Gamerch

【白猫】水月鏡花 Story

最終更新日時 :
1人が閲覧中






Story1 3500万のお祭り


いやはや、冒険家の数が、ついに3500万人とはねぇ~……早いモンねぇ~……

(どこの地点からなにを見て言ってるのかしら……)

しかしまあ、冒険家って、お祭り騒ぎ、好きよねぇ~。

職業柄、区切りが多いからじゃないかしら。

アタシもお祭りは好きだけどさ……

あ~!みつけらあ~!

あかひかみ、ひゃべるねこひゃん~、あんららちねへ~?

これこの通り。ハメを外す人も増えちゃうのよね~。

あらひは、ひらふよほ~?

そんなロレツで、よく言うわ!

ほんろらっれ~!うう~…………

……あはははは~♪どんどんきぶんよくなってきちゃったぁ…………

大人の見苦しい姿は、きょーいくじょーよくないわ!そーそーに退場願えるかしら!?

こう見えてアタシたち、ギルドから頼まれた討伐にもいかなきゃだし!

あひゃひゃひゃ~♪ひょっとまって、まってってば~……!

シズク!探したぞ!

あ~、イサミィ~、よかっらぁ、たふけへ~・・・・・・

さあ、早く飲め!

<そう言うと、男は腰の瓶を取り、女の口元に近づける。>

あああああ~!!! ダメでしょ!これ以上飲ませちゃダメ!

んぐっ……んぐっ……

……っふ~……!危なかった……!

まったく……あれほどはぐれるなと……

面目ない。注意はしていたが、想像以上の人出だった。

アレ? しゃっきりしたぞ?中身はお水?


見苦しいところをお見せしました。

私はシズクと申します。アオイの島のほど近く、クジョウの島より参りました。

こちらはイサミ。我らは先祖を同じくする、<鬼退治>の一族の者です。

<鬼退治>の一族……?

知らぬのも致し方ありません。古より続きし家系ですが、我らが最後の二人ですから。

なにか……事情がおありなんですね……?

…………

……わかりました。私はアイリス。こっちは主人公と……

キャトラよ!

キャトラ殿。以後お見知りおきを。

うむ、くるしゅーないわ!

それで? アタシたちを探してたみたいだけど、なんのご用?

此度の討伐、私たちも同行させて頂きます。

へ?

私どもの生業は、悪しき鬼を滅すること……

つまり、今回倒しに行く魔物たちの裏に、ソイツの影がある……と?

左様でございます。慧眼、恐れ入りました。

まっ、アタシにかかればこれくらいはね!

では、参りましょう。

それにしてもアンタ、どーしてさっきはあんなにふにゃふにゃしてたの?

……そのようなことよりも、早々に出立致しましょう。ゆくぞ、イサミ!

応!

あっ!? 待ってよ!

これは、道々事情を尋ねながら進むパターンだね。

いつものヤツね。オッケイ!それなら、ゴーゴー!


初級:鬼退治に出発!
いざ参りましょう!
一矢にて敵を討ちます。

TOP↑

Story2 難儀なコンビ


cふむふむ。二人とも、中々ツカウわね。

キャトラ……!どうして上からなの……!

有り難きお言葉。

永きに渡る<悪しき鬼>との死闘により、―族に伝わる武技は研ぎ澄まされているのです。

あの、<悪しき鬼>、というのは……?


鬼にも様々ございます。かのアオイの島においては、鬼と人間、争わず暮らしているとも聞きます。

一方、<鬼ヶ島>という地では、人と鬼の戦争が、いまでも収束しないとか。

ふむふむ。

我らの退治している<悪しき鬼>は、闇に染まりし魔物同然にございます。

人を捕え、その肉を喰らい血を飲む……人間の天敵です。歩み寄ることは決して叶いません。

悪しき鬼に対し、道は二つ。討つか、それとも喰われるか……

おぞぞぞ……!背筋がひゅんひゅんする話だわね……!

人と鬼の歴史は、血に染まりし因縁で積み上げられているのです。

……<鬼退治>のー族、だったわね。

アンタたち二人と鬼の関係も、タダゴトではなさそうね……?

…………

……私たち二人には、ある悪しき鬼による、呪いがかけられています。

呪い!?

……聞いてもいいのかしら……?

……はい……実は、私たち二人は――

――魔物の群れが!?

しまった!そろそろだというのに!

え!?

うっ!

くっ……!

だ、だいじょうぶですか、シズクさん、イサミさん!

