Gamerch

用語集

最終更新日時 : コメント(0)

あ行

用語説明
異族人間を喰らう異形の存在
実際は神が人間を減らすために使役している存在
また、神の存在を知ってしまった人間を始末する役目も担っている
エイレーネ裏切った為に封印されている神でティルフィングの母親でもある
最終的にはグリード(つまりティルフィングであり娘)によって致命傷を負わされ、ティルフィングに聖剣ティルフィングを託し、完全に消滅した
エネミースキル
(略称:ES)
一部の敵が持っているマップにいる全ての敵に効果のあるスキル
解除するには詳細情報にES表示がある敵を倒すしか無い
複数のESが同時に存在してる時、命中率の下限固定はその時点で一番効果が高いもののみ有効で、ステータス系は加算方式になっている
また、その時点でマップに出現していない敵のESも有効になっている為、出現条件を満たさない限り永遠と命中率の下限があったりする
ちなみにESの効果が切れるのはフェーズ切り替え時なので注意
倒しても効果が切れないで持続するイベントクエストも存在する
エルライトティルフィングの父親だが、物語開始時点で既に故人
娘にティルフィングのキラーズを埋め込んだのも彼だが、それは大切な人と世界を守ることが出来るという願いをかけている
エンシェントキラーズ古のキラープリンセスで神に反逆したため封印された
フライシュッツ、ダモクレス、ミネルヴァ、スイハ、エルキュール、グラーシーザー、ネス、ラグナロクの事を指す
オリジナルおそらくは世界にただ一人という意味だと思われるが詳細は不明
淘汰を行うことでこれに近づくらしいが淘汰を終えたキラープリンセスは存在しない
ちなみに地上編に出てくるティルフィング(女)は本当の意味でのオリジナルに当たる(神(エイレーネ)と人(エルライト)の間に産まれ、両親の手によってティルフィングのキラーズを埋め込まれているため)

か行

用語説明
覚醒淘汰を終えて、全てを思い出したキラープリンセスがリンクする事
キラーズ聖剣、魔剣、魔槍、聖槍などに含まれる成分
それらを抽出し、人間に移植した存在がキラープリンセスやキラーメイルと呼ばれる
キラープリンセスキラーズを与えられた女性のこと
基本的に暴走はしないはずだがマスターへの情が深まると倒されるまで暴走する危険を孕んでいる
キル姫
斬ル姫
キラープリンセスのこと
異族や淘汰を行ったときに微笑む事から畏怖の念が込められている
斬ル姫の方は世界を救った尊敬の念が込められている
同じ存在が複数いるが、地上より這い上がった者の記憶を分割した存在である。そのため淘汰を繰り返すと少しずつではあるが記憶を取り戻していく事が出来る
キラーメイルキラーズを与えられた男性のこと
女性とは違い元々の適応率が低く、魔獣の肉を使って無理矢理に適応しているため暴走しやすい傾向にある
天上編では出てこなく、主に地上編で活躍する
ロストラグナロクでは暴走したキラーメイルが登場する
グリードブラックキラーズのティルフィング
サタンの血を使われてることでティルフィングのキラーズが抑えられており、洗脳され、神の尖兵となっている
ラースやグラトニーの想いによりサタンの血を振り切り、自ら淘汰を受け入れ、ティルフィングと統合を果たした

さ行

用語説明
聖鎖読み方はジェイルbr;天使の因子を強引にキラープリンセスに与えてかつ支配する
本来の性格や記憶は失われ、思想も変化するが本来のキラーズを手にすると支配を脱却出来る
因子の影響で属性が変化している
ステージミッションステージに設定されているミッション
ミッション内容は多種多様で指定武器種のみや指定武器種をパーティにいれないといった割と簡単に達成出来る(ノーコンでクリア出来るとは言ってない)ものや指定レア度以下のみや合計レベルが指定以下のように上級者なほど達成困難なものまで存在する
指定ターン以内は出現する敵によって難易度の上下が激しい。例えば射程1の剣ユニットしか出ない場合はかなり難易度は低くくなり、射程が5以上の弓ユニットが出る場合はかなり難易度が高くなる。前者は弓ユニット以外は反撃可能だが後者はこちら側に射程5まで届くユニットは存在しない
セブンスキラーズ第7世代のキラープリンセスのこと
アスカロン、ムラマサ、シユウ、フォルカス、アフロディーテ、グリモワール、ヴァナルガンドの事を指す

