Gamerch

未知との遭遇が待ち受ける新作タイトル2作品を紹介!

投稿日時: 著者:円卓のゲーム脳

未知の惑星でのサバイバルを楽しめる新作タイトル「Returnal(リターナル)」&「Subnautica: Below Zero(サブノーティカ: ビロウ ゼロ)」の魅力を紹介しています。

未知の惑星で待ち受ける困難を乗り越えよう

今回紹介する「Returnal」や「Subnautica: Below Zero」は未知の惑星を舞台にした新作タイトルとなっています。ゲーム自体の面白さだけでなく、コズミックホラー的な怖さも味わえるので、じわりじわりと感じる不気味さを体験したい方はぜひプレイしてみましょう!

Returnal

タイトルReturnal(リターナル)
ジャンルTPSシューティング
対応機種PS5
リリース日2021年4月30日~ 発売中
公式サイトhttps://www.playstation.com/ja-jp/games/returnal/

高難易度で手ごたえを感じられる戦闘

「Returnal」は最近のゲームのなかでは、戦闘の難易度が高めに設定されています。ボスの攻撃などは数発当たっただけで簡単に倒されてしまうので、操作に不慣れな序盤は死にゲーと言われる「SEKIRO」や「DARK SOULS」シリーズ並みに死ぬことになりがちです。


また、死亡してしまうと体力や武器、熟練度を失い、ループの初めとなるスタート地点からやり直しです。再スタートという点に関しては、シビアな作品となっています。


上記の理由から、本作のクリアには自身の腕を磨くことが非常に重要です。この部分が、本作は非常に良くできており、敵の攻撃に対してどう立ち回るのが正解なのかわかるとさっきまでの苦戦が嘘のように敵を倒せるようになっていきます。苦戦していた敵を簡単に倒せるようになった時の達成感は計り知れません。


さらに、死亡するとスタート地点からになりますが、武器および武器パークのアンロック、蘇生装置に使うエーテルの所持数などが引き継がれます。そういった要素をしっかり意識しておくことで再スタート時は前回よりもきちんと楽になるように工夫されており、高難易度のゲームでありながら何度もプレイしたくなる作品となっています。


エイリアンやクトゥルフ的な要素も……

本作はTPSシューティングということもあって基本的にドンパチを楽しむゲームですが、物語を進めると宇宙人の得体の知れないテクノロジーが所々で登場したり、SAN値が削られそうな演出があったりします。そういった要素が好きな人にもおすすめの世界観となっています。

Subnautica: Below Zero

タイトルSubnautica: Below Zero
(サブノーティカ: ビロウ ゼロ)
ジャンルオープンワールドサバイバル
対応機種PS5/PS4
Switch
リリース日2021年5月14日~ 発売予定
公式サイトhttps://subnautica.bn-ent.net/

深海探索オープンワールドの金字塔

「Subnautica: Below Zero」はシリーズ2作目となる作品です。前作「Subnautica」は、深海探索のオープンワールドゲームとして高い評価を得た作品となっています。


今作においても海中の探索やサバイバルといった要素は引き継がれており、過酷な環境下で生き残ることができるかどうかが試されます。

深海を探索する怖さ再び……!


※上記の画像は前作のものです。

本シリーズの魅力のひとつは深海の探索です。日の当たらない海中をわずかな明かりで探索することの心細さ、突然現れる未知の生物などは、人によってホラーゲームよりも苦手と感じるほどの怖さとなっています。深海で未知との遭遇を味わってみたい人にとってはおすすめの作品です。

氷漬けになった巨大なモンスターも?

本作では、水中だけでなく地上においても未知の脅威が待ち受けているようです。現在公開されているPVでは巨大な洞窟らしき場所で氷漬けになっている巨大な生物の姿が映っています。この生物が物語にどのように登場するのかも気になるところです。



画像引用元:

https://www.playstation.com/ja-jp/games/returnal/

https://subnautica.bn-ent.net/

コメント (未知との遭遇が待ち受ける新作タイトル2作品を紹介!)

トップへ
0

最新トピックス

トピックスの一覧はこちら
最近見た攻略Wiki
注目記事