Gamerch

【日本統一】盃事の言葉・しきたり【サカズキ】

最終更新日時 : コメント(0)

日本統一でも盃は頻繁に交わされており、公式なものは盃事として開かれます。何度もみたよと思う人も多いはず。。それだけ印象的なシーンですね。

兄弟盃は盃事だけでなく、刑務所や飲み屋、時には強引に傘下に収めるために盃を交わさせたりしてます。

やくざの盃事種類は、跡目相続、親子盃、兄弟盃、手打ち盃などがあります。

※媒酌人 辻つん(辻監督)

親子盃

親子盃は、親分子分の血縁関係を特定するための儀式です。


出席者の呼び名

当事者、口上人、推薦人、媒酌人、取持人、見届人、来賓、身内兄弟衆、発起人


日本統一での言葉例

既にお覚悟は十二分におありのことでしょうが、

任侠の世界は厳しいお人の世界です。

時として、たとえ白いものでも黒いと言われても、

その胸の中にすべてを飲み込んで

承服せざるおえない厳しい世界です。


いかの修行にも耐え抜いて、

一家のため、

親分のため、

立派な漢となる決意が固まりましたら、

その盃を、一気に飲み干し、

懐中深くお納めください。


それでは席替わりをお願いします


※シーズン2 侠和会三上と渡部の直参昇進親子盃より


兄弟盃

兄弟分といっても、その中身は「五分の兄弟」「五厘下りの兄弟」「四分六の兄弟」「七三の兄弟」「二分八の兄弟」に分かれており、その差が開くほど服従関係が強まります。

日本統一での親子盃言葉例


すでに清濁合わせ飲むお覚悟はおありとは存じますが、

今一度、再確認の上、腹定まりましたら、

その盃一気に飲み干し懐中深くお納め願います



日本統一wiki Pickupコンテンツ

コメント (日本統一での盃)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