Gamerch

チヨ・思い出 【白猫プロジェクト】

最終更新日時 :

ストーリーまとめ


折り鶴少女
チヨ・ミドウ CV:伊瀬菜莉也
折り紙が大好きな少女。
願いを届ける鶴を日々折り続けている。


思い出1


君も折り鶴にしてあげようか?

はい、いきなりこわい!


どこからともなく一羽の折り鶴がひらひらと飛んでくると、女の子の手のひらにとまった。


わあ、すごくきれいな折り鶴ね。

ちっちゃい頃からずっと折ってきたからね。目をつむったままでも作れちゃうよ。

あたし、チヨっていうの。これからよろしくね。スキあらば折りたたんであげるからね。


ぎにゃー!!

チヨちゃんは折り紙が大好きなのね。

うん。なんでも折れるよ。例えば――


チヨは白い折り紙を取り出すと、慣れた手つきで折り始めた。すると――!

あっという間に、一匹の子猫が出来上がった!


す、すごー!手品みたい!

そう、そうなの。折り紙はすごいの。

一枚の紙だったものが、別のなにかに変わる。願いを込めて折っていけば、さらに特別なものになる。

折り鶴は、もっともっと特別。誰かを支えたい、救いたい、寄り添いたい――

そんな、あたたかい祈りそのものなの。

だからね、あたしは島を出てきたの、大切な人を想う気持ちを応援したくって。

優しいのねえ……たまにドクゼツになるのはナゾだけど。


さっき折り鶴を飛ばしてたけど、あれは……?

あれはね、あたしの生まれつきの能力。

願いを込めたものを動かすことができるの。


チヨは手のひらに乗っている子猫をトコトコと歩かせた。


そんなわけで、これからお世話になるね。

折って折って折りまくるからね。――色々と。

だからコワーイ!


TOP↑

思い出2



ねえねえ、チヨ。お願いがあるんだけど。

折りたたまれたいの?

ちがわい!


チヨちゃんに、折り紙を教えてほしいなと思って。

アンタが折り鶴を飛ばすのを見てたら、キョーミがわいてきちゃってさ。

もちろんいいよ。そのためにここに来たわけでもあるし。


チヨは色とりどりの折り紙を取り出した。


キレイな折り紙ね~。さ、なにをつくる?

折り鶴は、たぶん作ったことあるよね。

そうね……じゃあ、わりと簡単なもので――


いまを必死に生きてはきたが、ふと足を止めて振り返ると

その残酷な時の速さが己を思いもよらぬ場所へと連れてきたのだ

――ということを悟った星たぬき。


重いわ!ていうかカンタンなのそれ!?

――のお母さん星たぬき。

おかあさんかーい!


さ、はじめるよ。――覚悟はいい?

か、覚悟……?



 ***



違う。そこは折りすじをつけない。……そう、そこで外側に……違う!

立体感が足りない!もう一度折りなおして。

は、はい!


……主人公。耳がない星たぬきになってるよ!

!!


ぎにゃ……ぎにゃ……

キャトラ、折り紙がくちゃくちゃだよ!

君はなにを作っているの?人間のおばあちゃん?

違うよね? 星たぬきだよね?『いまを必死に生きてはきたが――


だ、だってえ! アタシの手じゃムズすぎるんだもん!もっとカンタンだと思ってた!

折り紙をなめちゃだめだよ。とっても奥が深いんだから。

あきらめたら君を折り鶴にしちゃうからね?

ワーー!!


 ***


チヨのスパルタ指導の甲斐があり――


いまを必死に生きてはきたが、ふと足を止めて振り返ると

その残酷な時の速さが己を思いもよらぬ場所へと連れてきたのだ

ということを悟った星たぬき――

の母親が完成した!


おつかれさま。みんな、よくがんばったよ。

ほんとうにつかれた!!

