後レジェンドダンテに強く出れるようになった。
頂上決戦・ステータスを上げて空戦連撃を付与できるので、成長デッキでは非常に強力なフィニッシュカードになる。
溢れる好奇心 アイルー・MPブーストを重ねられる唯一の存在。
・強力であることに変わりはないが防ぐことは比較的容易。
双角猛る砂漠の暴君 ディアブロス・超高スタッツになり波及で盤面を取れるモンスター。
・採用されるデッキがやや下火。
・6点のダメージは結構なデメリット。
揺らがぬ正義感 クリス・続けて人間ユニットを出すことができれば強力。
・採用されるデッキの幅が狭い。汎用性が低い。
サクヤ木精 サクヤ姫・ライフが30の時に目覚めるとHPが30になり場持ちが非常に良くなる。バフ能力も優秀。
・相手の攻撃をブロックできないので対面によってはかなりライフを削られる。早くいなくなってほしいのにハンドが詰まっていると対処のしようがない。
超文明の遺物 エックス・ステータスがそこそこ優秀でコピー能力が強い。
・緑単デッキに雑に採用は可能。
暴嵐の支配 クシャルダオラ・体力5以下の敵をバウンスする能力、3以下のダメージを1にしてしまう能力が強力で場を支配しやすい。
・ステータスが低く、空戦ユニットで対処しやすいのが弱い点。
隻腕のデビルハンター ネロ・成長時に変身し、強力な空戦アタッカーになる。
・レジェンドダンテと比較してやや物足りない。
魂の献上・+7/+7効果がただただ強力。
Dollsの記憶を始めとした強力な低コストバフカードが増えている点でやや評価を落とす。
踊るプリティビースト フェリシア・ユニットを展開できる能力が強い。レジェンダリーなのでこのカードを中心にデッキを組みづらいのは玉にきず。
禁断の延命術・負けそうなタイミングでヒーローを保護し、30秒間でゲームに勝利できる可能性を得られる。
イレギュラーの記憶・メモリーが貯まると、全コストのアクションを打ち消せるぶっ壊れ。
・メモリーが貯まる前の効果も使えないことは無い。
※調整によりランクダウン。上限がMP5までになったので必須級のカードではなくなった印象。
魔人化俊敏空戦はある程度強いが、フックショットと比較してそれほど強いカードではない。
死神 ハンク・味方紫ユニットが死亡するたびに+1/+1<シールド>を得る非常に強力なユニット。
・採用されるデッキ自体が下火
闇を彷徨うリビドー モリガン・呼応のたびに目の前の敵を停止し、停止した敵は無視して攻撃できる優秀なユニット。
・採用されるデッキ自体が下火
欲望の迷い子 リリス・成長効果で高打点を与えながら高回復が行える。
・採用されるデッキ自体が下火
黄金の地母神 マム・タロト・ヴェールを持った呼応ユニットで、相手が対処しづらい。
環境的にやや活躍し辛い。
※環境を考慮してランクアップ。目覚めユニットが比較的少なくなったので盤面ロックのハードルが低くなった。空戦さえつけられればかなり有利になる。
伊達政宗奥州筆頭 伊達政宗・成長が軽く、強い効果が得られる。
・強いは強いが圧倒的かと言われればそこまでではない印象。
凍てつく氷華 イヴェルカーナ・プレイ時13秒全停止はシンプルに強力。
・8コストはやや重い印象。
謎の男 V・呼応で強力なユニットを場に出せる。
・一枚で圧倒的な有利状況を作り出せることも。
・出るユニット次第では相性不利をひっくり返す。
※調整によりランクダウン。MPが10になったため再生で出すなどの特殊な使用方法でないと真価を発揮できなくなってしまったため。
魔界の反逆王 ユリゼン・深刻な犠牲ダメージを負うが、成長効果が非常に強力。
・犠牲を利用できる「棘飛ばし」デッキで採用したい。
鋼鉄の執行人 ヴェルデューゴ・デッキレスを軸としたデッキで活躍する。
・逆にデッキレスでなければ採用は厳しい。
広がりゆく感染・盤面にゾンビを3体出す優秀なカード。
停戦協定等のカウンターカードが怖い
邪教の復活・自分の墓地に高コストユニットがあればかなり強力。デッキレスを軸としたデッキなら尚良し。
・場に出すのではなくEXポケットに戻すので5コストは重い気もする。
野望の継承者 ウェスカー・HPが減っている時に強力無比なステータスになる。
・犠牲を伴う「棘飛ばし」デッキで採用したい。
伝説喰らいの古龍 ネルギガンテ・6コスト4/11ヴェールはシンプルに強い。
・デッキを10枚除外する効果が今のところ使いづらい。
※デッキレス台頭でランクアップ
瘴気を纏う支配者 ヴァルハザク・試合後半で勝負を決められる高火力に育つ。HPも高めで攻撃が通らなくても負荷をかけやすい。
※環境を考慮してランクダウン。真価を発揮する機会が少なくなってしまった。
死と生の歪み・盤面をリセットできるパワーカード。
停戦協定等のカウンターカードが怖い。
・黒単ウロボロスデッキで主に使用される。

