Gamerch

ライフォード・思い出【白猫テニス】

最終更新日時 :

ストーリーまとめ



ライフォード・エバンス CV:
テニスを〈冒険〉する騎士の青年。
より熱く、激しき試合を求めている。


思い出1


空飛ぶ大地に設えられたコート、か……

果てなき人の好奇心は、ついにテニスをも、この高い空へと押し上げたか。


 あら、あそこにいるのって……


だが、雲間を漂う小さき戦場も……悪くはない。


ライフォードじゃない!

 やっほー! いつ来たの?


たった今だ、小さなレディ。また世話になるぞ。


こんにちは、ライフォードさん。

レディも久しぶりだな。君の瞳は、相変わらず美しい。

アンタのそういうところも、相変わらずねえ。

 今日はどうしたの? きゅーかちゅー?

ああ。仕事が一段落したからな。

 さあ、支度をしたまえ。

えっと、どこにいくの?

もちろん、冒険に決まっているだろう。

 そうだ、大事なことが一つある。

 ”主人公”、ラケットとボールは忘れるなよ。

へ?



TOP↑

思い出2 (LV20)



ライフォードさん、テニスをしにきたんですね。

で、どこでやるつもりなのー?

特に決めていない。

決めてないの!?

いいではないか。あてもなく、流れる雲のように歩き出す――

 これもまた、冒険の醍醐味だろう?

 歩み続けたその先に、心躍る何かが待ち受けているはずだ。


 さあ行くぞ!

 ともに、まだ見ぬ世界へ!


そこでテニスをするわけね。

そういうことだ。見ろ、”主人公”を。

 すでに乗り気だぞ。


ふふ、みんなの分のラケットとボール、用意しました。


さあ、小さなレディはどうする?


……もちろん、行くに決まってるじゃない!

 なんだか楽しくなってきたわ!


ああ、なんとも血が騒ぐな。


TOP↑

思い出3 (LV40)



砂塵舞う街並み……

 なかなか面白い場所に着いたものだ。

 この乾燥した大地で、さて、何が待ち受けるかな?


……楽しんでるみたいだし、そろそろこの質問をしてもいいわよね?

 ライフォード! アンタ、いつからテニスをはじめたの!?

(キャトラ、どうしてそんな力強く……!?)


昔から、たしなんでいた。

あら、それなのに、今回はどうしたの?

テニスもまた戦いであり冒険。

 そう気づいたからには、挑まぬわけにはいかないさ。

新たな発見があったのね。

ただ、挑むにしても、俺の心を震わせる何かでなければならない。

 それに相応しいものがあればいいが……

 ほう、これは……



大会のお知らせみたいですね。


これぞまさに運命。

 決めたぞ! 我が冒険の目的地は、ここに定める!


TOP↑

思い出4 (LV60)



ライフォードの実力を測るべく

”主人公”と試合をすることになった。


大会優勝なんて、生半可なウデじゃかなわないわよ?

心配はいらないさ。まあ、見ていたまえ。



――

――


 あ!


――

なんの!

――!


すっご~い! 今の、ぜったいにふりおくれると思ったのに!

その辺りは、長年の修練の賜物といったところか。

 テニスの体運びにも、剣技と通ずる部分はあるからな。

なるほどね~、アンタの剣さばきが、ここに生かされたってワケね。

ああ、放っておいても体が動く。

 昔教わった通りにな……

? ライフォード?


……さて、これでレディたちの疑問も晴れたかな?

 では会場に向かうとしよう。

あれ、もう行っちゃうの?

 ここからさらに練習したりは……

付け焼刃は不要だ。俺の剣は研ぎ澄まされている。

 ならば速やかに、この切っ先を相手の喉元に突きつけるだけだ。

なんちゅう自信……まあ、アンタがいいならいいけど。

ふふふ、私たちもご一緒してもいいですか?

 ぜひ応援させてください。

もちろんだとも。勝利の栄光は、君たちへと捧げよう。

あー、そうね……


TOP↑

思い出5 (LV80)



ここが大会の会場ね……

選手や観客だけじゃなくて、取材に来た人も多いみたい。

それって負けたら、その様子が色んな所に伝わるってことよね……?

ねえ、ホントに出ても大丈夫なの?

それは、俺では彼らと渡り合えないということかな、小さなレディ?

そういうわけじゃないけど……

ならば宣言しよう。


ここに集いし者たちよ! 聞け! 我が名はライフォード!

 汝らに敗北を与える者だ!

 さあ、この俺を止めてみせろ! 俺は熱く激しき試合を望む!


ちょっと、なにしてるのよ!? ライフォード!

さて、これで負けるわけにはいかなくなったな。

はぁ!?

だがそれは、今の宣言を聞いていた彼らも同じだ。

 俺の横行を許さぬためにも、全力で挑み――

 俺を楽しませてくれるだろう。なんとも心が躍るな。

……まったく、負けたら大恥かくっていうのに。

 どっから沸いてくるのよ、そのヨユーは。

胸を張るのに、理由など不要だ。

 まあ、見ていたまえ。

 我が言葉が偽りでないことを証明しよう。


TOP↑

思い出6 (覚醒進化) (LV100)



――ライフォードは見事、決勝の舞台へと駒を進めた。

そして予断を許さぬ、一進一退の攻防が繰り広げられる!


相手の選手、すごい気迫ね……

 デュースが続いて、それくらいだろう?

……もう! ライフォードがチョーハツなんかするから!

 がんばれライフォード! 負けるなー!


しかしキャトラの応援は、相手選手を支持する観客たちの声に飲み込まれ――



ああ!


(何度のアドバンテージか、もう分からんが……)


――

――


くっ……!


 どうしたの!?

 まさか、もう……!


面白い……!

 本気の相手と戦ってこそ、まさしく冒険!

 もっとだ! 俺をもっと、熱くさせてみろ!


――

――


やったあ!


 ***


良い試合だった。

 貴殿のおかげで、実力以上の力が出せた。

 ありがとう。いつかまた、競い合おう。


ヒヤヒヤしたわよライフォード!

おめでとうございます、ライフォードさん。


約束通り、この勝利はレディたちに捧げる。

 なかなか心躍る冒険だった。


さあ!

 まだ見ぬ熱き戦いを求め、次の冒険へと向かうとしよう!



熱く激しき智略

TOP↑

その他


相関図


白猫テニス Story(コラボアプリ)





Goodコメントランキング
注目記事
1/2 2/2
ページトップへ