厳しくしたのは、みんながついてこれると思ったからだよ。

……厳しすぎたかな?……ごめんね。


ううん。とっても楽しかったよ、チヨちゃん。

そーね。手先のきよーさのナニカが目覚めそうだわ。

……そう?ふふっ、よかったあ。


TOP↑

思い出3


今日は、みんなで折り鶴を作りましょう。

わからないところがあったら何度でも教えるから、遠慮なく聞いてね。


 子供たち 

「「「はーい!!」」」


チヨは街の子どもたちのために、折り紙教室を開いていた。


ここを、こんな風に折るの。そうしたら、フクロを開いて……

うーん……むずかしいよお……

大丈夫。あせらず、ゆっくりやろう?

おねえちゃん、ここはどーやるの?

あたしがやるのをよく見ててね。……こうして……こう……


子供たちにはこんせつてーねいに教えるのね。


 ***


じゃあ、今日はこれでおしまい。今度は星たぬきを作ろうね。

ありがとーございましたー!

…………

……?どうしたの? 元気がないね。


……おかあさん、病気なの。

……病気?

ずっと、病院でねているの……

だから、折り鶴を?

うん……はやく、元気になってほしくて……


…………じゃあ、千羽鶴、作ってみよっか?

……せんばづる?

1000羽の折り鶴を作るの。

すごく大変だけど……その分、願いがたくさん込められるんだよ。

お母さんも、きっと元気になる。


……できるかな……

アタシたちも手伝うわよ!

それに、なんてったってチヨがいるんだしね。


でもね、大事なのは、君が一番頑張ること。

願いを込めながら、一羽一羽ていねいに折っていくの。……できる?

……うん!がんばってみる!


こうして、主人公たちの千羽鶴づくりがはじまった。


TOP↑

思い出4



おかあさんが、元気に、なりますよう……に

できた~!!これで、はちこめ~!


うん、上出来。飲み込みが早いよ。

……それにしても、やっぱりチヨちゃんはすごいね。

あっちゅーまに、折り鶴の山ができてるもんね……


その間にもまた一羽、チヨの手により鶴が折られる。……魔法のような手際だ。


チヨはさ、なんでそんなに折り紙が好きになったの?

両親がね、ちっちゃい時からよく折り紙を買ってくれたの。

お金があんまりない家でね。あたしが退屈しないように、って。そのおかげたね。

両親っていっても、血はつながってないんだけど。

あたしはね。<ミドウ>の家の人間なの。

ミドウ?

クジョウっていう島で、古くから続いている家柄なの。不思議な力を持つ一族でね。

前にいってた、願いを込めたものを動かすことができるって能力ね?

うん。……私はね。<ミドウ>の本家で生まれてすぐに、縁を切られたの。

理由はわかんない。……それでね、アオイの島っていう所にいる分家の夫婦に引き取られて育ったの。

……本当の子どもじゃないのに、二人はあたしをすごく可愛がってくれてね。

だから血はつなかっていなくても、あたしにとっては二人が本当の両親だし、生まれかどうとか全然気にならないし、気にしないの。

前を向いて生きなきゃね。


……強いのね、チヨちゃん。

…………


女の子は、やたら新しい折り紙を取り出すと、鶴を折り始めた。


できた!……はいこれ、お姉ちゃんに。

……あたしに?

よくわかんないんだけど……お姉ちゃんに、願いをこめて、おりたくなったの。

……ありがとう。


さ、もう暗くなるから。今日はこれでおしまいにしましょう。

はーい!!また明日ねー!!


さて、それじゃ……

私たちはもうひと頑張りしましょうか。


みんな、無理はしないでね。

疲れたら、折りたたんであげるから。


ぎにゃー!!

TOP↑

思い出5



千羽鶴づくりは、佳境を迎えていた。


うふふ、もうすぐかんせーだね!

アンタ、折るのがすっかりうまくなったわねえ。

折るスピードも、すごく早くなったね。

でもね、ちゃんと一羽ずつ、願いをこめながらおってるよ!

えらい、えらい。


あ、いたいた!ちょっと、大変なのよ!お母さんの具合が……

えっ……

いますぐ病院に来てちょうだい!

おかあさん……!


