Gamerch

境界のRINNEと黒猫の魔法使い Story1

最終更新日時 : コメント(0)
黒猫のウィズ×高橋留美子作品 企画
開催期間 2015年6月22日(月)16:00~7月22日(水)15:59

目次


Story1 死神、みたいな……?(初級)

Story2 辿り着いたあの世!(中級)

Story3 心の狭い悪魔(上級)

Story4 美人秘書の思惑(美人級)

最終話 倒せ! お父さん(だまし神級)





story0 プロローグ



「これだけ集めれば十分だにゃ! 見るにゃ! こんなにたくさん!」

ウィズは顔をほころばせ、倒したばかりの金貨のポットをぽんぽんと叩いている。

君も嬉しさを抑えることができない。

これだけあれば、〝依頼人〟も満足してくれるはずだ。

「お金は何をするにも必要になってくるにゃ。」

確かにそうだ。お金の有無によって、心理的状況が左右される。今がまさにそう。

「この金貨で買い物ができたら楽なのににゃ~。」

君はそうだね、と口にする。

君たちが私生活で使うお金と、精霊の強化などに使うゴールドは別物だ。


お金がない――ということに気づいたのは、のことだ。

食料のストックがなく、絶望した。このままでは、一日を乗り切ることすらできない。

だが幸いなことに、偶然、仕事の依頼が舞い込んできた。


だから走った! 極貧生活から脱け出すために――!

依頼を達成すれば、君たちは生き延びることができる!

金貨のポットはほかの魔物と違い、遭遇することは稀だ。だから走った!

駆け出さなければならなかった。金貨のポットを可能な限り多く倒すために!

受けなければならなかった。今日の夕食のために。

『金貨のポットを倒してきてくれれば、その数だけ報酬を渡す』という仕事だ。

そしてこれだけ大量の金貨のポットがあれば、報酬の額はかなりのものになるだろう。

「そういえば最近、魔道士が行方不明になる事件があるらしいにゃ。君も気を引き締めるにゃ。

その言葉に頷いた途端、

集め終えた金貨を落としてしまった。

「……何をしてるにゃ。言ったそばから油断しすぎにゃ。」

君はごめん、と伝えて腰をかがめ、金貨に手を伸ばした。

すると――。

――ごん、と頭に衝撃が走った。

「――ぐッ!?」

君は驚き、金貨から目を離して前を見る。

そこにいたのは――。



TOP↑

story1



「――ぐッ!?」

君の前にいたのは、見慣れない羽織を着た男性だった。

額を押さえているところを見るに、どうやらお互い頭をぶつけあったようだ。

「……おまえ何者だ? おれが見えているのか?」

君が落とした金貨をポケットに入れた男性が、訝しげにこちらを見ている。

「りんね様~! あっちにもこんなに金貨がありました~!」

ウィズより少し小さな黒猫が、大きな声を上げながらこちらに向かってきた。

その後ろに変わった服を着た少女もいる。

「これで借金を帳消しにできますよ、りんね様!」

「にゃ!? 猫が喋ったにゃ!」

「……あなたも喋ってるじゃありませんか。」

ウィズがハッとして少女を見たが、

だが、特に彼女は驚いたふうでもなく、平然とした顔をしている。

ウィズに驚かないなんて……それにこの小さな黒猫の存在。君は不思議に思った。

とはいえ、彼が同じく金貨のポットを倒していた魔道士なら、挨拶をしておくべきだと君は思う。

君は自分の名前を告げ、ウィズのことも紹介した。


 ***


 真宮桜 六道りんね  六文  

おれは六道りんね。まさか同業者がいるとは思わなかった。

私は真宮桜です。こっちが六文ちゃん。

……ところで、ここはどこなんだ?

金貨のポットが現れる穴場みたいな場所にゃ。知らないのかにゃ?

知らないな……おれはただ、「金貨取り放題会場」とだけ聞いてたのだが。

あとはせいぜい、この金貨を換金すればお金になるかも、と。

おかしい。君とウィズは互いに顔を見合わせた。

そもそも換金なんてシステムを、君たちは聞いたことがない。

霊道がどこに繋がっているかまでは聞いていませんでしたね。

そういえば六道くん、それを聞かずに飛び込んじゃったから。

揃って冗談を言っているのかとも思ったが、どうやらそうではないらしい。

ま、待つにゃ。じゃあ、君たちは魔道士じゃないのかにゃ?

おれは……死神、みたいな……おまえもそうなんじゃないのか?

君は違う、首を横に振る。

それにしても死神とは、聞きなれない――。

死神!? キミ、命を狙われてるのかにゃ!?

……死神。そうだ死神! 君はウィズの言葉で我に返り、息を呑んだ。

違う。おれはここに来ただけで、寿命を迎えていない者の命はとらない。

そうですよ! そんな“だまし神”のようなマネ、りんね様は絶対にしません!

ホントかにゃ? 怪しすぎるにゃ。

りんね様、どうやら我々は疑われているみたいですね。

おれたちは怪しい者じゃない。

ますます怪しいにゃ。

剣呑な雰囲気になる君たち。

だが、その間に真宮桜が入り、こう提案する。

霊道を見てもらえば理解してもらえるんじゃ?

