Gamerch

ストーリーをメインに更新中。

シーラ・フリール

最終更新日時 : コメント(0)
シーラ・フリール CV:
2017/00/00

「その者の心にふさわしい香りを作るというのは、おまえか」


 瓶や壹、薬草や木の実が所狭しと並べられた香水工房。

 紡れた男の言葉に、工房の主たる少女は、ふんわりと微笑んだ。


「はい。どんな香りをお作りいたしましょう?J

「心に何も感じなくなる香りがいい」

 男は、絶望にまみれきった声で言った。

「私は兵士だが、今度、王の命令で、ある村を焼き討ちすることになった。

 見知らぬ村とはいえ、いい気分がするものじゃない。

 だから、何も感じなくなる香りがいい」

「わかりました」


 少女はうなずき、ゆるりと手を振った。

 すると、その勤きに合わせて、色とりどりの小瓶が三日月状に宙に並ぶ。

 少女は、その中から1つの小瓶をつかみ取り、蓋を開いた。


「では、あなたさまには、こちらの香りを」


 少女が小瓶をさあっと振ると、中身は輝く霧と化し、男を包んだ。

 たちまちかぐわしい香りに包まれて、男は、ハッと目を見張る。

「この香りは……俺の故郷の村のにおいじゃないか……!」

 激しい郷愁の念に撃たれ――男は薬を手で覆い、鳴咽をこぼした。


「どうしてだ……なぜ、俺に故郷を思い出させる!」

「わたくしは、お客さまが心から望む香りを作ります」

 少女は、震える男を優しく見つめながら、言った。

「その香りは、あなたさまの心が今、本当に求めていた香りなのです」

 それを聞いて――男は、恥も外聞もなく、座り込んで号泣した。


 ――工房を去った男がどうしたのか、少女は知らない。

 ただ、その後、どこかの村が焼かれたという話を聞くことはなかった。



TOP↑


コメント (シーラ・フリールに対して)

  • 名前
    ログインしてニックネームで投稿する
  • コメント ※必須 残り300文字
  • 利用規約に同意の上、投稿してください

ページトップへ