Gamerch

【白猫】ノブナガ・思い出

最終更新日時 :
1人が閲覧中
天下の大うつけ
ノブナガ・D・オダ
<敗北のルーン>を手にした備兵隊長。
敗北を気合で捻じ曲げる。
2016/02/24




TOP↑

思い出1



<謎の男が、不気味な輝きのルーンを握り締めている。>

zははは!……やってくれたのう!クソ忌々しい<闇>どもがぁ!

残念じゃったのう!!あれしきの敗北など、毛ほどもこたえんわぁ!!ふあーっははははっ!!

<敗北のルーン>よぉ!!ワシを負かしたければぁ!!もっともっときばらんかい!!

おーぅ!?何をみとるんじゃボンっ!!

うっ……何なのこのプレッシャーはぁ!!

主人公!!気をつけて!!

だ、だめっ……コイツには勝てないわぁ!!もうおしまいよぉ!!

zおや?びっくりさせちゃったかな?

え、えええっ!?

zおじさんはノブナカっていうんだ。すまないねえ。いきなり押しかけちゃって。

こ……怖い人じゃないの?

zもちろんだよ。ところで君たち、<闇>について詳しいって聞いたけど、本当かな?

はい……少しだけ……

zじつはおじさん、<闇>に困まっていてね。

君たちの力を借りたいと思って、この島に来たんだよ。

そ、そうだったのね……!ごめんね、そういう人だと思わなかったから……

zこちらこそごめんね、猫ちゃん。おじさんは怖い人だって思われがちなんだ。

<その時、ノブナガの肩のドクロが不気味に光った。>

な、なにそれ!!

zああ、このドクロには通信機が入っているんだよ。

なんでそんなとこに……

zもしもし~。おう、サルか。ワシになぁ~んの用じゃぁ!!

ほぉーう。さよかさよか…………で!!サルゥ!!おんしは今まで、何をしてくさったんじゃあ!こぉのボケザルがああああ!!

何よこの豹変ぶりっ!!

zワァ~シが戻る前に!合戦のしつらえをぅ!整えておかんかぁい!

イヤー!!自分が怒られてるんじゃないのに怖いー!!

zごめんね猫ちゃん。話の続きは、後でね?




TOP↑

思い出2



zへえ、おじさんも<闇>と戦っているのね……

あらゆるものを取り込み、憎しみと欲望の虜にする何か。

<闇>はおじさんにとって、商売敵なんたよ。

どういうことですか?

zおじさんはなんていうか、平和をつくる仕事をしているんだ。

まあ素敵。俗にいう何て仕事?

z傭兵だね。おじさんは傭兵団の団長さんなんだよ?

それって戦争をする人たちでしょ。どこが平和なのよ。

zそれは違うよ猫ちゃん。確かにおじさんたち傭兵がいるから、戦争が酷くなるって意見もある。

その通りなんじゃないの?

zおじさんたちは戦争のプロだ。だから、何をしたらいいか、何をしなくていいかを知っている。

何をしなくていいか……

z戦争はただの殺し合いじゃない。ルールのある殺し合いなんだ。素人さんはそれがわかってない。

ルール、ね……

zおじさんたちが介入すれぱ、戦争はより早く終わる。苦しむ人が滅る。

じゃあ、闇が商売敵っていうのは、どういうことなんです?

z闇相手の戦は、儲からんのじゃあ!

エッ!?

z傭兵団っちゅうのはのう!敵からゼニをさらってナンボじゃ!

そこをあのクズども、兵糧もゼニもなく戦を始めよる!ワシはとこからゼニをさらえばええのじゃあ!

ノブナガ、怖い!怖いわ!

zご、ごめんね猫ちゃん……おじさんエキサイトしちゃったよ。

おじさんはやっぱり怖い人よ!

z怖くなぁーい!!

ひーん!!



TOP↑

思い出3



zやあってくれたのう!やあってくれたのう!のう!!

どうしたんですか、ノブナガさん。

z戦に負けたんじゃ……そのあとドッグレースでも負けた……カジノでも負けた……

このおじさん……運か悪いの?

z<敗北のルーン>よう!!さんざん負かしてくれたのう!じゃか今度もワシの勝ちじゃぁ!!

のぉうボン!!気持ちで勝っとればええのじゃ!

怖いっていってるでしょ!!

zご、ごめんね猫ちゃん……

ノブナガさん、そのルーンは……

zああ。これは<敗北のルーン>っていうてね?その名の通り、あらゆる物を敗北させるんだよ。

ふーん……?って、ええええっ!?なにそれ!?

どうしてそんなルーンを!?

zあきらめないためさ。このルーンのおかげで、おじさんの島の人はみんな負け犬になっていた。

あきらめない、ため……

zどうせ自分はダメだ。敗北のルーンのおかげでダメだ。勝てなくてもしょうがない。

まっくらくらな話ね。

zおじさんもそうだった。生まれたときから負け犬だって、ずっと思っていた。

でもね……

おかしいじゃろうがああ!!生まれた時から負け犬じゃと!!そんなこと誰が決めたんじゃあ!!

でも、かならす負けるんじゃ、しょうかないんじゃ。

zそうだね。このルーンは持つ者の心を折り、運命そのものを敗北へいざなう。

じゃかのう!!それかなんじゃああ!!