…………

……だひゃひゃひゃひゃ!別に、なんのこっちゃねえよ!

へえっ!?なに急に、言葉づかい変えて!?

そほね~♪あんなまものくらい、ちょちょいのちょいだ~♪

シズクさんも……!?

頭を冷やすまでもねえ!ガツーンと突っ込んでバーンと蹴散らそうぜい!

お~♪あたしたちのちから、みせてやりまちよ~♪

これって……!

……なんだか、見えてきたわよ……

キャトラ?

ともかく!まずは魔物をやっちゃいましょ!

そしたらアンタたち!腰のその瓶のやつ、飲むのよ!

うぇへえ~い♪

おっけおっけ一、まかしときゃーがれ!

なるほど……!私もだいたい、読めてきたわ……!




中級:正気を保て
よ?ふ、やっひゃうわほ?♪
ひゃひゃひゃ、楽勝だぜ?!

TOP↑

Story3 わかっちゃいるけど


よし、ゼンブ倒した!

やっひゃ~♪うふふふふふ~♪

かりいーっつーの!だひゃひゃひゃひゃ!

つーわけで二人とも!さっさとそれ飲みなさい!

なんれ? まららいじょぶらよ?

いいから! お飲み!

お飲みったら!!!

わーったよ!ンなガミガミ言うねぃ!


…………


………………シズク。

あらひはまらまら へいきらよ~♪

飲め。

ふぇ~? わらっらわよう……


 ***


お恥ずかしい限りです……!

ホントそうよ。

つまりこれが……お二人にかけられた<呪い>なんですね?

……はい……

<酩酊素面反転の呪い>……私たちはそれをかけられているのです……

なんて……アレな呪いなのよ……!

イサミの携えている瓶の中身が、私たちを正気に戻す唯一の薬……それを……

飲まなきゃやってられないんです。

ただのダメな大人と紙―重に聞こえるんだけど……

わかってはおりますが、やめられませんし……!

……本人にとっては、割と深刻なのです……

……はあ。なんだか、緊張感がなくなっちゃうわよ。

面目ない……!

マ、いいけどサ。アンタたちがアタシたちに同行する理由がわかったわよ。

スキを見てちょくちょく飲みながらついてらっしゃいな。

恩に着ます、キャトラ殿……!

いーよいーよ。どーせ戦うのは主人公たちだし。

……ですが、お二人とも、その呪いを抱えて、どうやって鬼を倒すんですか?

古来より伝わる、秘策があるのです。

ふむ……?

案ずることはありません。我ら、かの鬼に一度は敗れましたが……

負けたんかい。

同じ失敗を二度は繰り返しません。決して……!




上級:野山を越えて
気を取り直して参ります!
遠くの敵はお任せください。

TOP↑

Story4 お腰につけた○○○○○


ほで?その秘策ってな~に?

味方を増やすのです。

ほほう?

自然界に生息する野生動物。彼らの助力が、鬼退治には欠かせません。

ふむ。なんかわかんないけど、そう言うならそうなんでしょ。じゃあやってご覧。

はい。

さあ、イサミ! その腰につけた<いもけんぴ>で野生動物を呼ぴ寄せるのだ!

いもけんぴ……!

れ~れれれ、れ~れれれれ……





…………

くっ……!

まずは失敗のようだな。

……あの~、コヨミは野生動物とはちがうと思うんだけど……

れ~れれれ、れ~れれれれ……





…………

今度もダメか。イサミ、もう一度だ。

ジェガル……!

ジェガルもちがうよ……!

野生動物とちがうよ……!

れ~れれれ、れ~れれれれ……





…………

ウッホだ!

れ~れれれ、れ~れれれれ……


<イサミが差し出したいもけんぴを、ウッホは受け取った!>

通じた……!

なにがよ!?

よくぞ来てくれた。その力、我らに貸してくれ!

よし! これで勝ったも同然です!

どーかしらね!

キャトラ殿。彼の力は確かなもの。どうかご安心めされよ。

くぅぅ……!よもや、ウッホと共同戦線を張る日が来ようとは……!

まあまあ、キャトラ。こういうこともあるわよ。よろしくお願いしますウッホさん。

も~・・・・・! シズク! イサミ!

アンタたちのおふざけに付き合うのはこれっきりだからね!

勿論でございます。此度の対決で、必ずや決着をつけましょうぞ!

それではみなさん、奴の元まで、油断せずに……



……ひく……!



