Gamerch

【遊戯王デュエルリンクス】チェーンとスペルスピードについて

最終更新日時 : コメント(0)

チェーンとスペルスピードについて

チェーンとは?

「チェーン」とは、魔法や罠カードなどの応酬をスムーズに解決するためのシステムで、1枚のカードの発動に対応して別のカードを発動させる行為の事をいいます。

カードが効果を発動した時、相手プレイヤーはそれに対して、必ずチェーンするチャンスを与えられます

ここで相手がチェーンするかどうかを確認せずに、処理を進めてしまわないように注意してください。

相手がチェーンした場合、今度は自分がチェーンをする事が可能になります。

相手がチェーンしなかった場合は、自分のカードを自分自身でチェーンすることも可能です。

こうしてチェーンは可能な限り積み重ねることができ、お互いにチェーンをしなくなった時、最後にチェーン発動されたカードから順に効果を処理していきます。

▲ページ上部へ戻る

チェーンのしくみ

チェーンは上の画像のように、最初に発動したカードを「チェーン1」とし、チェーン発動するごとにチェーン2、3…とチェーンブロックが積み上げられていきます。

チェーン発動から終了すると効果の処理に入り、最後に発動したチェーンから効果の処理を行っていきます。

チェーンの例

プレイヤーAが「サイクロン」を使用したのに対応して、プレイヤーBが伏せてあった「マジック・ジャマー」を発動。

さらにプレイヤーAがそれに対応して「盗賊の七つ道具」を発動しました。

この場合このようにチェーンが積まれます。

チェーン
3
盗賊の七つ道具】スペルスピード3
マジック・ジャマー」の発動を無効にする。
チェーン
2
マジック・ジャマー】スペルスピード3
「サイクロン」の発動を無効にする。
チェーン
1
【サイクロン】スペルスピード2
フィールド上の魔法・罠カード1枚を破壊する。

まず、チェーン3の「盗賊の七つ道具」を最初に処理し、&color(#ff0000{「マジック・ジャマー」の発動が無効}になります。)

次にチェーン2の「マジック・ジャマー」の処理ですが、先に発動した&color(#ff0000{「盗賊の七つ道具」の効果で不発}に終わりました。)

したがって「マジック・ジャマー」の効果で無効にされるはずだった、&color(#ff0000{チェーン1の「サイクロン」の効果は無事処理}され、最初の目的通り、フィールド上の魔法・罠カードを破壊できました。)

▲ページ上部へ戻る

スペルスピードとは?

「スペルスピード」とはカードの効果スピードのことです。

これはチェーンに関係していて、発動したカードよりも対応するカードのスペルスピードが遅いとチェーン発動する事はできません。

カウンター罠がもっとも速く、次に速攻魔法・罠カード、最も遅いのが効果モンスター・魔法カードの効果になります。

スペルスピード一覧

魔法や罠、効果モンスターの効果にはスピードが設定されています。

スペルスピードは1から3まで存在し、対応するカード以上のスピードがないとチェーン発動する事ができないので注意してください。

スペルスピード1通常魔法
永続魔法
装備魔法
儀式魔法
フィールド魔法
効果モンスター
スペルスピード2速攻魔法
通常罠
永続罠
効果モンスター(誘発即時効果)
スペルスピード3カウンター罠

■スペルスピード1

スペルスピードの中では一番遅く、他のどの発動に対しても自発的にチェーン発動ができないカードです、

そのため、基本的にはチェーン2以上になる事はありません。

■スペルスピード2

スペルスピード1とスペルスピード2に対してチェーンが可能なグループです。

タイミングを選ばずに発動できるカードや相手ターンでも発動できるカード等が当てはまります。

■スペルスピード3

どのスピードに対してもチェーン可能なもっともスペルスピードが速いカードです。

これに対応できるのは同じスペルスピード3のものだけです。

▲ページ上部へ戻る

その他注目記事

コメント (チェーンとスペルスピードについてに対して)

  • 名前
    ログインしてニックネームで投稿する
  • コメント ※必須 残り300文字
  • ※画像は1度に1枚まで投稿可能
  • 利用規約に同意の上、投稿してください

Goodコメントランキング
注目記事
1/2 2/2
ページトップへ