Gamerch

【白猫】アンドリュー・思い出

最終更新日時 :
1人が閲覧中

アンドリュー・ウチウスキー CV:
宇宙への進出を夢見る青年。宇宙の
素晴らしさを広めるべく、同志を集めている。
2015/02/25


思い出1



zシュコー、シュコー……こちらアンドリュー。管制塔、聞こえるか?

私は今、謎の飛行島に着陸した。これより調査を開始する!

えっと~……どちらさま?

zか、管制塔!早速、現地住民を発見した。これより対話を試みる!

zやあ、諸君!宇宙は好きかい!?

はい!?宇宙!?

えっと……それって空よりもさらに上にあるっていう……?

zそう!その宇宙さ!

またえらく唐突ね……まあ、星とかは好きだけど……

zうんうん、そうだろうそうだろう!

というわけで、私と一緒に宇宙を目指さないか!?

え? それはつまり……宇宙に行くってことですか?

zもちろんそうだとも!あの星々の大海に旅立つのさ!

えええ!そんなの無理に決まってるじゃん!

z安心したまえ!宇宙の大いなる意思が、君たちを星の海へと導くだろう!

いきなり話が胡散臭くなったんですけど!

z冗談はさておき、私たちの宇宙進出計画は、実現に向けて着実に進行中さ!

うーん……ホントなの~?

あの、すみません、いきなりのお話だったので、ちょっと混乱してしまって……

宇宙に行くって言われても、どーもピンと来ないのよねぇ~。

zなんということだ……ここでも宇宙進出の話を理解してもらえないなんて……

いや、まだだ!ここで退くわけにはいかない!

管制塔!現時刻をもって宇宙進出の同志を集める勧誘作戦に移行する!




TOP↑

思い出2



zか、管制塔! 緊急事態だ!て、転倒して起きれない!救助を求めるっ!

だ、大丈夫ですか!アンドリューさん!

……ところで、その『かんせいとう』ってなに?

zう、宇宙飛行士は、<管制塔>と言ってから報告するのがルールなんだ……!

えっと……だからその<管制塔>っていうのがなんなのか……

もう、キャトラ!今はアンドリューさんを助けるのが先でしょ!

はあ~、しょうがないわね~……うーん、よいしょ……

って、重っ!!

うーん! うーん!も、持ち上がらない……

<主人公たちは、やっとの思いで、アンドリューの体を起こした……>

z救助活動、感謝する!君たちのおかげで助かったよ!

ぜえ……ぜえ……あのさ……そのごっつい服はなに?

zこれかい? <宇宙服>さ!

そのまんまね!

z宇宙には空気がないからね。生命維持のために、いろんな装置が積まれているんだ。

それは……すごく重そうですね……

zまあね!ざっと私の体重の2倍はある!

ここは宇宙じゃないでしょ!そんな不便な服、脱ぎなさいよ!

zこれも人々に宇宙を理解してもらう一環なのさ。ほら、かっこいいだろう?

かっこいいかは置いといて……防御力だけはすごそうね……

zまあ本当は、これを着るのに何時間もかかるから、脱ぐのが面倒なだけなんだがね!

え……それじゃあ、おトイレやお風呂はどうやって……

z……詳しく聞きたいかい?

け、結構です!



TOP↑

思い出3



z今日は諸君に、<ロケット>について教えてあげよう!

それって、揚げ物の……?

zそれは<クロケット>だね!別名コロッケとも言われている!

ロケットとは、宇宙に飛び立つために必要な推進力を生み出す装置さ。

それって、飛行艇みたいなもの?

zいやいや、飛行艇以上にもの凄いスピードで飛び立つんだ。

私が持っているコレは、そのミニチュア版といったところかな。

実物はどこにあるのよ?

zう、うーん……実はまだ開発途中でね……

ロケットを作るためには、かなりの時間と予算、それに人の手が必要なんだ。

うーん、いきなり現実的な話になった。

z事故が起きたら大惨事だからね。何度も稼働試験を繰り返して、安全性を高める必要があるんだ。

もしかして、アンドリューさんが仲間を集めてるのって……

zそう!ロケットの件もそうだが、とにかく宇宙進出には人手が必要なんだ。

多くの人々の協力があって、宇宙進出は初めて現実になるのさ!

大変そうですね……

zこれも夢を叶えるためさ!……ところでモノは相談なのだが……

なによ、あらたまって?

zロケットが完成したら、この飛行島に搭載して、宇宙に出られるか、試してみてもいいかい?

ダメに決まってるでしょ!

zムムム……!成功すれば<ロケッ島>になれるんだよ!?

うまいこと言ったつもりかっ!



