Gamerch

帝国戦旗 Story1【白猫プロジェクト】

最終更新日時 :

ストーリーまとめ


2017/00/00


目次


Story1

Story2

Story3

Story4

Story5

最終話


主な登場人物




story1




帝国は一枚岩ではない。

国内には様々な勢力がせめぎ合っている。


中でも過激な活動で知られるのは、皇帝を廃し帝国の変革を望む<反皇帝派>である。

<反皇帝派>が何らかの工作を試みていると察したジュダは、一人アジトヘと潜入した。



「条件にあう検体は、A棟に連れていけ。」

「了解。こいつら、どんな魔物になるんでしょうね?」

「玉座のネズミをあがめるクソどもをぶっ殺してくれるなら、どんな魔物でもいい。」

「確かにな。いい筋書きだ。」

「<真の皇帝>に乾杯。ネズミはくたばれ。」


暗闇の中から、一人の男が現れる。


「つまらん筋書きだ。とはいえ……聞き逃すわけにはいかんな。」

 「……誰かいたか?」

「ワオーン。」

 「なんだ、野良犬か……」



 ***



「だめっ……おかあさんに、ひどいことしないで!」


「ああ……」

「ひどいことをされるのは、君だよ。おかあさんにね……」

「何をするんです……!」

「奥さん、あなたを魔物に変える。」

「魔物に……? 貴方たちは、何を……!」

「魔物になると……普通は、理性を失うのだが……

実の娘の前で……何分……理性を保てるのか……計測したいわけでね。

君は自分が……何分後に……実の娘を……捕食すると思う……?」

「殺して……!」



「……ヒッ!?」

研究員は、影に呑まれた――



「……消えちゃった?」

「だ、誰……!?」


「静かにしろ。」

母と娘も、影に飲み込まれた……?



「……残りの仕事を片付けるか。」



 ***


「<真の皇帝>の<白の帝国>に、獣どもの居場所はない!」

「そういえば奴は、人間以外の種族を滅ぼそうとしていたな……」

「奴らは<闇>だ…… !そうか、お前も<闇>だな!?」

「<闇>だと? 一緒にするな。」


男は、ルーンを掲げた。

「熔印のルーン。生き物を魔物に変える……おぞましい玩具か。」



「退け闇よ!双頭の竜は蘇る!」

「お前は人として死んだ。ならば弔おう。」



TOP↑

story2



TOP↑

story3



TOP↑

story4




TOP↑

story5



「フン……寄り道がすぎたな。

「仕掛けがいろいろ必要なのさ。見つかってくれるなよ。



ジュダとアイシヤは、レヴナントの情報を探るべく、帝国の政治犯収容所にやってきた。


「ヴァンドーム要塞。政治犯収容所か。

疑わしいと見た人間を、片っ端から捕まえる悪名高い収容所だよ。」

「ここに奴らがいるのか?」

「必要な情報がある。……帝国の収容所とはいえ、見つかってくれるなよ。」


 ***


牢獄には、目つきの悪い男が囚われている……


「ふむ。彼に聞いてみよう。」

「レヴナントの構成員か。」

「ワスカの葉の密売人だ。連中とは無関係だよ。」

「だったら、なぜ聞く。」


「ううっ……誰だ……?」

「……やあ、気分はどうかな?」

「あんたは……?」

「真の皇帝に忠誠を誓うものだ。君はどうだ?」

「わ、私も……真の皇帝に忠誠を誓っています……! ここを出たらネズミの手下を焼き殺します!」


アイシャは、若い男の腕をとる。見れば、男は奇怪な紋様の入った腕輪を身につけていた。


「ご覧、ジュダ。」

「双頭の竜……!反皇帝派か。」

「もともとは、そうじゃなかった。」

「どういうことだ?」


「ヒッ……!? ぐっ、ぐえええ……!」


「熔印のルーンか……!」

「彼らはもう助からない。苦しみの無い場所に送ってやろう。」


 ***


「完全に無駄足だ。」

「そうでもないさ……ニナ、どうだ。」

アイシャは、己の声を伝える、伝声のルーンを取り出した。


”もう少し~、もう少しです~!あ、あれ?あー。こういうことか。なるほど~。

はっ。ええっとええっと~。えい! とう!……できました!


