Gamerch

【アナデン】ヴェイナ Story

最終更新日時 : コメント(0)

アナザーエデン・キャラクエスト「ヴェイナ編」


目次


Story1

指輪にまつわる長い長い長い話

ヴェイナがアクトゥールの美しさに感動していると泣いている女の子が現れる。

その子の話を間いてみると……。


Story2

Story3







指輪にまつわる長い長い長い話



「ここがかの有名な水の都……

本で読んだ通りアクトゥールは素敵な場所ですね。」

「ああオレもそう思うよ。ヴェイナはこの街のこと知ってたんだな。」

「ええ知っていました。わりと最近できた新しい街だから本当にきれいですよね。」

「へえ……アクトゥールができたのは最近だったのか。」

「はい。ほんの200年か300年ぐらい前のことらしいです。」

「ええっ!?それってけっこう昔のことだろ?」

「そう……ですか?エルフの里でしたら数千年前にできたくらいが普通ですけど………。」

「そ、そうなのか……。

そういえばエルフって長生きする種族だったよな。」

「ふふふ。そうなんですよ。今度は向こうのほうを見にいきませんかアルド。」

「ああわかったよ。」


「……え~ん!え~ん!」


「なんですか?今の声は……?」

「子供の泣き声みたいだな……。」

「あの子……でしょうか?」

「ちょっと声をかけてみよう。」


「いったいどうしたのですか?」

「パパと……ママが……ぐすん!」

「話してみなよ。オレたちにできることなら手助けするぞ。」

「あのね……パパとママ……ケンカしてて……あたし……あたし……」

「ああ、それは大変ですね。わかりました。お姉きんたちに任せてください。」

「そうだな。パパとママのところに案内してくれ。」

「ほんと……?ありがとう!

こっちよ!宿屋さんの近く!」


「さあ行きましょうアルド。」

「ああわかった。でもヴェイナって親切なんだな。あの子の頼みをすぐ引き受けるなんて。」

「私たちエルフの教えには『嘆く者の魂に寄りそうべし』という言葉があるんです。

アルドもその教えに沿った行動をしていますよね。

最初からあの子を助けるつもりだったようですから。」

「ああ。オレの場合はいつものことだから……。」

「いえとても良い行いだと思います。それではあの子を追いかけましょう。」



- Quest Accepted -












- Quest Complete -




back top next




story2




- Quest Accepted -





back top next





story3




- Quest Accepted -





back top next


コメント (【アナデン】ヴェイナ Story)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