Gamerch

ユピテル・思い出【白猫プロジェクト】

最終更新日時 :

ストーリーまとめ


'
' CV:


思い出1


こんにちは~。

こんにちはユピテルさん。飛行島はどうですか?

新鮮な気分ですよ~。

しんせん?

ふだん、空を見ることなんてないですから~。

というか、空もわたしの一部と言いますか~。

???どゆこと?

う~ん、猫ちゃんにわかるよう、話せるかしら?

がんばってみてよ。アタシもがんばるから。

わたしは~、木星っていう、星なんですよ~。

ほし……って、夜空に輝いているあのお星さまのことですか?

そう。それの一つなの、わたし~。

あのてんてんか。じゃあちっちゃいのね?

(キャトラ……!突然子供みたいなことを……!)

逆よ~。わたしの本当の姿は、とっても大きいのよ~。

そうなんだ。どのくらい?宿屋くらい?

ううん、もっと大きいの。

池くらい?

もっともっとよ。

まさか、飛行島くらいってことはないわよね?

ううん。この飛行島だったら、私の小指の爪ほどもないわよ~。

ええっ!? ウソだぁっ!?

ウソじゃあ、ないのよ~。

まあでも……星だったら、それくらいあってもおかしくはないか。

(キャトラ……わかってたんじゃない……!)

ピンとくるかっていわれたらきてないけど、ともかくヨロシクね~♪

こちらこそ、よろしく~。ちっちゃなちっちゃな猫ちゃん。

とってもちっちゃなちっちゃなちっちゃなちっちゃな、猫ちゃん。

そこまで強調しなくても……


思い出2

この島は、ぽかぽかしてて気持ちがいいですね~。

そうよ。飛行島の特産品は、この日当たりだからね!

(初めて聞いたわ……!)

ユピテルのところは、ぽかぽかしてないの?

ぜんぜんぽかぽかしてないの。むしろガスガスしてるのよ。

がすがす?

木星はね~、ガスの惑星なの~。『巨大ガス惑星』とも呼ばれているのよ~。

ぶっぶー。

なあに?

ガスの音。

(どうしてキャトラ、ここのところ幼いのかしら……?)

ガスでできてるって、想像つかないわね。どんななの?

そうね~……ずっと雲がかかっているわ~。

そりゃ、気が滅入るわねぇ。

だけどね、そういったいろんな条件が相まって、大きな星でいられるわけなのよ~。

大きくて、なにかいいことはありましたか?

そうですね~……案外、あるんですよ~。

隕石を引き受けても、平気だったりしますからね~。

わたしって~、引力も強いんですね~。

いんりょく?

物を引っ張る力よ~。

おーえす、おーえす!

うふふ~、いまここで引っ張るのとは違うのよ~。

勝った!

(キャトラ……!)

宇宙空間では、結構ひんぱんに、いろんな星が飛んでまして~。

どこかにぶつかっちゃうと危ないのなんかを、わたしが受け止めてるんです~。

すいません、ちゃんとはわからないんですが……みんなを守ってくれてるんですね?

そんなかんじです~。

だからユピテルには、母性を感じるのね~。

うふふふふ~。

(だから子供に戻っちゃってたのね……!)

(って、納得はしないわよ、キャトラ……!)


思い出3

前から疑問に思ってたことがあるんだけど?

なあに?

ユピテルがいつも腰かけてるのってさー、月じゃないの?

正解~。

月って、あのお月さまですか……?

あ、そっか。え~っとね……わたしと一緒で、月の化身だと思ってくださいね~。

月のようなそんなような、ってことね?

うん。そんなようなで~。

で、どうして月に座ってるの?

わたし~、こう見えて、意外とモテるんですよ~。うふふふふ~♪

アラアラ!

つまり、お月さまは、ユピテルさんのファン……?

と、いうことになりますかね~。

コノコノ~♪ スミに置けないんだから~♪

うふふ~。わたしおっきいから、スミでも目立っちゃうんですよ~♪

お月さまは、わたしにとってもよくしてくれるんです。

最初は、お月さまに座るなんて、って、断ってたんですが……

いいからいいからって、押し切られてしまいまして~。

いまではしっくりなじむわけね。

ええ~。慣れるものよね~、どんなことにでも~。

お月さま、寡黙ね。

いつも黙って、わたしを支えてくれるんです~♪

ムムムム!?これは、両想いになる日も遠くないのかしら!?

でも、わたしは、太陽系全体を守らなきゃいけないですから~……

特定のだれかと、お付き合いはできないって言ってるのですが~……

……それでも構わない!という情熱が、月にはあるわけね?

そうみたいで~。

ひたむきな方だわ……!

まったくぅ~、罪つくりなんだから、ユピテルってば!