た行

用語説明
ティルフィング北欧神話に出てくる持ち主の願いを3つ叶えるが3つ目の願いを叶えると持ち主の命を奪う魔剣である
エイレーネとエルライトは地上と天上を救い、3度目の悲劇を起こさせないという決意がある
娘にティルフィングを埋め込んだのも決意の現れの一つ
千年王国ではとある場所で封印されている(自ら眠りについているだけの可能性もある)
テイルリンクアルマスが妖精(?)の因子を受け入れたもの
D.plug、聖鎖、獣刻とは違い支配するためではなく、アルマス自身も受け入れているため性格や思想の変化は起こっていないもよう
淘汰同じキラーズを元にしたキラープリンセスが遭遇すると発生する現象
どちらかが死ぬまで戦い続け、勝った方に吸収される
淘汰の際に起こる衝動は同じ存在であることも原因の一つだが、記憶を取り戻す為の無意識下の焦燥感もあると思われる
キラープリンセス達には淘汰を行うことでオリジナルに近づくと説明されている
統合同一存在の記憶を一つにすること
隠されている淘汰の最終目的でもあるが実は他の存在を倒す必要はなく、統合に同意した段階で一番オリジナルに近いのに記憶が移され、他は消滅する
ゲーム中で確認出来るのは主人公と共に行動したティルフィング、ディーンのレーヴァテインのみだが他のキラープリンセスも統合を果たしていると思われる
統合を行う前に消滅したキラープリンセスの分はどうなるかは不明
トト神を見てしまったが為に命を狙われている少年
主人公達に助けられて以降は共に行動し、全てを見届けた
D.plug読み方はドミネイトプラグ
悪魔の因子を強引にキラープリンセスに与えてかつ支配する
本来の性格や記憶は失われ、思想も変化するが本来のキラーズを手にすると支配を脱却出来る
因子の影響で属性が変化している
トライエルガブリエル、ミカエル、ラファエルが融合した姿
ティルフィングを追い詰めるも完全に統合を果たし、聖剣ティルフィングを完全に扱えるようになったティルフィング・リンク・エイレーネによって討たれる

な行

用語説明
ナディアティルフィングの本当の名前
希望という意味が込められている
ナディア(千年王国)ロストラグナロクに出てくる王女
ティルフィングに酷似している
実はオベロンの娘ではなくオベロンがとある場所で見つけて保護した
記憶を失っている

は行

用語説明
ファーストキラーズ第1世代のファーストキラーズ
ティルフィング、レーヴァテイン、マサムネ、ロンギヌス、アルテミス、フライクーゲルの事
ブラックキラーズ悪魔の因子を移植されたファーストキラーズのこと
悪魔の因子の影響か淘汰が発生しないもよう
因子を移植したのは地上編における主人公のアルンであるが、アルンもまた記憶を奪われて神の操り人形に成り果てている
獣刻読み方はプラントbr;魔獣の因子を強引にキラープリンセスに与えてかつ支配する
本来の性格や記憶は失われ、思想も変化するが本来のキラーズを手にすると支配を脱却出来る
因子の影響で属性が変化している

ま行

用語説明

や行

用語説明

ら行

用語説明
リンク淘汰を終えて全てを思い出したキラープリンセスが覚醒したもの
D.plug、聖鎖、獣刻とは違い自らのキラーズの因子とリンクするので属性や性格の変化は起こらない

わ行

用語説明

コメント (用語集に対して)

  • 名前
    ログインしてニックネームで投稿する
  • コメント ※必須 残り300文字
  • ※画像は1度に1枚まで投稿可能
  • 利用規約に同意の上、投稿してください

Goodコメントランキング
注目記事
1/2 2/2
ページトップへ