Gamerch

二人の心は摩訶不思議 Story【白猫テニス】

最終更新日時 :

ストーリーまとめ


開催期間:9/15 16:00 ~ 9/22 15:59



目次


Story1

Story2

Story3

Story4

Story5

最終話


主な登場人物




story1



「秋季ダブルス大会、優勝は……カスミ、フローリアのペア!」

「「「ワーーーー!!!」」」


「……よし。今回は使者の役目で来たんだし、しっかりやらないと……!」


 ***


「まったく、驚いたわよ。神社の手伝いに来たのに、急に大会に出て欲しいだなんて。」

「ふふ。ここの人たちも、ことテニスとなると夢中なのね。」

「ごめん、つきあわせちゃって。疲れたでしょ?」

「そんなことないわ。楽しかった。もっとやりたいと思ったくらい♪」

「そう?じゃ、また近いうちに大会がないか、調べてみる?」

「大会ならば、あるぞ!」


「喜べ!栄えある〈ラヴ学女子シングルスオープン〉の招待選手に――

オマエたちは選ばれた!」

「……あんたたちは?」

「ええと、こんにちは。僕たち、ラヴオール魔神学院の者です。で、このたびですね……」


 ***



「悪魔の学校で、女子限定の大会……」

「はい。それで僕がパシリ……いえ、使者として出場選手を募っているんです。」

「使者……こちらの方も?」

「セラータは勝手について来ただけというか……いちおう、出場選手なんですけど……」

「いちおうとはなんだ!」


「テニスに熱心な所なのですね。そこで大会……面白そう。」

「ちょっと待って。魔神学院って……怪しくない?」

「ああ、よく言われてますけど、云ったって平穏……平穏? まあちゃんとした所ですよ。

そうだ。ご不安なら見学に来てみませんか?今なら、庭園もバラできれいですし。」

「まあ。秋バラがもう?それは気になりますね。」


「カスミ。私、ぜひ行ってみたくなったわ。」

「うーん……ま、あなたがそう言うなら……」

「よかった。では、さっそくご案内を……」


「待て!ならばその前に!

学院が認めても、ワタシはまだオマエたちの力を認めたワケではないぞ!

ワタシの学び舎を見るというのなら、かわりにその腕前、ワタシに見せてみろ!」

「セラータ……なにその理屈?」


「あのね。私たち、大会に出るともまだ言ってないんだけど?」

「かまいませんよ。」

「……ちょっと、フローリア?」

「言われてみれば、シングルスのカスミは私もよく知らない。興味があるわ。」


 ***


「もう……変なことになっちゃったわ……」


TOP↑

story2



「ふう。おつかれさま。」

「お手合わせありがとう、カスミ♪」


「ふむふむ、なるほどな。」

「なんであんな、突っかかるみたいなことを? 失礼だよ。」

「ワタシが何のために、こうしてダメ使者と一緒に回ってると思っているのだ!

ライバルたちの実力を測り、情報を得るためだ!」

「熱心だなあ。」

「負けるとものすっっ……ごく!くやしいからな!」


「いかがでしょう?」

「ふん、いいだろう! 大会で胸をかしてやる。挑んで来い!」

「ふふ。ありがとうございます。」

「だからまだ出るとは言ってないってば。」


「ところでカスミ。試合してみて気づいたことがあるのだけど。」

「あ、そうだわ。私も。」

「カスミは、球をとらえるのに少し慎重すぎる気がして。

前に出て攻める好機を、逃してるんじゃないかしら。」

「フローリアは、前に行こうとしすぎるきらいがあるわ。ダブルスのクセかも。

もう一ついい? バックハンドの手つきが、あなたの場合……」

「カスミの足運び、無駄な力が入ってるんじゃ……」

「それを言うなら、あなただって……」


「…………」

「…………」


 ***


「――着きました。ここが、ラヴォール魔神学院です!」


「ふうん。思ってたよりずいぶんきれいね。」

「草花の楽しげな声もたくさん。いいところなのですね。

……! こちらでいい香りが。お話にあった秋バラはこちらですね?」

「……じゃ、好きに見て回っていいのね?」

「あ、ご案内しますよ?」

「一人のほうがいいわ。いざという時、対処しやすいから。」

「フハハハハ!恐れを知る者のようだな。」


「フローリアも、大丈夫よね。」

「心配することなんてないわ、カスミ。」



「やっぱりあの二人……ちょっと険悪になってきてない?」


TOP↑

story3 ラヴ学見学 ~ カスミ編



「『慎重すぎて、前で攻める好機を逃してる』、か……」

「あっと。そこの人!ちょーっといいですか?」


「……なに?」

「すみません! ちょーっと練習手伝ってくれませんか?」

「お願いしまーす!」

「え、えっ???」


「この子が今度の大会に出るので、練習させてあげたいんですけど……」

ちょ一っと人手が要るんです。

「あ、そういう用? てっきり絡まれてるのかと思った。

そうね……連れを待たせてるんだけど……少しだけなら。」

「ありがとうございまーす!」


 ***


「マシン2台でボール出しして、反応を鍛える練習ね。」

「……ねえ、今さらだけど、ほんとにこれで上手くなるの?」

「この本に書いてあるんだから。わざわざ図書館で借りてきてやったんだぞ?」

「悪くない鍛錬だとは思うわ。用意はいい? 始めましょ。」


(このボール、私なら下がって待つけど……)

いまのイメージは……!