そんなつもりないのよ~。

思わせぶりが一番ザンコクなんだからね?

も~、いじめないでよ~。本体あらわしちゃうよ~?

え……?

やれるもんならやってみなさいよ~♪

やっちゃうわよ~♪

待ってくださいユピテルさん!もしここで、ユピテルさんが元の姿に戻ったらどうなりますか?

こっぱみじんでしょうね~。なにもかも~♪

キャトラっ!!

!?


思い出4

人間の暮らしって~、面白いですね~。

あら、どうしたのユピテル?

新しい体験を、たくさんしたの~。

新しい体験ですか?

そうなんです~。わたし、とっても長生きでもあるんですが~……

人間のお友達が出来たのは、ほとんど初めてなんです~。

よかったですね♪

おともだちって、どんな人~?

それがね、占星学者なんですって~。

いいじゃない!趣味も合いそうね♪

ええ。とても話が弾んで~。ちゃんと、ここのしきたり通りに、お茶もおごってあげました~。

……しきたり?

年上の方が、食べ物のお金を払うべきなんですよね~?

それは……?

……まあ、別にヘンでもない、かな……?

それから、最近、新しいお仕事に手を出そうとして失敗したらしく~。

お金がないって嘆いてたので、わたしの手持ちを全部あげました~。

ぜっ、全財産!?

そうよ~。

そ、それでアンタはどうするのよ!?

どうとでもなるわ~。

お金って大事だよ?ないと困っちゃうよ?

たいしたことないでしょう?

138億年の宇宙の歴史に比べれば、取るに足らないことだわ~。

なんか、ものすっごいスケールの大きなこと言われたカンジ……!

うふふふふ~。あの子、今度は成功して、儲かるといいわね~♪

……まあ、ユピテルさんが楽しそうなら、それでいい……のかな……?


思い出5

もう~、まったく~……!

どうしたのユピテル?めずらしくプリプリして?

怒ってるのよ~。

あんまりそうは見えないケド。

ううん、ほんと、怒ってるの~。自分でも、びっくりするくらい~。

なにがあったんですか?

赤毛のかわいい獣人の男の子とお友達になったの~。

でもあの子~……しつこかったの~……!

大きなナメクジをね~。わたしのところに、嬉しそうに持ってきて~。

くっつけてきたの~。

ナメクジ、苦手なんですか?

ううん、普通よ。とてもとてもとてもちっちゃいもの。

だけど~……あの子、一度や二度ではそれをやめなかったの~。

なんかいくらい?

三、四百回くらいかな~?

ひゃ~……!

わたしが~、本当は喜んでるんだと、勘違いでもしたのか~……

ニコニコ笑いながら、何度も何度も、何度も何度も何度も、押しつけてくるから~……

さすがにイラっときたの~。もう、本当の姿、あらわしちゃうね~?

ユピテルさん!待ってください!

ううん、ごめんなさい、だって心底うんざりしたから~……

かわいそうだけど、この世界の全てを、チリにしちゃうわね~。

ま、ま、ま、待って!

あきらめてね~。これも、運命だって~。

大丈夫。長い目で見れば、宇宙も巡っているから~。

また、会いましょう~♪

主人公!

主人公!

なんとかしなきゃ!


TOP↑

思い出6 (友情覚醒)



キレイな光~……まるで星の爆発のよう~……

あら~?


<ルーンの光が、罪深いだれかを呼び寄せる……!>


イグニ

……あれ? ここは……?

イグニ!?

あら、あのときの~。

イグニ!アンタ早くあやまりなさい!みんなの危機なんだから!

え……?……お姉ちゃん、怒ってるの……?

怒ってるよ~。

! ごめんなさい!ぼく、ぼく……!

ナメクジくっつけたの、悪気はなかったの!ホントだよ!

ぼく……甘えたかったの…………お姉ちゃん、お母さんみたいにやさしかったから……

わたしが……お母さん……?

ごめんなさい!もうしないから、ゆるして!


…………

……ええ。

ゆ、ゆるしてくれるの?

うん。もう怒ってないわよ~。

ごめんなさい、ごめんなさい……!

うふふふ、もういいって~、安心なさい~。

(ほっ……)

みなさん、ごめんなさいね~。わたしとしたことが、こんな小さなことでムキになっちゃうなんて~。

わたしなんて~、まだまだ子供ね~。

ユピテルさんが……こども……!?

そうですよ~?

ユピテルさんほどの、雄大な大物がですか?

それは言い過ぎですよ~。宇宙には、まだまだ上には上がいますから~。

そーなの?それってだれよ?

太陽♪

ほ、ほへ~……! スケールのおっきな話だわ~……!



TOP↑

その他



相関図




ストーリーまとめに戻る

Goodコメントランキング
注目記事
ページトップへ