Gamerch

【遊戯王】リンク召喚の方法・特徴まとめ

最終更新日時 : コメント(0)

遊戯王OCGで新ルール「リンク召喚」が追加されました。「リンク召喚」の方法や「リンクモンスター」について詳しく掲載しています。デュエルリンクスでの実装も100%ないとは言い切れないので、今のうちにルールを確認しておきましょう。

リンク召喚

画像引用元:http://www.yugioh-card.com/japan/howto/new_master_rule/

リンクモンスター

遊戯王に新たなる召喚方法の「リンク召喚」が追加されました。

リンク召喚モンスターはカードの枠が紺色のモンスターカードです。

使用するときはメインのデッキではなくエクストラデッキゾーンに置いておきます。

リンクモンスターの特徴

今回新ルールとして追加された「リンク召喚」で使用するモンスター、「リンクモンスター」について、召喚の方法や特有の効果などを紹介しています。

召喚方法

シンクロエクシーズ違う特別な方法で召喚することが必要です。

「リンク召喚」のルールは下記5つです。


|フィールドの表側表示モンスターを素材とします

手札や墓地のモンスターは素材にできず、フィールドのモンスターを素材とします。

リンクスパイダーの場合は、「LINK-1」で、素材の条件は通常モンスター1体」なので、通常モンスター1体を墓地へ送りリンク召喚することができます。

リンクスパイダーの場合
リンクスパイダーリンクスパイダー召喚方法

|モンスター1体はリンク素材1つ

素材条件が「通常モンスター1体」「リンク1」などの場合通常モンスターを1体墓地に送ることで「リンク召喚」できます。

このようにリンクとは「墓地に送るモンスターの数」=「リンク〇」となります。


|LINKの数の素材を墓地へ送る

リンクモンスターは効果欄に記載された条件を満たしたモンスターをLINKに数だけフィールドから墓地へ送る事でEXデッキからリンク召喚することができます。


|リンクモンスターで素材軽減

リンクモンスターは、そのLINKの数分の素材として扱える。ただし条件に書かれたモンスターの数は満たさなければならない。

「デコード・トーカー」の場合、「LINK-2」の効果モンスター1体+効果モンスター1体でもリンク召喚することができます。


|リンク素材には、条件がある場合がある

モンスターによって属性や種族、数などの指定がある場合があります。

「デコード・トーカー」の場合、「LINK-3」で、素材の条件は効果モンスター2体以上」なので、「効果モンスター3体」を墓地へ送りリンク召喚します。

デコード・トーカーの場合
デコード・トーカーデコード・トーカー召喚方法

リンクモンスターの効果

デコード・トーカー

|リンクモンスターにはレベルがない

リンクモンスターにはレベルやランクというものがないです。


|マーカーの方向に特別な効果

リンクモンスターには特別なマーカーが施されており、その赤色のマーカーの指す方向のゾーンやカードに特別な効果を及ぼします。

マーカーのことを「リンクマーカー」と呼びます。


|リンクモンスターには守備力がない

リンクモンスターは守備力がなく、表示形式も変更されないと言う効果を持っています。そのため表示形式を変更する「月の書」などの効果を受けることがありません。

新モンスターゾーン「EXモンスターゾーン」

リンクモンスター用の特別なモンスターゾーンが追加されました。

EXモンスターゾーンの特徴

・デュエル開始時にはどちらのフィールドとしても扱わない

・自分がEXゾーンにモンスターを特殊召喚すると自分のフィールドになる

・EXゾーンは相手しか特殊召喚できなくなる

・EXデッキのモンスターが出せる

マスタールール変更点

今回「リンク召喚」の実装により「マスタールール3」からの変更点がありました!

しっかり確認しておきましょう!


|モンスターゾーンの名称変更

メインモンスターゾーン

「モンスターゾーン」が「メインモンスターゾーン」に名称変更しました。

変更されたとしてもモンスターゾーンとそのまま呼びそうですねw


|ペンデュラムゾーン」場所変更

ペンデュラムゾーン場所変更

ペンデュラムカードをペンデュラムゾーンに置く場合、魔法・罠カードは3枚までしか置くことができなくなりました。これはかなりの変更点です。これがデッキにどう影響してくるか今後の流行が気になります


|エクストラデッキのモンスター変更点

融合シンクロエクシーズペンデュラムのいずれのモンスターも、 エクストラデッキから特殊召喚される場合、エクストラモンスターゾーンに特殊召喚しなければならなくなりました。(エクストラデッキ以外からこれらのモンスターを特殊召喚する時は、今までどおりメインモンスターゾーンだ。)

しかし、リンクモンスターを使うことでエクストラモンスターゾーン以外に特殊召喚する事ができます!

リンクモンスターの「リンクマーカー」が示す方向のメインモンスターゾーンにもエクストラデッキから特殊召喚ができます!

「デコード・トーカー」の場合のリンクマーカー

「デコード・トーカー」の場合、2ヵ所のメインモンスターゾーンにエクストラデッキのモンスターを特殊召喚できます。

このルールによりリンクモンスターはデッキに必要不可欠となるでしょう!


新ルールQ&Aまとめ

Q.蘇生する場合

正規の手順で呼び出され、その後墓地へ送られたEXデッキのモンスターを「死者蘇生」で特殊召喚する場合、どのゾーンに置く?


A.メインモンスターゾーン

そのモンスターはメインモンスターゾーンに置かれます。EXゾーンに特殊召喚することはできません。


Q.表示形式変更可能?

リンクモンスターに「月の書」を発動できる?


A.選択することはできません

リンクモンスターには裏側守備表示が存在しませんので、「月の書」の対象としてリンクモンスターを選択することができません。


Q.直接攻撃は?

相手モンスターがEXモンスターゾーンのみにいる場合、相手に直接攻撃することができる?


A.直接攻撃できません

EXモンスターゾーンにモンスターがいる場合は、特別な効果がない限りそのモンスターを攻撃しなければなりません。


Q.魔法、罠カードは?

左右両端の魔法&罠ゾーンにセットされた魔法・罠カードは、「揺れる眼差し」の効果で破壊される?


A.直接攻撃できません

左右両端の魔法&罠ゾーンは、ペンデュラムモンスターを手札から発動して置いた場合、または、ペンデュラムゾーンにペンデュラムモンスターを置く効果によって置かれた場合にのみペンデュラムゾーンのカードとして扱われます。手札からセット・発動した魔法・罠カードはペンデュラムのカードとしては扱われず、「揺れる眼差し」では破壊されません。

リンクモンスター一覧

★1★4

現在実装されていません。

▲ページ上部へ戻る

★5★12

現在実装されていません。

▲ページ上部へ戻る

コメント (リンク召喚に対して)

Goodコメントランキング
注目記事
1/2 2/2
ページトップへ