Gamerch
魔法使いの約束攻略Wiki

【まほやく】リセマラランキング

最終更新日時 :
1人が閲覧中

ランキングについて

当wikiでは、育成カードが持つスキル一つ一つの性能ではなく、2つあるスキルを総合的に評価し、「その育成カード1枚に育成を有利にする能力がどのくらいあるか」でカードをランク付けしています。
また、リセマラをする初心者の方の視点から、カードのレアリティやレベル、育成スポットの仕様、パーティの組み方などに関係なくマルチに活躍できるカードを優位にしています。

「まほやく」にカードの強さは関係ない!

「まほやく」は様々なカードを使い、魔法使いたちを育てるゲームです。カードの組み合わせも育て方も自由、覚醒後の姿も全く同じにはならずそのどれもに個性があります。「まほやく」に正解はありません!ですから、ここでご紹介するようなカードが手に入らなかったとしても、ゲーム自体を楽しめないことは決してありません。自分の好きな魔法使いと「まほやく」の世界を楽しみましょう。


リセマラランキング

ランキング最終更新日:2020/11/18

編集者オススメカード

カード評価理由

【白銀の世界に現る】オズ
パラメータボーナスのスキルは全てのパラメータに対応しており、交流だけでなく各スポットのコマンドでも発動される。また、このカード1枚でスポット・キャラどちらのエピソードも発生率を上げることができ、特性付与やパラメータ獲得に貢献する。
爆発的な強化力はないがあらゆる場面で活躍でき、確実に育成を有利にできる。
▲特に活躍するスポット(全てに活躍できるが)オズの爪痕、ベネットの酒場、ティコ湖 など

【華麗な手さばき】ネロ
交流大成功のスキルに加え、スポット・キャラどちらのエピソードの発生率も上昇させることができる。強火力で直接的にキャラクターを強くすることに特化したカード。
▲特に活躍するスポット(基本全てだが)栄光の街、時の洞窟、雨の街 など

【パンのお礼に】レノックス
回復量増加のスキルは、休息に使うターンを減らして交流やコマンドの機会を増やし、ハプニング率を低く保つ。強化に直接作用しないものの、安定した育成を助け、着実にキャラクターを強くする。
また、スポットエピソードの発生率が上がり、活用すればパーティが持っていない特性を獲得することもできる。
▲特に活躍するスポット夢の森、ブランシェット城、泡の街、レイタ山脈 など

評価別ランキング

上記以外でオススメのカードを評価別にランキング形式でご紹介します。

カード総合評価評価理由/デメリット

【妖艶に笑う】オーエン
★★★★スタミナがわずかになると確率で回復するので、休むのターンを減らすことができる。
キャラエピソード発生率上昇で、シナリオカードが持つ特性が手に入りやすくなるが、メインキャラ以外の特性付与率に影響するスキルは所持していない。

【最高の時間を】ラスティカ
★★★★スタミナ消費を抑えながら、パートナーの特性を獲得しやすくする。また、覚醒キャラをお別れした際、成長ポイントが500手に入る「愛嬌」の特性を持っている。
特性付与のスキルはパーティ内に要求特性が充分に備わっていれば大いに効力を発揮できるが、拒否特性(特に金枠・銀枠)を含んでいると狙い目の覚醒の妨げになる可能性がある。

【招かれざる客】ミスラ
★★★★大成功のスキルに加え、確率で1種のパラメータ獲得時にボーナスがつく。スキルが2つ同時に発動すると、爆発的な強化が期待できる。
ただし、ボーナスのスキルは1種類のパラメータにしか適応されず、パラメータに偏りが生じやすい。
類似評価
※「【砂嵐に光をかざして】リケ」は上限開放なしの状態で得られるレア4の特性がイベント特性のみのため若干評価が下がります。

【彷徨う魂に救済を】シャイロック
★★★スタミナの回復とハプニング率を減らすスキルとを併せ持ち、スタミナの減少による交流失敗や怪我の心配を緩和してくれる。
ただし、両方とも確率なためスキル発動は運任せになる。

