Gamerch

レクト・テニスの思い出

最終更新日時 :
1人が閲覧中
'
' CV:


思い出1



……本当に綺麗な風景だ。

僕なんかに撮られるなんて、もったいなさすぎるな。

ん? あれは……


あら、レクトじゃない!

やあ、キャトラ。みんなで集まってスポーツかい?

爽やかな過ごし方だね。僕には一生無理そうだ……

相変わらずのネガティプさね。元気そうで何よりだわ。

レクトさんは、写真を撮りにきたんですか?

(ハッ……変な写真を撮られたと思ったのかな?

こんなジメジメしたやつがカメラを持っていたら

ストーカーを疑われても仕方がない……)

あの……?

ごめんなさい。撮った写真はあとでぜんぶ処分するよ……

(どうしたんたろう……?)

そんなことよりレクト。アンタも一緒にやらない?

えっ!? ぼ、僕がテニスを?

そーよ。すっごく楽しいんだから♪

でも……すごく爽やかなスポーツだし……根暗な僕に似合うとはとても思えないよ。

あのねー。似合う似合わないの問題じゃないでしょ。

アンタ自身は、やりたいと思わないの?

それは……で、でも……僕がテニスをするなんておこがましいっていうか……

ホント、変わらないわねえ。



TOP↑

思い出2 (LV20)



ふたりともすごいな。とっても上手いんだね。

どう? 見てるだけじゃなく、やってみる気になった?

……僕には荷が重そうだ。

とても、あんな風に誰かと楽しく打ち合いができる気がしない。

あのねー。やる腕から、後ろ向きに考えすぎよ。

でも、こんなやつが相手じゃ、わさわざ時間を割いてくれた人に申し訳がたたないよ。 

いーえ、アンタはぜひともやるべさね。

ど、どういうことたい?

テニスは強い精神力も必要なスポーツなの。

その気弱な性格も、テニスをやれば鍛えられるはずよ!

そうかな……?

性格を鍛えるより先に、心が折れそうだけど……

ふんとにもう! 四の五の言わずにやってみたら!?

自分を変えられるかもしれないわよ。

……実は……

なによ?

い、いや……

気になるでしょ!

リネアにもテニスに誘われててさ……

あらいいじゃない!

こっそり上手くなってリネアを驚かせてやんなさいな!


TOP↑

思い出3 (LV40)



素振りはいい感じになってきたじゃない!

そう、かな……? 

(押し切られて、テニスを始めることになってしまったけど……

僕が<テニスプレーヤー>だなんて、なんだかおこがましいな。

でも断るのも申し訳ないし……

次は、アイリスと打ち合いしてみなさいな。

ええっ!? も、もうかい?


いきますよ!

は、はい……!


ドンマイ、ドンマイ! 

(どうしよう。テニスのセンスが欠片もない僕なんかのために

せっかくアイリスさんが相手をしてくれているのに)

今度はサーブを打ってみて。

い、いきます……! 

(うまくできるかな……)

えいっ!

ごめん。やっぱり僕はどんくさくてダメなやつだ。

おわびに歯ブラシの歌を歌うよ……


<レクトは……面白おかしい歌を懸命に歌った……>


更にしらけさせてしまうなんて、本当に僕は……



TOP↑

思い出4 (LV60)



どうやればうまく打てるんだろう……

(なにか……なにか……

ダメだ……見事に何も思いつかない)

(どうしたんだろう……?)

なに?

(僕は一体どうすれば……)

(レクトさん、すがるような目でキャトラを見てる……)

(取り柄も才能もない僕に、せっかく教えてくれてるのに

これじゃ、空気を悪くしたままで終わってしまう。

なんとか……なんとかしないと……)

へ、変身!!

なんなのっ!?

(この姿なら、身体能力は上がるから……もしかして)

『ジャアアッ!』

アンタ……こっちじゃ、力の加減ができないみたいね。


やっぱり僕にはテニスなんて無理なんだ……


TOP↑

思い出5 (LV80)



うまくなるためにはお手本を真似ればいいのよ。

お手本……?

そう!いるでしょ、うってつけのが目の前に!

キャトラのことかい?

なんでじゃー! こっちに決まってるでしょ!

そ、そうか……頼んでいいかな?


(なんだか、僕でもうまくなれそうな気がしてきたぞ)

ふふ、レクトさん、いい調子ね。

やればできる子なの!

はぁ……はぁ……

(彼は、息ひとつ乱してないのに……僕ときたら……)

ねえレクト。そろそろリネアに腕前を見せてもいいんじゃない?

ええ……!? そ、それは、まだ早いんじゃ……

そんなことないと思いますよ。

そうよ、きっとリネアもビックリするわ!

で、でも……

いいから、自信持って行ってきなさい!

わ、わかったよ……



TOP↑

思い出6 (覚醒進化) (LV100)



ど、どうしたのよ?

リネアにテニスの腕前見せてきたんじゃないの?

なにかあったんですか?

ち、違うんだ。リネアは、テニスかできる僕にすごく驚いていたよ。

よかったじゃない。

なにか、問題でも……?

それが……リネアに、ダブルスのペアを申し込まれて……

あら!

素敵ですね!

ダメだよ!!

どうしてよ?

キラキラなリネアに、こんな冴えない僕かペアだなんて……

釣り合うわけがない。

そうなんですか……?

そうだよ! 僕みたいに下手なやつが隣りにいようものなら、

リネアの足を引っ張るだけに決まってるじゃないか……

あのねえ……

アンタはまず、その後ろ向きな性格を何とかしなさい!

ご、ごめん……

直せる気はしないけど、頑張るよ。

まあでも、またここにきたってことは、

アンタもしっかりテニスにハマっちゃったのよね♪

また、一緒に練習してくれるかい……?



TOP↑

その他



相関図






~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリー思い出

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー

コメント (レクト・テニスの思い出)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