Gamerch

【アナデン】ノノルド Story

最終更新日時 : コメント(0)
アナザーエデン・キャラクエスト「ノノルド編」
天才を自称するナルシストな科学者。非常に若い外見だが、最近までKMS社に研究者として就業していた。反抗期なのかとても生意気な子供のよう。ありとあらゆる分野に明るく、科学者としては超一流なのだが……。


目次


Story1 君に贈る花

かつての知り合いと再会したノノルド。

何か折り入って頼みがあるようだが……。

Story2

Story3





story1



「……あら?ノノルド?ねえあなたノノルドよね?

「うん?知り合いかノノルド?

「ああ学生時代のね。

「学生時代……?

「久しぶりね。それにしても……あなた変わらないままね。

「そう言うなよ。ボクは割と気に入ってるんだ。

「…………?

「ああごめんなさいね。こんなこと話しても置いてけぼりよね。

……ノノルドこちらの方はあなたのお友達なの?

「フンこいつはアルドただの観察対象だよ。友達じゃない。

「ふふそうよね。昔っから友達なんてあの人だけだものね。

「違う!あいつだって友達じゃない。ただのライバルだよ!

だいたいね友ってのは肩を並べられる存在のことだろう?

この世にボクに比肩する者がそんなにいてたまるもんか。

「そっか……ノノルドって友達少なかったんだな……。

安心しろ!オレはノノルドの事大事な仲間だって思ってるからな!

「おい!何か勘違いしてるだろキミ!?いいかい!?ボクはだねぇ!

「クスッ……その意地っ張りなところ変わらないわね。

そうだ!立ち話もなんだし一緒にお茶でもどうかしら。

「……まあ。しょうがないな。キミが奢るというなら考えるよ。

「よかった!もちろん奢るわ。ちょっと話したいこともあるし。それじゃバーで待ってるわね。


 ***


「それにしても……こうして会うのはいつ以来かしら?

「ボクがKMS社を退社して以来だよ。

「え!?KMS社で働いてたのかその若さで!?

「あら……なるほどね話してなかったんだ?

「フフンまボクは天才だからね。一流企業から引き抜かれるのも自明の理だったのさ。

「私とは研究室が違ったけどノノルドの所はすごい業績だったのよ。

「へえ……とんでもない才能の持ち主なんだな。

「ところで話したいことってのはなんだったんだい?

「あ!そうそう同僚がね研究室に観葉植物を置いたのよ。でねみんなで世話してるんだけど……

私も家で花とか育てたいなーって。だから種とかあったら友達価格で譲ってくれないかな?

「……ぶっ!!

ヒィーヒッヒ!!キミが!花!?

昔っからズボラでだらしないキミが花を育てるぅ!?ヒヒヒ!

「ちょっとぉ!昔の話でしょぉ!?最近は直そうとしてるんだから!

「大体種なんかそこらの店でいくらでも買えるじゃないか?

「あれはクローンでしょ?私はオリジナルの生花がいいの。

でも……ほらクローンじゃないと値段が張るじゃない……?

「フンくだらないことにこだわるね。遺伝子構造は同じなのに。

それにもし譲るとしても正規の価格だ。当然だろう?

…………ふ―ん。そういえば学生時代お昼何回奢らされたかしら?

実験機材ぜーんぶ吹っ飛ばして弁償のお金泣きついてきたのは誰だったっけ~?

私があなたに貸したお金確か全部で………

「どわあああーーーっ!!!蒸し返すんじゃないっ!!

アッアルド!!こんな性悪に関わってもろくなことが無い!早く行こう!

「いやお金は返したほうが……。

「こっこの完全無欠のボクに借金なんて弱みはないんだ!いいね!?

「というか花の種くらい譲ってあげたらいいんじゃないか?

「あのね。今日び天然の花の種は超が五億回つくほどの貴重品なの!!

それにボクに何の得もないだろう!断固拒否するよボクはね!

「そう……じゃクレルヴォに頼もうかしら。

「うん?クレルヴォとも知り合い?

「ええ。私たち三人学生のころ仲良かったのよ。

「……なに?クレルヴォに頼むって?

ふざけないでもらおうっ!あいつに頼むんならボクがやるさっ!

「どうしたんだノノルド急に目の色変えて?

「あいつには……クレルヴォには負けるわけにはいかない!一歩も退くわけにはいかないのさ!

ほら!さっさと花の種を手に入れてこようじゃないか!キミの時代なら手に入るだろ?

「あ、ああ……花の種くらいいくらでも売ってると思うけど………。

「あまり特徴的な花だと生態系を崩すから良<ないがこの女にちょっと渡すくらいなら大丈夫さ!

それにクレルヴォに負けるわけにはいかないからな!!

「やる気だなあ。バルオキーで買ってみるか。

「ようアルド!花を探してんのかい?

「ああ。初心者でも育てやすい花の種とか置いてあるか?

「育てやすいのか。それならヌアルメルキスとかどうだ?‘

「…………。いや。やっぱ種はやめた。……既に咲いている花をもらおう。

「なんでだ?あの女性自分で育てたいって言ってたぞ?