気合があれば、どんな<敗北>も乗り越えられる。おじさんはそう思うんだ。

そんなの捨てちゃいなさいよ!

zそのほうかいいかもしれないね。でもきっと、敗北だってこの世に必要なものなんだ。

そうかもだけどさ……アンタは、無事なわけ?

z無事だよ。それどころかルーンの力を捻じ曲げて、自分の力にしてるくらいさ。

ルーンの力を?そんなことかできるんですか?

z出来なかったら、とっくにおじさんは<負けて>いるさ。

ルーンも酷いけと、アンタもたいがいね……

zおじさんは、負けることは別に恥ずかしくないって思うんだよ。

負けるにきまってる……負けてもしょうかないと……そう思うのが……!

一番の恥じゃあ!!



TOP↑

思い出4



<とある鳥の震辺で、ノブナガと主人公は釣りをしていた。>


zボン、またアタリか。

イキのいいアジじゃのう。じゃが……

見とれぇ!!ワァシがもっとデカイのを釣ってやるわい!


しっかし……道具も餌も同じでどうしてこうなるんじゃ!

わーっとるわい!!この<敗北のルーン>のせいじゃあ!

じゃがのう!敗北なんぞなあ、食い破ってナンボじゃあ!

<ノブナガの釣り糸が引いている。>

見いたかぁボン!そりゃああ!!

!?

<とんでもなく巨大なサメが吊り上げられた!>

zぬおおう!?

<サメはノブナガを飲み込んで海中に沈んだ。>

!<どうしよう!>

zうおおおお!!

<サメを担ぎながら、ノブナガが海中から復活した!>

zぬあーっはっはっはっ!!これしきでくたばりゃせんわー!

見ろやボン!大物じゃあああ!!

<その時頭上から巨大なガルーダが!>

ぬおっ!?

<ガルーダはサメとノブナガを巨大な爪でつかみとり、飛び去った!>

zおーどれりゃああああ!!



TOP↑

思い出5



zワシは……ワシは敗れたのか……

ハッ……なるほとここが世に聞く冥府魔道かのぅ。まあっこと負け犬には、ふさわしい場所じゃのう!

わかっておったともよ。どんなに粋がっても、最後はこうなるんじゃ。

ノブナガ!!しっかりしなさい!!ノブナガ――!!

z化天のうちを……比ぶれば……おおおぅボン!アイリスちゃんに猫ちゃん!

急に帰ってきたと思ったら、ばったり倒れちゃって……

zそうだったのか。心配かけたねぇ。

どうしたのよ、ノブナガ。

zおじさん、裏切られちゃった。

何か、あったんですか?

zおじさんの義理の弟が、闇にとりつかれちゃってね。

義理の弟さん……?

zおじさんの妹の旦那さんだよ。こんなことになるなんてねぇ。

で、アンタどうしたのよ。

zやっつけたよ。……それしかなかったんだ。

みんなに……お願いがあるんだ。

何ですか……?

zおじさんは、義理の弟を倒して、妹を助け出した。でも……

おじさんの妹も、<闇>に……取りつかれてたんだ。グッ……!

ゴハァ!!

<ノブナガは血を吐いた!>

どうしたのよノブナガ!

z<敗北のルーン>を使った反動さ。力を使いすぎたらしいね。

なんでそんな無茶を!

zおじさんの妹は……ずっと、負け犬の妹なんて呼ばれてたのさ。でもあいつは……

負け犬と笑われたおじさんの……たった一人の味方だった……

許せなかったのさ。ようやくあいつは、幸せになれたはずなのに……

ノブナガ……!

zどうかあいつを……妹を、助けてやってくれないかな。

わかりました。絶対助けます。だから、ノブナガさんは休んで!

zワァシの命なぞ、どうでもええのじゃあ!!

よくないわよ!何考えてんのよこのバカ!

zククク……うつけといわれるのも、ひさしぶりじゃのう!!

わぁしはうつけでもバカでも負け犬でもええ!!じゃがあいつは!

幸せでなければならんのじゃあ!!



TOP↑

思い出6



zヌゥオオオオウ!?おおおいボンっ!!なんじゃあこの光はぁー!!

何ちゅう光じゃあ……こいつがルーンの光かのぅ!

<ノブナガの手にした敗北のルーンも、不気味に輝きだす!>

zおおぅ!?<敗北のルーン>!おんしも本気かあ!!

<激しい光が弾け、ノブナガの体を包み込む!>

zぐおおおらああぁー!!

の、ノブナガ……?

z人間五十年……化天のうちを比ぶれば……

z夢幻の、ごとくなりけり……!!

ノブナガさん、大丈夫なんですか!

zああ、大丈夫だよアイリスちゃん。心配かけちゃったねえ。

今のって……

z<敗北のルーン>がおじさんを負かそうとしたんだよ。

zおんしのせいではない。気ぃにするなぁ。ボンよ。

こんなことになるとは……

今さらルーンに負かされなくても、おじさんの人生は負け続けさ。

でもアンタ、勝ちたいんでしょ?

z負けたくないんだ。それだけだよ。

ノブナガさん、妹さんを助けにいきましょう!

zありがとう、アイリスちゃん。そして……

世話になったのぅ!ボンよぅ!!

<ノブナガは主人公の肩を叩いた!>

zこのノブナガの生涯は、百戦百敗泥まみれ……だがそれがなんじゃあ!!

泥の中にも、咲く花はあるのじゃ!こぉれこそワァシの!天下布武よ!


織田信長 白猫ver


第六天魔王 ノブナガ・D・オダ




コメント (ノブナガ・思い出)

新着スレッド(白黒wiki)

注目記事
ページトップへ