Gamerch

魔法使いと嘘猫のウィズ Story【黒猫のウィズ】

最終更新日時 :

白猫ストーリー

黒猫ストーリー


2017/04/01


TOP↑




君は書類の束から目を離し、窓の外を見た。

凝り固まった視野が、明るい外の光に癒されて、じんわりと広がっていく。


受けた依頼の報告書と戦っていた君にとっては、何よりの滋養である。

やらなければいけないこととは言え、中々辛い仕事である。


ウィズはというと気ままに外へ出かけた。

猫は気楽でいいな。と少し羨ましく思った。


そんなことを考えていると、背後の扉が音をたてる。

いつでも帰って来られるように半開きにしておいたのだ。


もちろん帰ってくるのは……。



「よっ。」

だれだこいつ。と君は思った。


「チミチミ。」

チミ? キミと言いたいのだろうか?


「よっ。」

片手を上げて、挨拶のつもりなのだろうか?


どちら様ですか? と君は一応尋ねてみる。


「どちら様だって? チミは師匠に対して失礼ニャ。

アタイはウィズニャ。見ての通り四聖賢のウィズニャ。」


どこをどう見ろと? 君は言い返した。

そもそも猫かすらも怪しい。なぜか二足歩行だ。


「疑うのかニャ? それならこれを見るニャ。」

と謎の猫(?)は一枚の紙片を渡した。


「アタイが銀行に預けているお金ニャ。」

かなり貯め込んでいた。


「それが四聖賢の力ニャ。」

そんな力は嫌だ、と君は思った。



「どうニャ? アタイのこと見直したニャ。」

いや、むしろガッカリしました。と君は率直に告げた。


「それがチミの答えかニャ?」

ええ、そうですと君は即答する。


「……ぶぶー。不正解ニャ。」

そう言う話ではないと思うけど? と言ってみたが……。


「やれやれ不甲斐ない弟子のために、アタイが一肌脱ぎますかニャ。

……って、おおっと! もうすでに裸にマント一枚の姿だったニャー!」

恥ずかふぃー! 恥ずかふぃー!