「ヒィーヒッヒ!アルドあの女のズボラっぷりを舐めちゃいけないよ。

研究室に泊まり込むのは日常茶飯事。ひどい時は食事も風呂も忘れるような女だ。

大方無事に花を咲かす前に枯らしてしまうに決まってるさ。

「そうかなあ……。

「それにもっと面白いことを思いついたんだよ。

月影の森に行くよ。あそこでならサンプルが採れるはずだ。

「サンプル?何に使うんだ?

「ヒヒィッボクにかかれば不可能は無い……どう仕掛けてやろうか……!!

「聞いてないな……。とりあえず行ってみるか。


 ***


「す……素晴らしいッ!!やはりキミについてきて正解だッ!

未来では貴重なサンプルがこの時代ならそこら中にある!ああ幸せだぁ!

「ところでさっき言ってた面白いことってなんなんだ?

「うん?いやこれだけの材料があれば何かしら花を改造できると思ってね。

食虫植物にしたり刺激臭のある花粉をばらまいたり……。どれにしようか迷ってしまうよ。

ヒィーヒッヒッヒッッヒ!

「いやがらせじゃないか!

「当然!このボクをコケにしてただで済ますものか!

だいたいねえ……ん?

アルド。あいつは本来この森では見ない種だね?

「ツルリンか?そういえばカレク湿原の魔物だな。

「ふむ。環境適応で何か変化があるかもしれないな……。

あの魔物の体液サンプルをいただくとしよう!

「……いやがらせの手伝いはしないぞ?

「ノンノン!科学の発展に手を貸すと思ってくれたまえ!

「物は言いようだな……はあ。


 ***



「よし。十分な量が採れた。もう行っていいぞ。

「ただでさえ貴重なんだ。倒してしまってはもったいないよ。生かしておけばまた採取できるからね……。

ヒヒッヒヒヒヒ……。

「……笑顔が怖いな。

「さて成分分析っと。……おお!?これは!?

「そんなバカな!?βバルキンに酷似している?

なら手持ちのαアクト酸とβラトローそれにβユニギンと合わせて……。

「……ノノルド?なんかすごい発見でもあったか?

「……ああ!素晴らしいよ!こいつを花にかければ………!

「その薬をかけるとどうなるんだ?

「……完成だ!これでこの花は不老不死になったんだ!

「ふ、不老不死!?そんな薬が作れたのか!?

「ああ。動物には強い副作用があるから使えないが……植物なら大丈夫さ。

これであのズボラ女も枯らさずに飾っておけるだろう?

「す……すごいもん作り出したな。結果的にいやがらせではなくなった……か?

「ヒヒィッ!こいつであの女の鼻を明かしてやろう!


 ***


「あらおかえり!種は手に入ったの?

「……………………。

なっ!!なんでクレルヴォがここにいるんだぁー!?

「そういえばクレルヴォはノノルド達と友達なんだったな。

「ああ。今の研究内容でクレルヴォに相談したいことがあってね。

ついでに花の話を彼にも聞いてもらおうかな~って思ったの。

「~~~っ!ボ、ボクよりクレルヴォをアテにするなんて……。屈辱だ……ううううー!!

「……どうしてそこまで目の敵にするんだ?

「ふふふ学生時代ね。ノノルドはいつもクレルヴォに総合成績で勝てなかったのよ。

「僕は張り合う気は全くなかったのだけれどね。

「くそう!余裕ぶりやがって!ボクはお前なんかよりよっぽど多才なんだぞ!

「ああ。僕の専門外の分野については君の方が優れているよ。

君が時に閃く奇抜な発想は同じ研究者として羨ましくも思う。


「……なんとなく二人の関係がわかったよ。

そんなことよりさノノルド。花を渡すんだろ?

「……フン!そうさこれを見て驚愕するがいい。

不老不死の花!水も光もなくとも咲き続ける永久不滅の花さ!

キミみたいなだらしのない女でも世話をせずに飾っておける!どうだ!すごいだろー!?

「……世話をしなくてもいい花?それは美しさを欠いているね。

「……なに!?どういうことだ!

「……この種を育てるといい。ガーデニング初心者にも育てやすいものだ。

「おい……聞いているのか!?それにそれはクローンの種だろう!

「ああ。だけどそれは問題ではない。君らしく言えば………遺伝子構造は同じだ。

クローンだとかオリジナルだとか花の美しさの本質はそこではないよ。

手塩に掛けて育てる……するとどんな花でも愛を感じて美しくなる。

枯れていくことも含めて共に生きることが美しさの本質だよ。

「そっか……そうね。大事に育てればきっと綺麗に咲いてくれるわよね。

「ああ。だからこそ……ノノルドの花は認められないな。

「な……ん……だと……!?ボクを……認めない!?くそおっ!!

「あ!おいノノルド!


「やれやれ……まるで反抗期だな。

この花は僕が預かろう。不老不死を解く薬を研究しなければいけないからね。

「ごめんねノノルドも良かれと思ってやってくれたのよね?

「ああ……オレからも励ましておくよ。


 ***


「くそっ!くそっ!何が美しさだ!そんな数値化できないもので何がわかるっていうんだ!

くそっ……!くそおっ……!何でっ……!

何でボクは……言い返せないんだ……!」




TOP↑

story2



TOP↑

story3




アナデン mark

コメント (【アナデン】ノノルド Storyに対して)

注目記事
ページトップへ