TOP↑

思い出4



<ゴポゴポ……>

あら? 池の中から泡が……

<ザパァァァァ!!>

zシュコー、シュコー……

<池の中から、アンドリューが飛び出した!>

ぎゃあああ!海坊主よー!……じゃなかった……池坊主?

zシュコー……おっと、諸君。驚かせてしまったようだね。

えっと……なにしてるんですか?

z宇宙空間を想定した訓練さ。宇宙と水中は環境が似ているんだ。

実際、宇宙では、水の中みたいに物体が浮かぶのだよ!

へえー、そうなんだ……

zところで!宇宙に出たら必要になるモノとは、なんだかわかるかい?

えっ?えーっと……その宇宙服とか?

zその宇宙服を着るために必要なモノでもあるね。

うーん……体力?

z半分正解!答えは、強靭な肉体と不屈の精神だ!

宇宙での緊急事態が起きても、地上からのバックアップはまず望めない……

だから、宇宙にいる我々だけで冷静に状況を判断し、解決するだけの意思が必要なんだ。

潜水訓練やサバイバル訓練は、そういう意思力を鍛えるのに最適というわけなのさ!

だから、そんなキツそうな訓練してたのね。

zフフフ……!すべては宇宙進出のための第一歩なのだよ!

うーん、なんか聞けば聞くほど、宇宙に行くのって大変そうに感じるわね。

私……体力はそんなに自信ないかも……

zああ! 待ちたまえ!もちろん苦難だけじゃないよ!

宇宙には、地上にはないロマンや感動もあってだね……



TOP↑

思い出5



zウーン、これは参ったな……

ウンウン唸って、どうかしたの?

z……実は、宇宙同志の勧誘がうまくいかなくてね……

宇宙同志……そんなネーミングだったんだ。

z皆、私の宇宙話に興味は持ってくれるけど、同志に、とまではいかず……

その宇宙同志ってさ、今はどれくらいいるの?

z私の故郷の島では、島民全員が宇宙同志さ!

この宇宙服や小型ロケットも、彼らが長年かけて開発し、私に託してくれたんだ。

みなさん、本当に宇宙が好きなんですね。

zああ、そうだとも!皆、宇宙に心を奪われたドリーマーな連中さ!

……彼らのためにも、宇宙の素晴らしさを喧伝し、宇宙同志を集めなければ……

勧誘って、そういうことだったのね……

ごめんなさい、アンドリューさん。わたしたちじゃ力になれなくて……

zいや、気に病むことはないさ。諸君にも目的があることは私も承知しているからね。

……とはいえ、ウーム。どうしてこうもうまくいかないのだろうか……

まあ、いきなり宇宙って言われても普通の人は戸惑っちゃうかもね。

宇宙自体が漠然としすぎていて、言葉では伝わりにくいのかも……

z言葉では伝わらない、か……一応、こうして宇宙服を着て、宇宙のプロモーションを……

そういう問題じゃないと思うわよ!?

zムムム……管制塔……宇宙進出への道は、予想以上に厳しいようだ……



TOP↑

思い出6



zおお、光が……あふれて……!どんどん大きくなっていく……!?

えええ!なんかアタシたちまで光に巻き込まれてるんですけど!

きゃああ!

<光は主人公たちを包み込むと……>

うわあ!ア、アタシ、宙に浮いてる!?なにこれ!すごーい!

きれい……あんなにたくさんの星が上にも下にもあるなんて……!

zおお!これは……!か、管制塔!報告する!なんと今、私の眼前に……

z<宇宙>が見える!<宇宙>は広かった!

<やがて光が収まると、主人公たちは、元の場所へと戻っていた……>

あ、あれが宇宙……なの?ていうか、今のって一体……

……もしかしたら、アンドリューさんが考える宇宙が、ルーンの光を通じてわたしたちに視えたのかも……

zまさかそんなことが……!い、いや、しかしあれは確かに、私が夢にまで見た宇宙だった……

なんというか、圧巻だったわ……アンドリューが宇宙に行きたいって気持ちもわかる気がする……

ほんとうだね……神秘的で、ものすごく壮大で、なんだか胸がいっぱいだわ……

zそ、そう思うかい!?いやあ、嬉しいなあ!宇宙の良さをわかりあえるなんて!

主人公!ありがとう!ありがとう!すべて君のおかげだ!

こうしてはいられない!引き続き、宇宙同志の勧誘をしなければ!

zやはり宇宙は素晴らしい……!この胸の高鳴りと感動を、より多くの人に伝えなければ!

応援してるわよ、アンドリュー!なにか困ったことがあったら、アタシたちも協力するからさ。

宇宙に行く夢……叶うといいですね!

zありがとう、諸君!私も微力ながら、諸君の冒険に協力しよう!

諸君と同じ、遥か遠くの地を夢見る同志として、ね!



TOP↑

その他


フォースター☆プロジェクト9th Story

・宇宙大好き計画! Story

フォースター10th Story

相関図


コメント (アンドリュー・思い出)

新着スレッド(白黒wiki)

注目記事
ページトップへ