【浮かぶ首領の面影】ブラッドリー
★★★交流大成功によりメインキャラを大きく強化させ、休むの大成功により一度の休息でスタミナを最大まで回復させることができる。
スキルのバランスが良いが、どちらも確率で発動するため確実性はなく、また消費ターンの削減や安定的な育成はできない。

【使命の先に恐れはなく】アーサー
★★★スポット・キャラどちらのエピソードも発生率が上がり、スタミナの消費しすぎによる交流失敗の確率も下げられるので、安定的に育成ができるが、カードの大幅な強化に直結する能力はない。
同評価

【かけがえのない夕焼け】ルチル
★★★大成功によるパラメータ値の大UPで育成を進めやすくする。
加えて、スポットエピソードの発生率を上げてパーティに含まれない特性を付与する機会を増やしてくれるが、育成するスポットによって覚醒結果が左右されるので、使い方に注意が必要。

【刻まれたもの】シャイロック
★★休むの大成功率が上がり、スタミナを確率で最大値まで回復させる。
また、キャラエピソードの発生率を上げ、パラメータUPやメインキャラ自身の特性獲得を助ける。シナリオカードが覚醒させたい覚醒キャラの要求特性を持っている場合には非常に役立つが、拒否特性を持っている場合には仇となる場合がある。

【色香を纏いし獣】ミスラ
★★大成功率UPでパラメータ値を大きく上げられる。また、パーティのカードが持つ特性の付与率も上げるので、要求特性が十分に備わったパーティでは非常に頼もしいカード。ただし、パーティに金枠・銀枠の拒否特性を含んでいたり、大成功の効果で拒否特性を獲得してしまう育成スポットで使うと、スキルが不利な場合も。

【差し出された手】ホワイト
★★大成功率を上げられる上、どのパラメータを選択しても1つのパラメータを獲得できる。満遍なくパラメータを上げることができる。火力は今一つ強くないものの、75Lvまであげれば金枠(レア4)特性が手に入るので、完凸させなければいけない心配はない。
同評価 

【夜空に浮かぶ】スノウ
パートナーキャラからの特性付与率UPに加え、失敗する確率を下げるので、パートナーキャラに要求特性を多く含んでいれば、目当ての覚醒キャラを作りやすい。
しかし、キャラの強化に直接作用できず、強化力に欠ける。75Lvまであげれば金枠(レア4)特性が手に入るので完凸させなければいけないなどの心配はない。

【幸せのおすそわけ】クロエ
休むの大成功でスタミナを最大まで上げられるが、確率で発動しかつ必ず大成功できるとは限らない。また、スポットエピソードの発生率の上昇により、パーティのカードが所持していない特性を付与することもできるが、覚醒結果がスポットに強く左右されてしまう。

【凍原を統べる矜恃】ホワイト
確率で休むの大成功率とパートナーからの特性付与率のどちらも確率を上昇させる。
ただし、どちらも確率なため、確実に育成を有利にできるわけではない。
同評価

リセマラについて

リセマラ終了のタイミング

ゲームを始めるにあたって求めることにもよりますが、基本的には推し(気になっているキャラクター)のカードが手に入ったら終わって問題ないでしょう。このランキングに載っているカードが1枚も手に入らなかったとしても、1週間ほどでイベントを進められるほどまで強くなれます。
強化にこだわるのであれば、リセマラの時点でSSRが2〜3枚あると良いです。特にそれらの属性がどれも異なっていると、覚醒キャラの幅を広げられてなお良いでしょう。

妥協ライン

自分の好きなキャラクターのカード、あるいは狙い目のSSRカードを1枚以上引くことができたら、その時点で終了して良いでしょう。
この上SRのカードが2枚以上あればなおゲームを楽に進められるようになります。
リセマラでは手に入るSSRの枚数は制限されていないので、SSRが1枚しか出ないこともあれば、いきなり3枚以上出ることもあります。どこまで求めるかは自由ですが追求すればするほど際限がありませんので、無理のない程度にしましょう。

コメント (リセマラランキング)

新着スレッド(魔法使いの約束攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