Gamerch
エバーテイル攻略wiki

ドゥルク

最終更新日時 :
1人が閲覧中

基礎情報

名前ドゥルク
レアリティSSR
属性
得意武器大剣
得意武器2ハンマー
リーダースキル火属性の味方の攻撃力を15%増加させる。

ステータス

HP19,300
攻撃力3,427
素早さ202

アクティブスキル

ペインアタックTU: 130スピリット:+2
敵1体に135%ダメージ。味方のスピリットが2増加。与えたダメージの25%分、使用者もダメージを受ける。
バーンストライクTU: 130スピリット:-1
敵1体に300%ダメージ。使用者が燃焼状態なら使用可能。
バーニングTU: 50スピリット:-1
使用者を状態変化「燃焼」にする。対象の他の状態変化は上書きされる。燃焼状態のキャラにダメージを与えたキャラ、および燃焼状態のキャラからダメージを受けたキャラは燃焼状態になる。
リーサルフレア(ダブル)TU: 130スピリット:-2
敵2体に400%ダメージ。使用者が燃焼状態で、かつ場に出てから他のキャラを1体以上倒してれば使用可能。他のキャラを2体以上倒していると500%ダメージ。

パッシブスキル

バーンリジェネ燃焼状態のこのキャラにターンが回った時、自分のHPを最大値の30%回復させる。
バーンスタンガードこのキャラは燃焼状態ならスタンされない。
剣耐性Lv3剣を装備したキャラの攻撃で受けるダメージ量を10%減少。
最大HPアップLv3最大HP1200増加。
攻撃アップLv3攻撃力300増加。
免許皆伝:ハンマーハンマーも得意武器として扱うことができる。

プロフィール

ドゥルクの父は優秀な鍛冶屋だった。その名声はサウスリグランド全域に轟くほどで、彼に武器を作ってもらうためだけに厳しいハブス砂漠を越えてくる者が後を絶たなかった。ドゥルクは、彼の実子でありながら鍛冶の才能は皆無であった。対照的に幼い頃からその天性の才の片鱗を見せていた里子のギルガン。父はギルガンを後継ぎに相応しいと考え、一方でドゥルクの将来を憂いた。優秀な義兄と比較され続け、鬱屈とした少年時代を過ごしたドゥルク。しかし……剣に対する熱意は、決して父やギルガンに引けを取ってはいなかった。ある晩、親の留守中に鍛冶屋に賊が忍び込んできた。大人しく隠れてやり過ごすべきだと主張するギルガンを尻目に、ドゥルクはそのまま店の品で賊を打ち倒す。それは彼の憂鬱な運命をも切り開く一撃となった。その後、親に叱られながらも、村の人々からは大絶賛を受けたドゥルクは確信する。刀剣を作るだけが剣の道ではない。武に生きる、これこそがオレの剣の道なのだと。
ロディ「谷を通り抜けるにはあのドラゴンを何とかするしかないみたいだな。どうする?」カレン「私にいい作戦があるわ。ちょっと時間をくれれば、睡眠薬を調合できると思う。それを仕込んだ餌を食べさせれば…」ドゥルク「ケッ、そんなの時間の無駄だろ。堂々と乗り込んで、正面から叩き潰しちまえばいいだろうが」カレン「バカ言わないでよ!凶悪なドラゴン相手に―――」ロディ「…そうだな。急いでるし、今回はあまり難しく考えずにいくか」カレン「えぇーっ!?ちょっとロディ、あなたまで何を言ってるの!?」ロディ「カレン。あんな竜神でもないただのドラゴンに後れを取るようなら、俺達はエターナルには絶対勝てないぜ」カレン「う…で、でも…ちょっと、ユキ、あなたからもこのバカたちに言ってやってよ!」ユキ「…別に。空飛ぶトカゲごとき、私の氷でどうにでもなるわ」カレン「くっ……この脳筋どもーーー!」
エターナルが倒れ、平和が戻って来た世界。ドゥルクは一人憂いに沈んでいた。ウルグロアでロディに誓った言葉。――オレが必ず、お前を守ってやる――オレは誓いを果たせなかった。ロディは消えてしまった。かつての仲間達は皆、別々の道を歩み始めている。オレは、どうする?今の平和は仮初に過ぎない。劫魔節という共通の脅威が去ると、今度は人々はお互いの利権を奪い合って争うようになる。何という愚かな世界。しかし、友が愛し、命懸けで守った世界だ。オレが守ってやる。今度こそ、誓いは果たす。それがオレの贖罪だ。力が必要だった。どんなに強大な敵も、どんなに残酷な運命も跳ね除ける、絶対的な力が。かつて劫魔将に見せられた、おぞましい未来が脳裏にちらついた。だが、もはや構うものか。

コメント (ドゥルク)

新着スレッド(エバーテイル攻略wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる