Gamerch

【遊戯王デュエルリンクス】バトルフェイズの詳しいルール

最終更新日時 : コメント(0)

バトルフェイズの詳細

バトルフェイズはフィールド上のモンスターカードを使って戦闘を行うフェイズです。このフェイズはさらに「ステップ」に区切られており、定められた順位によって進められます。

バトルフェイズは必ず行わなければならないフェイズではありません。フィールド上にモンスターがいる場合でも、プレイヤーの判断でバトルフェイズを行わずにエンドフェイズへと進めることが出来ます。

バトルフェイズの流れ

バトルフェイズは4つのステップに区切れらており、画像のような順番で進められます。バトルステップとダメージステップは、可能な限り繰り返すことができます。

▲ページ上部へ戻る

1.スタートステップ

バトルフェイズに入るための宣言を行うステップです。
プレイヤーはバトルフェイズに入る場合「バトルフェイズに入ります」と宣言しましょう。
ただし、先行プレイヤーの第1ターンだけは、ルール上バトルフェイズを行うことができません。
第2ターンの高校プレイヤーから行うことが可能になります。

▲ページ上部へ戻る

2.バトルステップ

自分フィールド上に表側攻撃表示モンスターの中から、攻撃させたいモンスターを1体と、攻撃目標となる相手モンスター1体を選んで攻撃宣言します。

相手モンスターがいない場合は、相手プレイヤーを直接攻撃することが可能です。

宣言が終了するとダメージステップに移行します。ダメージステップが終了すると再びバトルステップに戻り、上記の順を可能な限り繰り返します。

ただし、攻撃は基本的にモンスター1体につき1度までです。

▲ページ上部へ戻る

3.ダメージステップ

ダメージ計算を行い、先頭結果を導き出すステップです。

ダメージステップが終了すると再びバトルステップに戻ります。

ダメージステップでは戦闘ダメージの計算や、先頭によるモンスターの破壊、戦闘を行うことで発動する効果など、様々な処理が行われます。

その処理を円滑に行うため、ダメージステップはさらに5つの段階を経て進行します。

▲ページ上部へ戻る

1.ダメージステップ開始時

ダメージステップが開始します。

(裏側表示モンスターに攻撃している場合、この時点ではそのモンスターは表側表示にはなりません。)

<発動できるカード等について>

基本的に「ダメージステップ時」に発動できる効果と、モンスターの攻撃力・守備力を増減させる効果(収縮、オネスト等)、カウンター罠以外は発動できません。

一刀両断侍」「ミスティック・ソードマンLv2」等、一部のカード効果は、このタイミングで発動し、処理が行われます。

▲ページ上部へ戻る

2.ダメージ計算前

裏側表示モンスターに攻撃している場合、ここでそのモンスターをリバースして表側表示にします。

(なお、その表側表示にしたモンスターの「このカードがリバースした場合」の効果はここでは処理しません。「ダメージ計算後」に発動し、処理を行います。)

お互いにカードの発動や効果の処理が終わったら、ダメージ計算へと進みます。

<発動できるカード等について>

裏側表示モンスターが表側表示になった後、モンスターの効果速攻魔法・罠カードの効果を発動できますが、基本的に「ダメージステップ時」「ダメージステップ計算前」に発動できる効果と、モンスターの攻撃力・守備力を増減させる効果(収縮、オネスト等)、カウンター罠以外は発動できません。

「ライトロード・モンク エイリン」「ドリルロイド」等、一部のカードの効果は、このタイミングにて発動し、処理が行われます。

▲ページ上部へ戻る

3.ダメージ計算時

実際のダメージ計算に入ります。

その戦闘の結果によって、先頭ダメージによるライフポイントの減少やモンスターの破壊が決定されます。

(この時点では先頭の破壊が決まったモンスターは墓地へ送られません。「ダメージステップ終了時」にて墓地へ送られることになります。)

なお、一部のカードでについてはこのタイミングにて発動できるものがありますが、基本的に、実際のダメージ計算を行う前に発動及び処理を完了させてから、ダメージ計算を行う事になります。

<発動できるカード等について>

基本的に「ダメージ計算時」に発動できる効果と、カウンター罠以外は発動できません、「クリボー」「お注射天使リリー」「ガード・ブロック」等、一部カードの効果は、このタイミングにて発動し、処置が行われます。

▲ページ上部へ戻る

4.ダメージ計算後

戦闘が行われた事によって発動する様々なカードの効果処理を行います。

「ダメージ計算前」にて裏側表示モンスターが表側表示になっている場合、そのモンスターの「このカードがリバースした場合」の効果はここで処理します。

<発動できるカード等について>

「戦闘ダメージを与えた時」の効果「戦闘を行った時」の効果(異次元の戦士、異次元の女戦士等)…に代表される戦闘が行われる事によって発動条件を満たしているカードのお効果の発動や処理をチェーンにて処理します。

チェーンの組み方のルールに則って、ターンプレイヤーの効果から順にチェーンを組んでいきます。

基本的に、その他のカードはカウンター罠以外では発動できません。

▲ページ上部へ戻る

5.ダメージステップ終了時

戦闘によって破壊が確定したモンスターを墓地へ送り、ダメージステップを終了します。

<発動できるカード等について>

「このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時」の効果(巨大ネズミ等)…に代表される戦闘で破壊されたモンスターが墓地へ送られた事によって発動条件を満たしているカードの効果お発動や処理をチェーンにて処理します。チェーンの組み方のルールに則って、ターンプレイヤーの効果から順にチェーンを組んでいきます。基本的に、その他のカードはカウンター罠以外は発動できません。

4.エンドステップ

バトルステップとダメージステップを繰り返し、攻撃させたいモンスターがいなくなったらエンドステップに入ります。

「バトルフェイズを終了します」と相手に宣言し、バトルフェイズを終了します。

▲ページ上部へ戻る

バトルフェイズの「巻き戻し」

バトルステップにおいて、攻撃モンスターと攻撃目標モンスターを宣言後、カードの効果などによって攻撃目標がいなくなったり、新たなモンスターが出現する場合があります。

この時「巻き戻し」が発生します。ターンプレイヤーは、攻撃目標を新たに選び直す事ができます。そのモンスターの攻撃事態を取りやめることもできますが、そのターンでは同じモンスターで再度攻撃をすることができなくなるので注意してください。

戦闘終了時(ダメージステップ)の注意点

ダメージ計算の処理を優先的に行うダメージステップでは、カードの発動制限が存在し、効果の処理タイミングも通常とは違うので注意してください。

■カード発動条件

ダメージステップでは、基本的にモンスターの攻撃力・守備力を増減させる効果を持つカードと、カウンター罠以外は発動する事ができません。

またこれらのカードが発動できるのは、ダメージステップが始まり、ダメージ計算が始まるまでの間です。

■裏側表示のモンスターへの攻撃

裏側表示のモンスターを攻撃した場合、ダメージステップでそのモンスターをリバースし表側表示にします。

その後、そのモンスターの守備力を確認しダメージ計算に移ります。

リバースした場合に発動するモンスターの効果

攻撃された裏側守備表示のモンスターが『このカードがリバースした場合』に発動できる効果を持つ場合、その効果の発動と処理はダメージ計算を行った後になります。この時、フィールドのモンスターを対象として発動する効果だった場合には、ダメージ計計算によって破壊が確定したモンスターを対象とする事はできません。

▲ページ上部へ戻る

その他注目記事

コメント (バトルフェイズの詳しいルールに対して)

注目記事
ページトップへ