評価基準へ戻る


B
真実の追及者 ジル・探索回数を稼ぐとヴェールを持った強力なアタッカーになる。
・抗体ジルデッキ以外では使い辛いが、抗体デッキでもアタッカー候補の一つに過ぎない。
縄張り争い・効果の強いタイミングが限られるのが微妙。
・メモリーが重く、メモリ―効果が活用しづらい。
煉獄の主 テオ・テスカトルスーパーノヴァが味方も巻き込む。
・ステータスが普通で撃破をしづらい。
スサノオ大剣士 スサノオ・条件さえ達成していれば強い。
・現状緑のデッキが成長軸にしなくても強いのであまり採用されない。
未来への希望・場に出ているユニットと手札のユニットを同時に強化できる。
・効果は悪くないが、現時点で使えるデッキが特に無い。
偉大なる軍帝 ジェネラル・基本的なステータスが低く、探索を行うのがやや難しい。
・探索アクションが手に入ると強力なユニット。
ウシワカ人倫の伝道師 ウシワカ・能力自体はオロチの対策にもなりえる。
・アクションを打つタイミングがかなり難しい。
地母神の誘引・紫には貴重なバフカード。
・ただコストと効果のバランスがあっていない印象を受ける。
血の宿命・デメリットが重く、黒には優秀なバフカードが多いので採用する価値は低め。
・ただし瞬間火力が非常に高いのは魅力。
暗黒の取引暗黒の取引・序盤のリベンジ回数稼ぎや犠牲稼ぎに役に立つ。
・今のところあってもなくてもいいかな、という印象。
無慈悲な破壊衝動 VAVA・目覚め回数を稼ぐのは大変で、<リベンジ>を持つユニットの方が手ごろで強い。
執拗な追跡者 ネメシス・2,3回破壊されるまでが弱く、序盤に引いてこないと使えない。
・封印される、バウンスされるなどの対処法があり、相手のデッキ次第では弱い。

評価基準へ戻る


C
忠誠無き服従・序盤に使いづらく、EXポケットに奪う能力は弱い。
シールド等で防がれてしまった場合に3コストなのが痛い。
※環境を考慮してランクダウン。赤のデッキで目覚めをメインで採用することがほぼない。
双龍の波動・4コストのアクションとして非常に弱く、エピック以下により優秀なカードがある。
迸る魔力・手札のカードのコストを半減するトリッキーなカード。
・6MP使うのでMP有利を取るのが難しい。
・コスト減少はデメリットも大きい。
深刻の救世主 ジェダ・探索するアクションの効果は絶大だが、撃破はしづらいスタッツ。
・一部コンボデッキで採用される。
※環境を考慮してランクダウン。スタッツが弱すぎる。探索できない。事故覚悟の混色ジェネシスが唯一期待できるくらい。

評価基準へ戻る


コメント (レジェンダリー評価一覧)

  • 総コメント数3
  • 最終投稿日時 2020/09/19 12:05
  • 表示設定
    • 3
    • ななしの投稿者
    2020/09/19 12:05 ID:ni0ycdpw

    >>2

    修正します!ありがとうございます!

    • 2
    • ななしの投稿者
    2020/08/13 16:34 ID:fcdfot1z

    ダンテは呼応で墓地におくられなくなりました!

    • 1
    • ななしの投稿者
    2020/08/08 16:31 ID:fcdfot1z

    修正はいってVとかリリスとか環境とか色々変わったので今のを見てみたいです!

新着スレッド(TEPPEN(テッペン)攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