Gamerch

【白猫】タイキ・思い出

最終更新日時 :
1人が閲覧中
屈強なる農民
タイキ・グリーンファーム
農家を営む青年。
言葉少なだが、優しくていねいに野菜を育てる。



思い出1


俺、タイキっつうんだぁ。よろしくなぁ。

<クワを担いだ男が、なまりのある口調で言う。>

で、おめら、畑、どこだ?

え……? 畑?

んだ。畑耕すんが、俺の仕事だぁ。

畑なら、確かヘレナさんが趣味で作っていたのが、向こうの方に……

おお、そっかぁ、ありがとなぁ。

じゃ、ちょっくら行ってくるべさ。

<実直にうなずいて、タイキは歩き去っていく。>

はー……なんか、仕事一筋、って感じねぇ。


思い出2


おう、おめら、元気かぁ?

はい。タイキさんは?

おう、この通りだぁ。

すごい筋肉よねぇ~。

野菜と米と肉ぅ食って働きゃ、こうなるべさ。

アイリスは細すぎだね。野菜、食うか?

いいんですか? ありがとうございます!

……

だ、大丈夫よね、主人公。

タイキの野菜食べたら、アイリスがムキムキになったりしないよね!?ね!?



思い出3


よいしょ、っと……

<タイキが、手押し車にたくさんの野菜を載せて運んでいる。>

タイキさん、収穫ですか?

んだ。採れたもん、分けてもれぇてなぁ。ふるさとに送るんだぁ。

ふるさと?

俺の育った農村だぁ。

そういえばアンタ、どうして故郷を出てきたの?

出稼ぎだぁ。ここなら、戦って金もらえるし、農作業もできて、一石二鳥だべ。

出稼ぎ……お金が必要なんですか?

まあなぁ.……俺の村、ちっと貧乏でよぉ。税を払えねぇんだぁ。

このままじゃ、領主に何されっかわかったもんじゃねぇべ。

だから俺、出稼ぎに来てんだぁ。生まれた故郷、守りてぇからよぉ。



思い出4


む……

<タイキが、トウモロコシを手に、うなっている。>

なぁに~?

トウモロコシ、苦手なのぉ?

いんや、大好物だぁ。けんど――ちっと思い出しちまってよぉ。

ウチでよぉ……大事に育ててたんが家出しちまってなぁ。

今、どこさほっつき歩いてんだかなぁ……

ええっと……犬か何か?

いんや。トウモロコシの話だぁ。

元気かなぁ……




思い出5


……どういうことだべか。

<タイキが唖然と立ち尽くしている。>

タイキ? どうかした―――うっわぁーっ!?

<タイキの周囲に、野菜たちが――ずらりと並び立っている。

ピーマン、ダイコン、ニンジン、タマネギ、ゴボウ、レタス――

色とりどりの野菜たちが、タイキを取り囲んで、腕組みをしている。>

……って、なんで、野菜が腕組みしてるわけぇ!?

足も生えてる……

た、助けてくんろ! 主人公!

いきなり野菜たちが来てよぉ……俺を掴んだまま、なんも言ってくれねぇんだぁ!

無言で野菜に取り囲まれるって、ちょっとしたホラーよね……

いったいどうしたのかしら……

俺、なんか悪いことしたんだべか……?



思い出6


なんだぁ……? こりゃあ?

お天道さまみてぇに、あったけぇ光だぁ……

おまえのかぁ? 主人公……たまげたなぁ……

<その時――ルーンの光を受けて、野菜たちが輝きを放った!>


タイキ……タイキよ……

我は大地の女神……今、野菜たちを通じておまえに語りかけている……

大地の……女神……!?

……語りかけるだけなら、野菜に手足生やす必要なくない?

村と野菜を想うおまえの心意気、深く感じ入った……

我にとっても、あの村は居心地のよい場所だ……

重税をかける悪い領主は、野菜の兵隊たちに命じてこらしめておいた……

だからタイキ。金のことなら案ずるな。

おまえはおまえの望むようにたくましく、生きてゆくのだ……

<その声を最後に、野菜たちは動きを止めた。>

タイキさん……これでもう、出稼ぎをする必要はなくなったんですね。

……いや、もうちょっと、ここで働かせてもらうべ。

女神の声を聴けたのは、主人公のおかげだぁ。だから、恩返しがしてぇんだべ。

<言って、タイキは太い笑みを浮かべた。>

そういうわけでよぉ、主人公!

またうまい野菜食わせてやるべ!

ていうか……

そこに転がってる野菜たち、手足生えたままなんだけど……





優しき収穫者 タイキ・グリーンファーム





コメント (タイキ・思い出)

新着スレッド(白黒wiki)

注目記事
ページトップへ