「何をしている。」

「収容所の記録を、魔法でルーンに写し取っている。記録を改ざんした上でね。」

「あいつが?」

「すぐれた分析官だよ。では行こうか。ここにはもう用は無い。」



TOP↑

story6



TOP↑

story7



収容所から得られた情報を元に、ジュダとアイシヤはレヴナントの拠点を捜索する――

浮かび上がったのは、民間の研究所であった。


「収容所から、何人かの被疑者が、この研究所に搬送された。

表向きは、民間の生物化学研究所。さてさてその実態やいかに。」

「嫌な匂いで溢れている。……最悪な場所だ。」

「狼の嗅覚がなくてよかったよ。さて、忍び込もうか。」

「――気が進まんな。」


「人間を魔物に変える、熔印のルーン。君ならこいつをどう使う?」

「魔物が一匹増えたところで、どうということもない。」

だが、その一匹が――たとえば身内だったとしたら、人を絶望させるには十分だ。」

「そうだ。あのルーンは、人々に心理的影響を与える。陽動作戦には最適と思わないか?」

「こちらの眼をあざむくつもりか。」

「その隙に仕掛けてくる。さて、何をするつもりか確認するとしよう。」


 ***


「おっと、見張りがいるな……どうする。」

「殺すわけにもいかない。少々眠っていてもらおう。」

「ここから仕掛けるのか?」

「ああ、吠えたりするなよ。見つかるからな。」



「おっと、情報だ。見逃す手はないね。」

「嬉しそうだな。」

「そうだとも。私は今、わくわくしている。」


 ***


”アイシャさん! この研究所、ら、熔印のルーンの研究を!してるみたいです!

「それはもうわかってる。」

”あれ? そうなんですか?”

”いたるところにレヴナント、ってわけかい?”

「ここで研究を進めてたのは、レヴナントにのせられた一般人だよ。」

「帝国の国民でありながら、皇帝に敵意を向けるのか。」

「帝国を変えなければと考えているんだろう。その点は私も同意する。」


 ***


「そろそろ頃合いだな。」

「――ああ。」

「何を見ている。」


机の上に、瓶がある。

中にはジェリービーンズが一粒だけ入っていた。


「……クンクン……お前のものではないな。」

「その通り。研究所にいた誰かが残したものだろう。」

「なぜそんなものを気にする?」

「……気にしてない。……必要なものは手に入れた。」

「手に入れた?」

「頭の中に盗んだのさ。では行こうか。」




TOP↑

story6



TOP↑

story6



「だめだ、見つからないよ~。熔印のルーン~!」

「帝国の警吏は鼻が利く。だが……」

「やっぱり内通者がいるねえ。ルーンを持ち込むなんて、朝飯前かな?」

「反皇帝派どもだな。実権のない皇帝を引き下ろしてどうするのだ。」

「そうだよねえ~。ボクつてお飾りだし!」

「自分でいうな。」

「帝都で勝手はさせん。フン……あの泥だらけの村が、今では帝都か。」

「多くの人に育てられた。なんとも幸せな街だよ。」

「爆発の威力を最大にするなら、群れるはずだ。ならば匂う。」

「なのに、ジュダの鼻でも見つからないってことは……」

「――下か。」


 ***


”ジュダ、聞こえる~。”

「聞こえてる。」

”地下水道って、なんだか……血が騒いじゃうね~。ネズミ的には。”

「はしゃぐな。」

”それにしても、ニナちゃんどうしたんだろうね?”

「向こうの都合だろう。最初からあてにはしていない。」

”ジュダは冷たいなあ~。”


 ***


ジュダは伝声のルーンを手に取った。


「……お前か。」

”こっちで動きがあった。仕掛けて来るぞ。……地下水道にいるのか?”

「なぜわかった?」

”声が反響している。状況はどうだ?”

「今のところ、爆発型も、人に化けた魔物もいない。」

”だったら、答えは一つに絞られた。”

「何だと?」

”地下の湖。”

「オペラ座か!」


伝声のルーンから、破壊音が!?


「おい!どうした!」

”帝国を守れ”


TOP↑

story6



帝国国立歌劇場。通称オペラ座。


「ここか……!」

ジュダは、影に紛れる……


 「なんだか今日、やけに警吏の見回りが多くないか?」

 「確かに……何かあったのかな?」

 「まさか……秘密結社ブラックアーセナルが?」

 「タブロイド紙の読み過ぎだぜ。」


「クンクン……!

