Gamerch

ストーリーをメインに更新中。

フリーレ・ギフト

最終更新日時 : コメント(0)
フリーレ・ギフト CV:
2014/08/15


澄み切った、透明な音がする。

冷えきった体に、その音は染み入るように響いた。


「あなたは、どこから迷い込んだの?」

どこまでも広がる氷の世界。赤い核の透けた氷精が舞う、美しくも虚しい世界で、彼女は誰とも知らない旅人に声をかけた。

……旅人は、自分に積もった雪を気にするでもなく、涙を流した。それはすぐに薄氷となって風に乗り、雪景の果てに消えていく。

「どうして、泣くの?」

彼女はそっと旅人に寄り添うと、その頭を抱きかかえた。

暖かく、柔らかな熱が、ゆっくりと凍った旅人の体と心を溶かしていく。

「どうして?」

針金のように凍てつき、ごわついた髪を、少女の指が撫でた。

この世界に降り続ける雪のように、彼女の優しさには限りがなかった。

少女の指先が旅人の髪をとかしていく度に、旅人の表情は絶望に満ちたものから、少しずつ穏やかなものへと変わっていく。

しかし、それを見ていた少女の表情は、対して段々と曇っていった。


「……あなたは、どうして笑っているの?」


そして、不思議そうに、首をかしげながら――


「……私は、こんなに哀しいのに」


口元だけを微笑ませて、彼女は言った。

旅人の頬に添えられた手が、急速に温度を失っていく。

後頭部に感じていた膝の柔らかさは、今すでに無い。

頭を撫でる細い指先も、今はつららのように冷たかった。


「あなたが、教えて?」


……旅人は、彼女の周りに広がる数多の氷と同様に色を失い、静かに佇むだけだった。

少女を慰めるように、氷精が周囲を舞う。

氷精の羽根が擦れ、澄み切った、透明な音がした。

冷えきった彼女の体に、その音は染み入るように響く。


「あなたが、教えてよ……」


少女は、帰ってくるはずのない問いを繰り返す。何度も、何度も。


彼女は――フリーレ・ギフトは、やがて小さな足跡を残して、旅人の元から去っていった。

自分とは違う、暖かく、優しい誰かを求めて。


「教えて……誰か……」


彼女は、今日も銀世界をさまよう。

あてもなく、ただ、ぬくもりを求めて。



TOP↑




コメント (フリーレ・ギフトに対して)

  • 名前
    ログインしてニックネームで投稿する
  • コメント ※必須 残り300文字
  • 利用規約に同意の上、投稿してください

ページトップへ