ふむ……。

どうするにゃ?

そこまで言うならついていかないわけにも……と君は返答する。

異界と繋がっているのだとしたら、それは無視できないことだ。

おまえたちをあの世に連れて行くわけにはいかないが……。

怪しまれたままじゃ金貨も集められないからな。

よし、行くぞ。


 ***


この先に霊道がある。

君とウィズは、りんねたちに連れられ、〝霊道〟の近くまでやってきた。

そこで、君は違和感のようなものを覚える。

おまえ、何か感じるのか?

魔法使い様というのは、きっと特別な力があるのでしょう。

私、魔法使いなんて初めて見た。意外と普通だね。

……全く物怖じしない子にゃ。もっと反応してくれてもいいにゃ。

ウィズ様は、このようなことに詳しいのですか?

うーん。ちょっと知ってるだけにゃ。

ウィズは六文の問いかけに、曖昧な返答をした。

異界を繋げられるりんねたちのことを、警戒しているのかもしれない。

霊道の先が気になるにゃ。

そこからは、行かせるわけにはいかない。

どうしてにゃ?

生きた人間が来てはならない場所だからだ。

……つまり。

桜は幽霊なのだろうか、と君は聞いてみた。

いえ、私は普通の人間ですけど………。

真宮桜は……色々な事情があって、その、仕方なくだな……。

またまたそんなこと言って~。本当はあの世なんて嘘なんじゃないかにゃ?

ここまで来て信じようとしないなんて、強情な黒猫だな。

怪しく思うのは、君も同じだった。

六道くん、魔法使いさんたちに、霊道を通ってもらったら?

気軽に行き来していい場所じゃないんだ。

しかし、りんね様。怪しまれたままじゃ、金貨集めもはかどりませんよ。

魔法使い様は特別な力を持っているようですし。

むっ……。

りんねが君とウィズを交互に見やる。何か思案しているようだ。

ちょっと覗くだけにゃ。すぐ帰るにゃ。

私たちを連れて行ってくれたら、あとで美味しいものをご馳走するにゃ。

おまえたちは富豪か! しょうがない。少しだけだぞ。普通人間は立ち入れないんだからな。

『美味しいもの』という言葉を聞いた途端、りんねの表情が一変した。

……ご飯につられた。

間違いありません。つられました。

よし、行くぞ! はぐれるんじゃないぞ!

別の異界に行けることを思い、君はワクワクし始めていた。

そうして霊道への一歩を踏み出した瞬間――

君は何かに激突し、視界を塞がれてしまった。

にゃ!?

そこには、風船を持ったきぐるみが立っていた。

――だまし神!?

おまえたちは下がれ――!

何にゃ!?

だまし神という、まだ寿命のある人間を喘してあの世に連れて行く悪い死神です。

そういうことなら簡単にゃ。キミ、りんねに手を貸してちゃちゃっとやっつけるにゃ。

馬鹿を言うな。おまえたちを危ない目に遭わせるわけには――。

りんねこそ何を言ってるにゃ。

ここはクエス=アリアス。自分たちの住む世界を守るのは、当然のことにゃ。

君はウィズの言葉に、大きく頷く。

りんねの言葉を信じるのなら、だまし神というのはこの世界に害をなすかもしれない。

さあ、行くにゃ! キミの力を見せつけるにゃ!


 ***


だまし神を退け、君はりんねに視線を向けた。

……おまえ、かなりやるな。

魔法使いだから、と君は返す。

魔法をこの目で見ることがあるなんて。感動しました。ね、桜さま?

うん、びっくりした。

ふふん、私の弟子なんだから当然にゃ。けど、りんねも相当強いにゃ。

おれはこれが仕事だからな。

ところでだまし神というのは、どうしてここに? 君は疑問を投げかける。

わからない。おれたちをつけてきたのか、別の目的があったのか……。

それなら、やっぱり一度向こうに戻ったほうが……。

ああ、そのようだ。

私たちも行くにゃ。力になれると思うにゃ。

危険だと思ったら、すぐに戻ってもらうぞ。いいな?

……それにまだ美味いものをご馳走してもらってないからな。

君は苦笑して、わかった、と返事をする。

真宮桜、いつかのようにはぐれるなよ。

うん、六文ちゃんも魔法使いさんもいるし、平気だよ。

おれではなく、魔法使いを頼るのか……。

りんね様?

……まあ、いい。さあ、霊道を通るぞ。

りんねに促され、君とウィズはまだ知らない世界への道を踏み出した――。




境界のRINNEと黒猫の魔法使い Story1

境界のRINNEと黒猫の魔法使い Story2

境界のRINNEと黒猫の魔法使い Story3


コメント (境界のRINNEと黒猫の魔法使い Story1に対して)

  • 名前
    ログインしてニックネームで投稿する
  • コメント ※必須 残り300文字
  • 利用規約に同意の上、投稿してください

Goodコメントランキング
注目記事
1/2 2/2
ページトップへ