なんだこの香水は。酷い匂いだな……!」


「昼にチャーハンを食べたな。」


「風邪をひいてるな。早く帰って休め。」


「…………む? こいつは…… !」


 ***


(さっきの男……匂いが無かった。おそらく人ではない……!)


 ***


「…………どこにいった……!」


 「おお、あわれなネズミよ……お前はとこに隠れている。

 憐れなネズミにふさわしく、暗いあなぐらの底で、息を殺しているのであろう。」


(フン、役者か……帝国の危機も、六百年もすれば絵空事めいた芝居になるか。


 「貴様の帝国はこの俺のもの。我こそは、双頭の竜ツァラ……」


(――この役者の匂い――どこかで嗅いだか?)


 ***


「……地底湖か……そういえばここは昔、ただの沼地だったな。

ずいぶん、長い時が流れたものだ――

帝国を守れ? ……言われるまでもない。それこそ我が使命だ。」


地底湖の水が、退いていく……現れたのは、洞窟である。


「未完成の水路か――おそらくあれは、宮殿の地下に通じている。ならば――!」


いつの間にか、周囲にーすさまじい数の魔物が!

「爆発型か――いいだろう。葬ってやる!」


 ***


「……やってくれるな。

だが、お前たちの好きにはさせん。」


――そうだ――


「貴様……!」


――己だけが好きにする。それが我儘よ――


魔物の群れが、洞窟の奥に逃れていく…… !


「黙れ、老いぼれ!邪魔だ!!」


――門を開けよ――お前の我値を――

――通したいのならばな!――


「ガァルルルルウウウ!!


――まだその気にならんのか――

ならば足掻け――


 ***


ぐううっ……地上に……出ていたか…… !


周囲の建物のー部が、倒壊している


「まともに喰らったか……

だが、敵の匂いは、途切れた……爆発型は、一匹残らず――


ジュダは――

「あれは……?」

その場で、立ち尽くした。


「――ジュ、ダ――」

「皇帝ッ!」



「ガァルルルル……!!

グウォアアアアアア!!」


TOP↑

story6




「目標発見!!周囲を破壊しています!


「ああ、そうだろうとも。

あれこそ、ボクたちの真の敵――!


「グォオオオオ!!」


「何だ……何なんだ、この化物は!」

「闇だ……闇が帝都に」


「はいはい、どいたどいた~。」

「待て!止まれ!」


「ガァルルウウウゥ!!」


「解っていたとも――

君が、とてもとても……我儘ということはね……!」


一瞬であった――

白い閃光が、ジュダを捕え――


「グウォアアアア!」

「終了~。」

「――ううっ―――俺は……帝国を……!」

「悪いと思ってるけど……ボクらだって考えてるんだ。帝国のことをね。

帝国のためにも、元老院にボクらがちゃんと働いてるってことを、示す必要がある。

レヴナントについて、嗅ぎまわっていた<狩猟戦旗>の旗手は、粛清された。

……そういうことに…………させてもらうよ?」



 ***



「早く!アイシャをおっかけないと!」


(この飛行艇のエンジンをかければ…… !

アイシャの乗った飛行艇は、すでに水平線の向こうに――!)


「もう少し……がんばって、主人公!!」


「――!」

「……そんな……!」

「アイシャ……さん……!」


 ***



六百年前……とある孤島の浜辺にて。


「……生き残ったのはボクと君だけか。体が半分機械で助かったよ。」

「ガルルゥ……ガウッ……ガルルッ……」

「まだ無理をしないほうがいいよ、ジュダ……

六つの神獣の力に加えて、あの桁違いの能力……強敵だ。」

「……ガウウ……」

「これからどうするかって?なんとかこの無人島に流れ着いたけど……

さあ、これからどうしたもんかね?」

「ガアウウウウーー!!」


「ん?これが何かって?

――これは、棺だよ。あいつに送るためのね……


あいつは、少々やりすぎた。

届けてくれるかい? ジュダ――」



TOP↑

最終話



TOP↑

その他



相関図



ストーリーまとめに戻る

Goodコメントランキング
注目記事
1/2 2/2
ページトップへ