Gamerch

【プロスピ2019】ペナントレースの育成と成長

最終更新日時 :
1人が閲覧中

プロスピ2019(プロ野球スピリッツ2019、プロスピ2019 PS4)のペナントレースの育成と成長についてまとめています。おもに、選手の能力の成長についての解説、成長期を含む成長率、練習、育成方針、試合による成長について掲載しています。

ペナントレース・選手の能力と育成について

能力の成長について

  • 各選手には、成長タイプが設定されており、成長期の年齢が異なる。
  • 成長は「基礎能力」と「特殊能力」に影響する。
  • 成長は「基本練習」「特別練習」「コーチ専用練習」「試合」などで促すことができる。

ペナント・監督、コーチ、スカウトついて

  • 成長できる能力は、各選手に「上限」が設けられている。上限に達した能力は、成長期であってもそれ以後成長しない。
  • 能力の上限は「限界突破」により上乗せすることができる。

ペナント・覚醒と限界突破について>

成長期別・能力の昇降

  • 成長期:基礎能力、特殊能力の経験値、両方が伸びる
  • 全盛期:基礎能力は伸びず、特殊能力の経験値は上昇する。
  • 衰退期:パワー、走力、肩力を中心に低下していく。

◆成長率別の成長年齢

成長率成長期全盛期衰退期
早熟18~27歳28~31歳32~45歳
普通18~30歳31~34歳35~45歳
晩成18~32歳33~36歳37~45歳
超晩成18~34歳35~38歳39~45歳
極端18~29歳30~34歳35~45歳
二段階・18~27歳
・29~30歳
・28歳
・31~33歳
34~45歳

練習について

  • 練習は「采配」→「練習設定」で設定することができる。
  • 練習には、基礎能力を伸ばす「基本練習」と、特殊能力経験値を上昇させる「特別練習」がある。
  • 経験値の上昇は「↑」で示される。矢印が太いほど大きく上昇している。
  • ↑(赤矢印)」は通常の上昇値、「(黄色矢印)」はコーチなどの影響で付与されている上昇値。
  • コーチの育成力、分析力のいずれかがSの場合、能力タイプと成長タイプを変更できる特別練習を行うことができる。

育成方針の効果と選手枠

  • 育成方針は「采配」→「育成方針決定」で選ぶことができる。
  • 対象となる選手は「★250以下、かつ成長期」の選手に限り、中堅以上の選手には設定することができない。
育成方針効果枠数
先発
ローテーション
スタミナ、疲労回復3
中継ぎ・抑え球速、疲労回復2
トップバッター対ミート右.左
走力、疲労回復
1
クリーンナップパワー、疲労回復1
正捕手捕手リード、疲労回復
捕手の守備適性、肩力
1
レギュラー捕手リード以外の能力2
守備
スペシャリスト
スローイング
守備適性、疲労回復
補球、肩力
1
走塁
スペシャリスト
走力、回復1

試合出場による成長について

  • 試合で経験値を得られるのは、「成長期の日本人選手」のみ。
  • 以下の条件を満たしている選手は、試合で「練習設定」している経験値を入手吸うことができる。

◆試合経験値入手条件

22歳以下
23~25歳で★評価300以下
野手の場合、安打を記録する
先発投手で5イニング以上投げ、防御率4.50以下
リリーフ投手の時2/3イニング以上投げ自責点0
または1回3/2イニング以上投げ自責点1以下

おすすめの記事リンク


コメント (【プロスピ2019】ペナントレースの育成と成長)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