……!じゃ、このボールなら?


こういうボールなら?


「そうか…………そういうことね!」


 ***


「ありがとうございました。おかげでいい練習できました!」

「ありがとうございましたぁ……

もうキビしい球いっぱいで。やってて、おねえさんが悪魔に見えたよぉ。」

「え、ええっ?よしてよ!

……でも、お礼を言わなきゃならないのは、私もよ。どうもありがとう。」


(思いついたこと、すぐに確かめてみたい……

そうだ、その前に……!)


「ちょっと、聞いてもいい?

ここって、図書館あるのよね。場所を教えてくれない……?」


TOP↑

story4


「『前に行こうとしすぎる』……ふふ。私ってそうだったのね。

シングルスの大会……プレーを変えていくべきなのね。でも、どうやって

うーん、どうしよう……」


「大会に誘ったせいで、二人が変な感じになっちゃってるとしたら……」

「何をうなっているのだ?」

「なんとか空気をなごやかにしなきゃ!」


「えーと、おほん! 庭のバラ、気に入っていただけましたか?」

「うれしそうに咲いています。良い庭師の方が世話されているのですね。」

「くわしい先生が、ここの草花も面倒をみてるみたいです。

裏手の薬草園を管理してる先生なんですけど。」

「花への愛情が深い先生なのでしょうね。その薬草園、とても興味深いです。」

「愛情が……そういうこと、わかるものなのか?」

「良い庭師は、花の気持ちを感じ取りながら生育を助けます。

『こう咲きたい』と、花がうったえかけてくるのです。

そうして手をかければ、花も、それに応えて……」

そうだわ…………そういうことね!」

「ど、どうしました?」


(ふふっ。ちょっと難しく考え過ぎていたみたい……

すぐに確かめたい!伝えたい! けれど……)


「カスミは……まだ、もどりませんね。」

「そのようだな。」

「…………それでは、その間に……

お話に出た薬草園に、ぜひ伺わせていただけませんか?」

「は、はい。わかりました。どうぞこちらへ……」

「ありがとうございます♪」


TOP↑

story5 ヒロの杞憂


「――と、いうわけで!

いかがでしたか、我が校は?ご安心いただけましたか?

お二人にはぜひ、仲良く!!大会参加をお願いしたいなと!はい!


「……カスミ、なんだかさっきと感じが違うわ。」

「あなたもね。」

「別行動していた間に、何かあったの?」

「ちょっとね。気づいたことがあって。」

「実は、私もそうなの。」


「あの、大会……」

「ごめんなさい。ちょっとだけ、お待ちくださいね。」

「まずは、確かめなきゃいけないことがあるの。」

「ええっ……?」


「あらためて!」

「試合よ!」

「えええー……っ?勝負!?」


(あれっ? でも……二人とも、楽しそうだな……)

「さっきから、オマエが何を気に病んでるのかさっぱりだが?」

「わからないかなぁ……セラータのせいでも、あるんだけど……」

「だから何をだ?」


「さあ始めましょ、フローリア!」

「じゃ、行くね、カスミ!」


TOP↑

最終話 互いのために


「……すごいわ、カスミ。」

「フローリア、あなたも。おどろいた。」


「……いったい何が?」

「かたや、慎重すぎ。かたや、前に出すぎ……

前の試合で互いに言っていた弱点が、どちらも克服されている!」

「ええっ?どうやって、こんなすぐに?」


「やみくもに前に出てたわけでもなかったし。どうやって判断を変えたの?」

「答えはあなたよ、フローリア。ダブルスのね。

あなたなら、きっとここで決める!――そう思った時、前に行けばいい。」

「私もよ! 心の中にダブルスのカスミを思い描いて……

あなたが、空きサイド私でなくの後ろを守ろうとした時は、自制すればいいって。

あなたの動きのイメージなら、身体に染みついているもの。」

「そう。お手本なら――」

「――すぐそばに、ずっとあったのよ!」


「……よかったあ。お二人、けんかでもしちゃうんじゃないかと……」

「なに、様子が変だと思ってたらそんな心配してたの?」

「本当に? ヒロさんは優しい方なんですね♪」


「そうそう、フローリア。魔神学院で本を借りてきたの。あなたに」

「本?私に?」

「テニスの教本。あなたはぜんぶ感覚でプレーするんだもの。」

私が読んで教えるから。感覚が大事なのはもちろんだけど、少しは理屈もね。 」

「ふふ。ありがとう、カスミ。実は、私からもあなたに……

はい。ローズマリーのサシェよ。薬草園で分けてもらって、作

「サシェ……匂い袋?」

「気分を高揚させる効果があるから、プレーを積極的にしてくれるんじゃないかしら」

「すっきりする香り……ありがとう、フローリア。

これで私たち、シングルスも自信を持っていけるわね!」

「一緒に頑張りましょう♪」


「!それじゃあ……」

「ええ。大会のご招待……お受けします!」

「二人ともね!」

「むむ、強力なライバルがここにも、か!」



「フローリア、当たったら負けないから!」


「こちらこそ!」




二人の心は摩訶不思議


TOP↑

その他



相関図


白猫テニス Story(コラボアプリ)





Goodコメントランキング
注目記事
1/2 2/2
ページトップへ