Gamerch
鋼の錬金術師MOBILE攻略Wiki

【ハガレンモバイル】ダリウスの性能【鋼の錬金術師】

最終更新日時 :
1人が閲覧中

鋼の錬金術師モバイル(ハガモバ)のSRダリウスについてまとめています。特性やスキル、奥義などを掲載しているので、ガチャやパーティー編成の参考にしてください。

ダリウスの性能

目次 (ダリウスの性能)

ダリウスの基本情報

属性レアSR
勢力1秩序勢力2

ダリウスのステータス

移動力AHPA
物攻B術攻B
物防A術防A
会心B会心耐性A

ダリウスの性能

特性「猛き類人猿」

Lv1自身の物理防御が5%アップ。周囲1マスに味方ユニットがいる場合、自身と味方ユニットの物理攻撃が10%アップ。
Lv4自身の物理防御が11%アップ、周囲2マスに味方ユニットがいる場合、自身と味方ユニットの物理攻撃がアップ。
Lv6自身の物理防御が15%アップ、周囲3マスに味方ユニットがいる場合、自身と味方ユニットの物理攻撃がアップ。

通常攻撃・スキル・奥義

通常攻撃

射程1マス範囲単体
【ダメージ】
敵1体に100%のダメージを与える。

怪力パンチ

射程1マス範囲直線1列
【物理ダメージ】
範囲内の敵全てに70%の範囲ダメージを与える。
潜在能力1【猿パンチ】
110%の範囲ダメージを与えるようになる。
潜在能力2【高速打撃】
スキルのクールタイムが1ターンに減少。

集結の雄叫び

射程自身範囲2マス
【バッシブ】
周囲1マス以内の味方ユニットが攻撃(奥義を除く)される際に、代わりに戦闘に参加する。
【アクティブ】
範囲内の味方ユニットに「強撃1」を付与、1ターン有効。
「強撃1」物理攻撃が10%アップ。
潜在能力1【全員集結】
「強撃1」の有効ターン数を2ターンになる。
潜在能力2【勇敢なリーダー】
「強撃1」が「強撃2」にアップ。1ターン有効。 「強撃2」:物理攻撃が20%アップ。

最初の咆哮

射程自身範囲1周
【物理ダメージ】
範囲内の敵全てに90%の範囲ダメージを与える。さらに2ターン有効の「苛立ち」と1ターン有効の「孤立」を付与。
「苛立ち」物理ダメージと術式ダメージが10%アップ、被ダメージが20%アップ。
「孤立」護衛されなくなる。
潜在能力1【焦燥のリズム】
「孤立」の有効ターン数を2ターンになる。
潜在能力2【短気の情熱】
105%の範囲ダメージを与えるようになる。

連携スキル

連携スキル1連携攻撃時、自身の最大HPの50%以上の場合、連携する味方ユニットの物理攻撃が15%アップ。
連携スキル2自身の最大HPの50%以下の場合、連携攻撃後、自身が「硬化2」を獲得。1ターン有効。
「硬化2」物理防御が20%アップ。

鋼の錬金術師モバイルの注目記事

注目記事

  • リセマラランキング
  • リセマラ
  • 最強キャラ
  • 初心者向け

ハガモバ攻略Wiki

鋼の錬金術師モバイル攻略TOPに戻る

コメント (ダリウスの性能)

新着スレッド(鋼の錬金術師MOBILE攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる