Gamerch

茶熊学園2018 Story3

最終更新日時 :
1人が閲覧中

第16章 昨日までそして今日から



変わる日常



ネモ、いっしょに帰るのです。

ああ。

「k貴様ら、なにをしている!もっと距離をあけんか!

それから、一緒に下校するのも禁止だ!

黙れ。

「k従え!従わんかっ!


あ、それポンです。

おめー、鳴きすぎじゃねえか?

「bくだらん部活は廃止だあっ!

きゃーーー!麻雀卓がーーー!

……弁償してもらおうか。

「b壊してくれてありがとうございます、だろうがぁっ!


セイヤ やべえ、見事に赤点だ。……でもま、いっか。

「b赤点を取るとは、この恥さらしが!

「な、なんだ!?

「貴様のようなふぬけにはお仕置きが必要だ!

「ああ!?ふざけんじゃねー!

「こっちへ来いっ!

「やめろっ!包帯を引っ張るなっ!封印が解かれちまうぞ……!



おはようございます。

おはよう。

みなさん、大丈夫でしたか!?あの教師たちに、ひどいことされませんでしたか!?

コヨミはだいじょうぶ。でも、せんぱいが、ひどいことされてた……

……ねえジュダに-に。あのせんせいのいうこと、きかなきゃだめなの……?

従う必要などない。

その通りです!これではまるで囚人ではありませんか!

いや、もっとひどい。……これは、洗脳だよ。

クソっ……!あのスパルティってやつ、俺が一番キライなタイプの人間だぜ。

洗脳なんか、ぜってえされねえからな!

俺だけじゃねえ。誰ひとりだ!いいな!

……あれ?そういえば、ディランにーには?

いつもなら、そろそろ来るころですね。

おはよう!

あ!ディランさん、おはようござ――

さあみんな!今日も一日、一生けんめい勉強しよう!

「「「ディラーーーーーーーーーーーン!」」」



アレス家長男、染まる



そうだね。今日の一限目は自習だね。

誰だお前は。

学級委員長のディランだよ。

目をさましてよ、ディランにーに!

キャン!キャンキャン!

にーにと呼んではいけないよ、コヨミさん。

うっうっ……

泣くなルウシエ……

さあみんな、ぼくのいうことを聞いて、真面目に勉学にはげもう!

見ちゃおれん……

つーか、すげえムカつくな。そのしゃべり方。

その言葉づかいは……よくないと思うねっ!

<ディランは大げさに首をすくめてみせた。>

すげぇ殴りてえ。

3素晴らしい。

ディラン君。あなたに私の個人授業を受ける権利を与えましょう。

スパルティ先生!!

3みなさんもいかがですか?私の方針に従うのであればですが。

心づかいはうれしいが、お断りだ。

自習の邪魔だ。出ていけ。

3カズノコ組もイクラ組もタラコ組もカラスミ組も、問題児ばかりですね。

あ?

3なに一つ校則を守らず、教師陣にも従わない。

従うわけないでしょうこのバカチンが!

3いいんですか?カムイさんがひどい目にあっても。

え……?

3言い忘れていましたが、校則違反で罰を受けるのはあなた方ではありません。彼です。

ど、どうして……!

3生徒の罪は教師の罪ですから。

……どうしても我々に従ってほしいようだな。

3あなた方のためなんですよ?わかってほしいですね。

それから、万が一にも、カムイさんを助けようなどとは思わないでください。

もし助けようとした場合は、そっこく彼の共犯者とみなし、冒険家ギルドに報告します。

なんですって……!?

3その場合、冒険家としての未来はまずなくなってしまうでしょうね。

今度は脅迫か。たいした悪人だな。

……ディラン!お前もなんとか言ってやれよ!

1+6は…………ンフゥ……ハァ……7のはず?

こいつめっちゃバカじゃねえか?

3では、引き続き自習をどうぞ。

アイシャさん、どうしましょう……

まあ、打つ手はないな。


カムイの背中



学長せんせい、ごはんだよ。

ワーイ!

がっこうに牢屋があるなんて知らなかったね、タロー。

クゥ~ン……

もとは物置部屋だったのを、彼らが牢屋に作り変えたんです。

……学長せんせい、かわいそう……

たいじよーぶですよコヨミさん!僕、クマなんで。心も体も丈夫なんで!

……その背中の傷はどうした。

あ、ああ。かゆくてかいてたら、こうなっちゃって。

…………

……あとで、お薬もってきますね。

それで、不正の件だが。

いやホント、身に覚えがないんですよ。そんなことできるほど器用じゃないですし。

……でも、気づかなかっただけでやっちまってるかもしれませんね。

えぇっ!?

ぶっちゃけ、忙しすぎてまともに確認もせずに書類を作ってた時期もありましたし~。

なんかこう、適当にチョチョイってやったらヤバいアレになったみたいな可能性がなきにしもあらずですねえテヘッ!

貴様……

怒らないでくださいよ!経営者と学長とクマの三足のわらじは、色々と大変なんですから!

でも、コヨミはせんせいを信じてます!

コヨミさん……

……みなさんに、校則のことは気にしないようにとお伝えください。

あいつらが気にしないと思うか?