いきまひょ~♪おになんか、いくらきたっへ、らくひょーひょー!



だひゃひゃひゃひゃ!矢でも鉄砲でも飛んできやーがれてんだ!

おばか! も~!

もう少しくらい、真面目なまんまでいなさいよね!



絶級:おともを連れて
いくぞ、ウッホ!
遅れるな、ウッホ!

TOP↑

Story5 激闘!悪鬼VSウッホ



酒呑の君

ぐはははは!よくぞここまで来た!

まさか、バカンス中の本体を狙ってくるとはな!

今からじゃ分身を呼ぴ寄せられん!あーどーしよ!

おばかばっかだ……!おばかばっかだわ……!

<酒呑の君>!ここで会ったか百年目!一族の恨みを晴らさせてもらう!

ほう、見れば、あのときの問抜けな二人ではないか……!

ぐはははは! どうだ!?常に酩酊する人生は、さぞや楽しかろう!

それも今日限りだ。

果たしてそうかな?儂は露、儂は風。ここは撤退させてもらおう!

ずるいっ!?

待て!これを見よ! ちらっ!

<着物の裾をつまみ、シズクの放ったチラリズムが酒呑の君の目を奪う!>

おほっ!

いまだっ! ウッホ!

なにいっ!?

<回る、回る、回る!

ハンマーを持ったウッホが、酒呑の君を巻き込んで回る!>

ぐはあっ……!一瞬の回避ミスが、命取りになるとは……!

ウッホ……!おそるべし……!

――無念――!


やった……!

ついに……!ついに仇を討てたわ……!

シズク……!

イサミ……!

……そんな感激するところ?ほとんどウッホのおかげじゃんねぇ……

ふふふ、いいじゃない。喜んでいるんだから、水を差すことはないわよ。

まあ……いいけど……



……だひゃひゃひゃひゃ!こーしちゃらんねえや!

すぐに宴だ、呑むべ呑むべ!

お~! きょうはあしゃまで、のみあかひまひょ~!

アンタたちは、そのままでいーんじゃない?

おっと、たしかに!こいつあ一本とられたぜ!

すぐに解けるもんでもないのね、呪いって。

なぁ~に、あとはもう、時間の問題でぇ!

そうそう、きっと、たぶんそうらよ~♪ひょっとずつ なおってくんらよ~。

ま、どっちでもいっか。アタシも宴会は嫌いじゃないしね。

主人公!ぱーっとやっちゃいましょ♪

ウッホさんも♪

――♪




……………………

…………

………


<――そして夜は更け。

シズクとイサミの二人は騒ぎ疲れて、眠りにつき――>


……どうしたの?主人公?

……その鏡って、シズクさんが持ってた……?

――え?

<古ぼけた銅鏡が、淡い光を放つ……!>

もしかして……

古い鏡のルーンは、過去の出来事を浮かび上がらせる力があるって聞いたことがあるけど……

この鏡が――?


鏡から……声が……!?


<古ぼけた銅鏡に、
不鮮明な映像が浮かび上がる……>



…………

……



……大丈夫か、シズク?

……平気だ。

ここにたどりつくまでに、命を落としていったみなのためにも――

奴を討たねば……死んでも死にきれない……!


…………

……


いまのは……?

シズクさんとイサミさんの、過去……?

……でもこの鏡、いまはこれ以上の力はないみたいね……

もしかすると……ルーンの力をもっと与えれば……?



破滅級:光を集めに
……むにゃ……うひひ……
……ぐが?……

TOP↑


「古ぼけた銅鏡」を強化「星霜の映し鏡」

Story6 逢魔ガ時



<力を集めた銅鏡が眩い光を放ち、視界を埋め尽くす……!>


……血をぬぐえ。

……なぜ?

……

これはチトセの血。右腕をはねられたが、左腕で鬼の心臓を貫いた、勇壮なる私の母の。

こっちはホマレの血。上下に分けられた体で、それぞれ一体ずつの鬼を屠った、剛胆なる私の父の。

……

我が身を洗う方法は一つしかない。人肉を喰らい、血の杯を乾かす、あの鬼の首領の血で塗り潰すのだ。

今日この日に、一族は全てをかけた……!奴の首以外、決着を告げる物はない……!

