Gamerch

【アナデン】フェルミナ Story

最終更新日時 : コメント(0)
アナザーエデン・サブストーリー 「フェルミナ編」
幼少時、とあるギルドに拾われ影の戦闘術を教え込まれた女性。その生活に嫌気が差して逃げ出した後、ひょんなことからミグランス王国の情報屋になる。その後、腕を買われとある特殊任務に就いたのち、見聞を広める為に世界中を旅していた。旅を終えてこの地に戻ってきたのは、ある目的のためらしいが……


目次


Story1 過去を映す少女

リンデの街でとある少女と出会う。

フェルミナはその少女にどこか思うところがあるようだが……。

Story2

Story3






story1 過去を映す少女



「……ちっ!お前なあこんだけかよ!

「…………。


「うん?なんだ?あの子怒られてるな……。


「まったくよぉ。これじゃあメシの量を減らすしかねぇな。次はもっと上手くやりやがれ!



「うおっと!大丈夫か?

「あ……ごめんなさい。ちょっと前を見てなくて……。

「いけませんよ気をつけなくては。転んだりしたら大変ですからね。

「キミさっきすごい怒られてたろ?だからちょっと落ち込んでたんだよな。

「う、うん……。ちゃんと仕事しろってちょっと……。

「し、仕事?その歳でか?一体どんな仕事してるんだ?

「それは……。と、とにかくもっと働かないともっと怒られちゃうの。さよなら……。

「ああお待ちなさい。忘れ物ですよ。

先ほどぶつかったはずみで髪飾りを落としていましたね。

「え……あ、ほんとうだ。ありがとうおねえさん。

「いえ。ほら後ろを向いて。付けなおしてあげますから。

髪は女の命。綺麗にしておきませんとね。

「あ、ありがとう……。


 ***


「……さて。アルドこれを。

「……あれ?オレの革袋?なんでフェルミナが持ってるんだ?

「……あの子の「仕事」ですよ。なかなかの手際でした。

「え!?気づかなかった……ありがとうフェルミナ。

しかし仕事ってそういうことか。なんだってあんな子供が……。

「あの年齢であの身のこなし……ただの物盗りではありませんね。もしや……

「ん……?何か心当たりがあるのか?

「……いえ少し昔のことを思い出しただけです。

ともあれあの子にとってはあまりいい生活とは言えないですね。

彼女にもう少し事情を聞いてみましょうか。まだ遠くへは行っていないはずです。


 ***



TOP↑

story2



TOP↑

story3




アナエデ mark

コメント (【アナデン】フェルミナ Storyに対して)

注目記事
ページトップへ