いいですか。……あの独裁者に、負けてはなりませんよ。

…………


限界



あっ……

…………

「bおい。廊下で教師とすれ違ったら、道をゆずって挨拶せんか。

なによ偉そうに。

「ああ?

(カスミさん、だめだよ!

……こんにちは、先生。

こんにちは。

「ふん。

ティナとアイシャ …………



もういちど、考え直してください……!

「k黙れ!

ティナ どうしたんですか!?

ヨシュ この人が、演劇部の活動を制限するっていうんです!

ティナ ……どういうことですか?

「今後、演劇部が上演する台本はすべてこちらが選定する。オリジナルは一切許可しない。

我々の意図しない演出も禁止だ。仮にあった場合は、本番前日だろうが変更してもらう。

ヨシュ お芝居を、なんだと思っているんですか!

もう、いいです!お兄ちゃん、この人のいうことなんか聞かなくていいよ!

「……おい、いいのか?

ティナ ヨシュアくん、ミレイユちゃん。……いう通りにして。

……お願い。

ヨシュ ……わかり、ました……

…………

「それから、その反抗的な餓度を改めてもらおうか。

……申し訳、ありませんでした。

「よーし。

ヨシュ ……くそっ!

ティナ ……もう、限界です。

ティナ?



新学長は冷酷に嗤う



足し算ドリル、終わりました。

3よろしい。……まったく、君がこんなにおバカだったとは。

私が少しはマシにしてあげますよ。

……それにしても、よく心を入れ替えましたね。正直、意外でしたよ。

強くなるためです。……先生のように。

ぼくはかつて、祖国を失いました。

3知っていますよ。

守るべき立場にありながら、その役割を果たせなかった。

ぼくは自分の弱さを痛感しました。……いまもなお、その痛みはぼくを苦しめ続けています。

ぼくの木は、折れかかっていたんです。ですが、手を差しのべ、その木を支えてくれた人がいた。

それがあなたです、先生。あの話を聞いて、ぽぼくは、本当の勇気と覚悟を持てるようになったのです。

3……なるほど。どうやら君も、こちら側の人間のようですね。

こちら側の人間?

3持たざる者。

――

3どうぞ。

ティナ 失礼します。

3なにか用ですか?

「スパルティ先生。もう少し、私たちのことを考えてください。

3生徒会の抗議ですか。聞きましょう。

「教育方針が変わるのは、この際しかたがありません。

ですが、なにもかもがいきなりすぎます。

3私のやり方に文句があると?

「もっと段階的に変えていってほしいと申しあげているんです!

でないと、生徒の不満はたまっていく一方です!

3要望は却下します。

「そんな……!

3現状に不満がありそれに我慢がならないのでしたら、あなたがた生徒の取るべき道は一つです。

荷物をまとめ、この島を出ていきなさい。

「……それが、先生のいう言葉ですか!

3私からは以上です。

「…………

……行こう、ティナ。


……いいのですか?

3新入生の再募集はすでに始めています。

ディラン君。本当の改革がはじまるのは、これからなんですよ……


改革の果て



<それから、数日が過ぎた――>


俺の伝説を聴けぇぇぇぇーー!

「b貴様ァッ!軽音部は廃止だといったはずだあぁぁ!

うるせーよバァカ!俺にかまうんじゃねえ!

オラオラオラオラァーー!

「bぐ……なんという爆音……!

耳が死ぬー!くそお、覚えとけよー!

へっ!おとといきやがれってんだ!


 ***


…………

<リアムは、カラスミ組の教室をのぞいた。>

3……この魔術において術者は対象者と疑似的なソウルの交換を行う。以下に示した方程式のうち――

あっ、あっ……消されちゃった……まだノートが……

(授業のスピード、速すぎんだろ)

3ではここに入る値を、ルウシェさん、答えてください。

は、はいっ!えっと、その……8ですか?

3正解。そして次に――

(レウシエ、顔色わるくねーか?)

2×1=2、2×2=4、2×3=6、2×4=8……

(かけ算に進化してやがる)

……2×9=18。3×1が……サンイチ?

サンイチは……サン……サンイチがハチ!

(めっちゃバカなのは変わらねえな!)



ったく。といつもこいつもおとなしくなりやがって。

……ああ、つまんねえ!なんなんだよクソッタレ!

……つーか、こんな学校、さっさとやめりゃいいんだよな。


 …………

 ……


食事だ。

ありがとうございます……

……学長せんせい、げんきないですね……

クーン……

え?あはは、気のせいですよ~。

……熊。背中を見せろ。

え、それはちょっと……

いいから見せろ!

イヤですっ!!

……もういい。見なくともわかった。

…………

このことは伝えるぞ。

ダ、ダメです!みなさんが知れば、きっと――

……学長せんせい。もう、いいんです。

コ、コヨミさん……?

もう、わたしたちは……

……そんな。ダメです。ダメに決まってる!

行くぞ、コヨミ。

あんなヤツに!屈してはいけないっ!

敗北宣言



<その日の放課後。

生徒全員が、体育館に集まっていた。>


ティナ ……私の話は、以上となります。

…………

シズク ……そうするしか、ないんですよね。

残りたい者がいれば、そうしてもらってかまわない。

ユキ もとの学園に戻るのなら、残りたいさ。

だが、その保証はない。

レイン だったら、とっととやめちまおうