Gamerch

マナ・テニスの思い出

最終更新日時 :
1人が閲覧中
'
' CV:


思い出1



素朴な疑問なのですか……

なぜこれほどまで、テニスが流行っているのでしょう?

そこ聞いちゃう!? 楽しいからじゃダメかしら!?

なるほど。どんな流行も、きっかけはそんなものかもしれません。

今日はよろしくお願いします。

オッケーよ!マナ!アタシが、ビシバシ。鍛えてあげるわー!

はい。初心者ですので、一からお願いします。

マナさんは、どんなきっかけでテニスを始めたんですか?

大した理由ではありません。職場でも流行っていますし。

えっと、マナさんの職場って……

詮索は無用に願います。

なんか、海に関係のあるお仕事なんだっけ?

詮索は無用に願います。

相変わらず謎ね~。

……ダメでしょうか?

全然気にしないわ!テニスを楽しもうとするならなんでもオッケー!

……よし!日指すは大会優勝よ!

大会選びから特訓のコーチまでアタシたちに任せなさーい!

出る大会なら、すでに決めています。

テニスやったことないのに!?



TOP↑

思い出2 (LV20)




ねえねえ~、マナの出る大会ってどんなの~?

……言わなければならないでしょうか?

目標を知らずして!的確なコーチはできないわ!

さあ、教えなさ~い♪

キャトラ?あんまり無理に聞くのは……

いえ。練習に必要な情報なら、仕方ありません。実は――


――ふむふむ。ビーチで開かれる大会なのね。

参加賞が、<ラケ造くん>のフィギュア。ですか?

何かのマスコットみたいね。ゆるい顔してるわ。

彼を是非とも、我が隊に迎え入れたいのです。

アンタ、そういうの集めるの好きだもんね。

でも参加賞狙いってことは、優勝にはあんまり興味ないのかしら?

いえ。参加する以上、試合には真剣に挑みます。

ルールや用語など、予習も済ませてさました。

ほほう、それは感心ね。じゃあ買問だけど……

デュースになったとき、先に!ポイント取ると何になる?

アドバンテージ・サーバー、またはアドバンテージ・レシーバーです。

……それそれのコートの真ん中にある、横線の名前は?

サービスラインです。その線よりネット側の部分をサービスコートと呼びます。

ぐう……なら!ダブルスの時シングルスに比べてコートが広がる部分をなんという!?

どう!?これはわかんないでしょ!

アレーソーンのことですか?ちなみにアレーとは、<小道>という意味があるそうです。

ガ~ン。そ、それはアタシも知らなかった……

いかがでしょうか。

ぐぬぬぬ……!そこまで予習しておいて!この上何を教わろうというの!?

(キャトラ、何に気圧されているの……!?)

いえ。ですので、実践は末経験なのですが……

そうね!


TOP↑

思い出3 (LV40)



<大会会場の観察も兼ねて、

マナたちはビーチで練習を行うことにした。>


ひゃっほ-!海だわ!ビーチだわー!

遊ぶわよー!掘るわよー!泳がないけど、砂浜をマンキツするわよー!

キャトラさんはいつも元気ですね。

私にはとても真似できません。

あ……

(そうだわマナさんは……海に悲しい思い出があるって……)

マナさん、無理はしないでくださいね。

……お気遣い、ありがとうございます。

大丈夫です。みなさんも一緒ですから。

さあて、遊ぶのはこのくらいにして。さっそく特訓始めるわよー!

ふむ、悪くないわね!だけど、これはどうかしら?

(ボレーが来る……!)

(! 違う、これは……!)


はっ!

すごい!あのフェイントを見抜くなんて!

そういえばマナって、直感を身につけようとしてたわよね。

それがテニスに生かされたのかしら。

そこです!

テニスは直感を養うのにも一役買いそうね……

そうだわ!


TOP↑

思い出4 (LV60)



これは……?

キャトラさん考案!直感力養成特訓よ!

四つのポールマシンからランダムで発射される球を、直感で打ち返すの!

なかなか無茶な特訓ですね。

あ……さすがにやりすぎかしら?

いえ、やり応えはありそうです。

乗り気なようでよかったわ!

じゃあさっそく――はじめ!

む。

ちょっと難しすぎるんじゃ……

いえ、大丈夫です……!

(落ち着いて、五感を研き澄ます……

空気の振動や、マシンの駆助音を感じ取って……)

……!こっちです!

おお!やったわ!

この感覚……忘れないうちに身につけてしまいましょう。


なんと!まさか、ここまでできるようになるとは!

すごいです!マナさん|

ありがとうごさいます。今なら、どんな些細な気配も捉えられそうです。

ハッ……!?

!? マナ、どうしたの!

何かトラブルかしら。でも、特に変わった様子は……

<――転がるボールの影で、何かが動いた。>

あ。フナムシ。

いやあああああ!フナムシィー!!

そういえば苦手でしたね、フナムシ。

……直感が、さっそく生きたわね。


TOP↑

思い出5 (LV80)



むっ……

はあああっ!

マナさんの直感が……!

研ぎすまされてるわ……!

いえ、まだまだです。私は読んでいるだけ。感じていない。

感じる……?

所詮は機械です……パターンを読むのに、苦労はありません。

私がつかみたいのは、その先の世界です。

ゴクリ……マナ、さらなる高みに……!

奥深いものですね……テニスというのは……

ねえマナ?

何でしょうか。

……目的は、参加賞よね?

ええ、それか何か?

真剣ですね……!

手を抜いた勝負でラケ造くんを手に入れても、私は満足できません。

魂をぶつけあう真剣勝負の成果だからこそ、価値があると考えます。

真剣勝負……!

そんなに重いヤツだったのね!?

はっ……

どうしたの?マナ?

いえ……なんでも……

……妙ですね。

私のプランに、穴はないはず……

ですが、この違和感は……!


TOP↑

思い出6 (覚醒進化) (LV100)



<大会は……波乱の内に幕を開けた……

もともとテニス講習会をかねたゆるい大会……

だったはずなのだが……>


ここです!

レベルが高すぎるわ!どうしてこうなったの!?

ふふふふふ……!ここまでのレベルの選手が集まるとは……!

違和感の正体はこれでしたか。ふふふ、腕を磨いたかいがあったというものです。

ラケ造くんをもってると、スマッシュの切れが良くなるんですって……

何それ。

おまじないみたいね。

まさか、それでこの人たち……!

なるほど……ラケ造くんにそんなご利益を求めているのですね……

あさましい……私は純粋に、ラケ造くんが欲しいだけです!

マナが燃えているわぁ!?



おめでとうごさいます。気迫あふれる……プレイでしたね……

勝っちゃったわ。

すごい試合でしたね……

最後はもう、無我夢中でした。

直感というよりも、執念でしょうか。

ラケ造くんは……参加するだけで、もらえたのに……

それはそれですから。

ラケ造二等兵……あなたの着任を、歓迎します。

我が隊は規律順守がモットーです。奮戦を期待します。

人にも自分にも厳しいタイプだわ!?


<心なしか……マスコットの顔が

ひきつっているように見えた……>




TOP↑

その他



相関図








~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリーテニスの話

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー

コメント (マナ・テニスの思い出)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