千羽鶴はあたしたちにまかせて、はやく……!

う、うん……!


…………そんな……

チヨちゃん、きっと大丈夫だから。

……やだよ……あたしとおなじ思いなんか……させたくないよ……

チヨ?


……5歳の時にね……仲がよかった年上の男の子が、病気になったの……

あたしはその時に、鶴の折り方を覚えたの。そして、男の子が元気になるように、千羽鶴を作った……

一人で作るのはとても大変だった。

でも、男の子のためを思うと、いくらでも頑張れたの。いくらでも、願いを込めて折ることができた。

でもね……男の子は、死んじゃった。

そんな……


あたしは思った。死んじゃったのは、きっと自分の折り方がヘタだったからだって。

――願いが、足りなかったからだって。


チヨ、わるいほうにかんがえちゃダメ。

アタシたちや、アンタ、そしてなによりあの子が、たくさんの<願い>をこめて千羽鶴を作ったでしょ?

わかってるよ、キャトラ。わかってる……けどね……


……それからしばらくして……


……かんせいしたわね、千羽鶴。

…………


TOP↑

思い出6 (友情覚醒)



ルーンの光が、千羽鶴を優しく包み込んだ……


これは……主人公の<願い>……?


チヨは千羽鶴に手を当て、そっと目を閉じた。

アイリスとキャトラ、主人公もそれにならう。


みんなの想いが……そしてあの子の想いが、あたしに流れこんできたよ。

あったかかった。とっても、あったかかった……



みんなー!!

あのね、おかあさん、たいじょうぶだって!

ちょっと、かぜをひいただけだって……!

あしたになれば、ねつもさがるって!

よかった……!


でも……またしばらくは、病院にいなくちゃいけないんだって……

……そうなの……

……ねえ、顔をあげて?君に渡さなくちゃいけないものがあるんだから。


チヨは、出来上がった千羽鶴を女の子へと差し出した。


あ……せんばづる……

無事に……できたよ。

あたしと、みんなと、そしてなによりも、君の祈りが詰まった千羽鶴。

きっと、お母さんは元気になる。

 

女の子は、千羽鶴を受け取る。


……あたたかい……これが……みんなの想い……

わたしの、想い……

ありがとう……!ありがとね……!


行きましょう、病院に。私たちも、ごあいさつしなきゃ。



 ***



「…………」


「……なあ、チヨ。」

「……なあに?」

「オレはさ、チヨに、そんな暗い顔をしてほしくないんだ。」

「……うん……ごめんね……」


「……チヨには、明るくいてほしい。」

「……あかるく?」

「うん。だってその方が、絶対に楽しい。」

『早く元気になれよ。じゃないとお前も折り鶴にするぞ』ぐらい言ってくれた方がいいって。」


「…………お……

……き、きみも、おりづるにしてあげようか?」

「ふふ、……その調子……」



「……チヨ。

強く、生きるんだぞ。」


 ***


「……チヨちゃん。あの子がね、机の引き出しにこれをしまっていたの。

チヨちゃんへの、贈り物。あなたに隠れて折っていたんでしょうね。

……あの子はもう、戻ってはこないけれど……

あたしの心の中で、チヨちゃんの心の中で、あの子はずっと生き続けるわ。」


母親はいびつな形をした一羽の折り鶴をチヨに手渡す。

一羽に、言葉が添えられていた。


『オレがいなくなっても、チヨが元気に、明るく生きていけますように』


女の子は、千羽鶴を受け取る。


「…………う、うぅ…………い、いきるよ……

あかるく、つよく、いきるよ……!ずっと……! ずっと!!」



 ***



チヨは、一羽の折り鶴を夕暮れの空へと飛ばす。


願いは、届くよね。


鶴は昇ってゆく。

高く、高く、空の向こうへと。切なる祈りを乗せて。



切なる祈りを乗せて

TOP↑

その他


・フォースター☆プロジェクト MUGEN Story

相関図



ストーリーまとめに戻る

Goodコメントランキング
注目記事
1/2 2/2
ページトップへ