そう気負うな、シズク。

お前はいいのか。

宗家はもはや私一人。分家の者ですら、残すはお前だけではないか。

……そうだな。古より続いた鬼退治の一族も、これで終わりか。

子を作れ。

そのまま返そう。

宗家の掟だ。女子は終生戦いに身を捧げ、新たに血を分けない。

お前一人の掟に、何の意味がある。

……残したいんだ。我が一族に伝わった、誇りの証として。

……好きにしろ。

…………

<酒呑の君>は、太古より数多の姫をさらい、悪鬼を宿させ、産ませたこと千万とも、三千万とも聞く。

しかも、刹那でも意識あらぱ、その身を煙とし、いずこへと逃げ去ると言う。

討つには方法は一つ。一族に伝わるこの<霊酒>を飲ませ自由を封じるのだ。

この霊酒、人が飲むには良き薬だが、鬼が服せば害毒甚だしいという。

機は、それのみか……

万に一つも、仕損じることは許されない。

わかっている。



――早速香ってくるわ。禍々しきことこの上ない悪鬼の異臭と――

――餌とされし、人の肉、人の血の匂いが――!


いくぞイサミ!

かの棲家に践厄する魁魅魁垢、無数であるという!

首魁の面を拝む前に、力、果てるなよ!

応!



羅刹級:死闘の記憶
恨みを晴らすのは奴の首のみ。
悪しき鬼を根絶やしにする……!

TOP↑

最終話 毒の杯ノ欺キ





門口が騒がしかったと思えば、ニンゲンのおとないとはな……

…………

…………

幾千の鬼を斬り、さぞ大義な陳情であろう。この世の名残に申してみよ。

貴様らのくだらぬ恨み言、肴にするも一興であろう。

……恨みなどとは申しませぬ。

我が一族、兵を率い、御前様に進み出、お目汚ししたこと死罰が降るが当然の報いでしょう。

…………

ふむ。

早々に死者たちの列に混じり、叱責しとうございます……身の程知らずめが、と……

ふむ。ヒトと生まれ、珍しく話せる者よ。

もう一言許そう。望みはなんだ?

ございませぬ。ただ――

最期に、我らの口を汚す卑しき水ではありますが、御前様と共に傾けられれば。

<一歩進み出て膝をついたイサミが、酒瓶を高々と掲げる――>

殊勝なことよ。よかろう。これに注げ。

虚空より現れた三つの杯に、イサミが並々と液体をそそぎ入れる……

まずは我らが、毒見と致しまして。

…………

<シズクとイサミは、―息で杯を乾かした。>

……しからば、御前様も……

…………

…………

…………

――!ぐっ……!

――!こ、これは……!

<二人は毒が回ったかのように、動きが鈍くなっていく……!>


……ぐははははははははは!これが見たかったのだ!

な、なぜ、私に……!この酒は、鬼にしか……!

<神使鬼毒酒>とは、良かったな!だが、使い古された手よ!

秘伝の霊酒では、なかったのか……!?

いいや、それは紛れもなく、人には薬、鬼には毒の二つとない霊酒……!

ならば、どうして……?

当然の道理よ。貴様らには、鬼の血が混じっているのだからな!

ば、バカな……!


馬鹿は貴様らニンゲンよ!

いつか儂を出し抜こうなどと、片腹痛いわ! そのような企み、見抜けぬとでも思つたか!

だから交わってやったのよ!貴様らの十数代も前の、一人の女とな!

な……!

そ、そんな……!

貴様らに流れている鬼の血は、この儂の血だ!

会いたかったぞ、遠き子孫たちよ!

よくぞ儂の血を薄めず、これまで繋げてきたものだ!笑いが止まらぬわ!

……!

シズク……!

さて、もう一つ土産をやるか……!

――!

――!

これで貴様らは、常にその毒酒を求めるだろう。正気を保つためにな……!

だが毒は毒!寿命を削らぬとは限らぬ!ぐははははは……!

……やってくれやがったな!てやんでぃ、コンチキショーめ!

……なんれ、こんあに、おこっへいるのに、きぶんがよふなっへ……!

ぐははははははははは!

飲め! 毒を!飲まねば呂律も回らぬぞ!

さらばだ……!ぐははははは……!


ま、まっへひょ~らい……!

いちほふの、みんなの、かたきひぃ~……!



…………

………

主人公……このことは……私たちだけで……


ぎにゃー! だれ!?アタシのシッポふんだの!

シズク! アンタ、寝相悪すぎんのよ!

うふぇふぇふぇ……みんなぁ~……かたき、とったよお……

もう!


……良かったね。倒せて。

それもこれも、ウッホさんのおかげね♪




シズク・イサミ 思い出

コメント (水月鏡花 Story)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