聞いちゃいなかった。

仕事の邪魔なんで帰ってもらえませんか? と君は謎の猫(?)に頼んでみた。


「嫌ニャ。居座れるだけ、居座るつもりニャ。」

想定の範囲内の答えが返ってきたので、特に驚きはしなかった。


「いまからはアタイがどこかに隠れるニャ。チミはそれを見つけるニャ。」

分りました。隠れて下さい。と君は謎の猫(?)に答える。


「了解ニャ。では目をつむって3つ数えてほしいニャ。」


君は目元を手で覆い、3つ数える。


……1

……2

……3


君は覆った手を下ろした。



「ふー、ふー、ふーー…」

隠れろよ、と君は思わず毒づいた。そしてこの猫(?)、やたら鼻息が荒い。


「所詮、アタイはドラ猫。気の向くままに生きるだけニャ。」

君は謎の猫(?)に、お願いだから、隠れてください、と頼んだ。

「とは言え、弟子にここまで言われたら、やらないわけにはいかないニャね。」

そう言って、謎の猫(?)は部屋から出て行った。


君はふうと一息ついて、机の前に戻り、書類仕事に再び取り掛かる。

まだ開封していない封書を手に取り、君はペーパーナイフを取り出すために、引き出しを開けた。


「ちゃんと探してほしいニャ。」

引き出しの中には、ギチギチに謎の猫(?)が詰まっていた。


「チミ、探さないで、そのままなかったことにしようとしたニャ?」

はい。その通りです。と君は答える。


「そんなことしたら……アレをするニャよ。」

アレ? と君は聞き返す。


「アレ、ニャ……。」

アレ、ニャ……ア、アレニャ……ア、アレニャ……


たぶん何も考えていないんだろう、と君は思う。

もう面倒なので、君は謎の猫(?)について行くことにする。


 ***


部屋を出ると、謎の猫(?)は……。


「アタイを見つけるのは、なかなか骨の折れる仕事ニャよ。」

と言って、君の前から消えて行った。


君はやれやれ、とぼやきながら、謎の猫(?)を探し始めた。



TOP↑

嘘詠唱法講座



ウィズがいつも君に講座を開く野原に、謎の猫(?)はいた。


「よく見つけたニャ。よっ。この見つけ上手。」

よっ。足速い。 よっ。小金持ち。

よっ。好き嫌いなし。 よっ。二重瞼。 よっ。聞き上手。 よっ。八方美人。


よく……というか、全然隠れてなかったよね、と君は言った。

実際、丸わかりだった。どこがどうとは言い表せないが、丸わかりだった。

本当に隠れる気があったの? 君はちょっとした興味があって聞いてみた。


「隠れる気なんてさらさらなかったニャ。

アタイの本当の目的は、新しい詠唱方法が見つかったから、それをチミに教えることニャ。」


新しい詠唱方法か。このクエス=アリアスでは、日夜魔法の研究が続けられている。

ひょんなことから、新しいものが見つかることは少なくない。

だが、この謎の猫(?)が、それを知っているのは、少し納得できない。


「新たな詠唱方法というのは、音韻詠唱法と言うニャ。

チミが声をあげることによって、叡智の扉が反応するニャ。ものは試し。一度やってみるニャ。」


どうすればいいのか、と具体的な方法を尋ねた。


「アタイがせーのって言うからチミが声を出すニャ。

じゃ、行くニャ。大声でアタイの名前を呼んでほしいニャ。

せーの……!!」


「うそニャ。」


ネタばらし早すぎない? 肩透かしを食らったような気になった君は、謎の猫(?)に言った。


「うそは長引かせてもロクなことないニャ。」

まあ、そうだね。と君もそれには納得する。


「話を変えるニャ。

これはうその話なんだけどニャ。ちょっと聞いてほしいニャ。」


え、嘘なの? と、君は意外に思い、聞き直してみる。


「うそニャ。」

当然のように謎の猫(?)はそう答えた。

聞く意味ないよね、その話? と君は当然のことを主張した。


「これはアタイのおじいさんが、バカンスで出かけた時のことニャ。」

その時のおじいさんはまだまだ若くてバリバリだったニャ。バリバリといっても硬いわけじゃないニャよ。


だが、謎の猫(?)は聞いちゃいなかった。


君が自分の話を聞いていないと見て、謎の猫(?)は話を止めた。


「ちゃんと本当の話だと思って聞いてほしいニャ。」

無理……だよね。と君は困り果ててしまう。


「じゃあ、いまから本当の話みたいに、うその話をするニャ。それだったら大丈夫ニャ?」

その話も嘘だよね、と君は確認する。

「うそニャ。でもすごくホントっぽく話すニャ。」

でも、嘘なんだよね、と再び確かめる。

「うそニャ。」


それなら駄目だよ、と君はピシャリと言い捨てる。どうしてそんなに嘘をつこうとするの? と謎の猫(?)の真意を問いただした。

すると、謎の猫(?)は少しだけ俯き、喋り始めた。


「アタイがうそをつき始めたのは、アタイがまだ黒い虎だった時代にさかのぼるニャ……。」

それも嘘だよね、と君は横槍を入れた。

「うそニャ。」

あっさり認めるところがむしろ手に負えない、と君は思う。


「人を殺したことがあるニャ。」

それも嘘だよね、と半ばあきれながら君は言った。

「…………。」

なんでそこだけ黙るの? 答えて。 君がそう言っても、謎の猫(?)は黙っている。

君の心はすごくムズムズした。



「そろそろ帰るニャ。」

このまま帰らないでほしい、と君は言った。すごく心がムズムズしたままだからだ。

だが、謎の猫(?)は首を横に振る。


「所詮アタイは時代が生んだ鬼子ニャ。憎まれこそすれ、愛されることはないニャ。」

意味の分からないことを言って、断られた。君の心は最高にムズムズした。


「そうニャ。アタイの正体が知りたいってチミは言ったっけニャ?」

そんなことは言ってない、と君は思う。


「よく見るニャ。アタイの正体は……。」

ふー、ふー、ふーー…

近づくな、と君は眼前に迫った顔に言い放つ。そして鼻息が荒い。



「さ、今度こそ本当に帰るニャ。所詮、アタイは一夜限りの夜の蝶……。」

猫だろ。……いや猫でもないか、と君は思う。


「今日という日が終われば、消えるのみニャ。

さよならアデュー……。」



「ふー、ふー、ふーー…」

もう帰って下さい、お願いですから。と君は思った。



 ***



君は顔を上げる。そこは君が間借りしている部屋。そして机の前、山積みの書類。

どうやらいつの間にかつっぷして、眠っていたようだ。


先ほど見たのは夢だったのだろうか? いやむしろ夢であって欲しい。

でも、もし夢だったとすれば、自分は相当疲れているんだろうな、と思う。


背後の扉が開く音がする。振り返ると、ウィズがいた。



「ただいまにゃ。仕事は片付いたにゃ?」


ウィズにそう言われて、君ははっとなる。慌てて書類の山を見ると、もちろん何も進んでいない。

「どうしたにゃ。キミらしくもない。そんなことじゃ、立派な魔道士になれないにゃ。」

ウィズの小言も君の耳には聞こえない。もちろん、それどころじゃないからだ。


「それも魔道士の大事な仕事のひとつにゃ。私みたいな立派な魔道士を目指して頑張るにゃ。


私 み た い な……。」







TOP↑



黒猫ストーリーに戻る


注目記事
ページトップへ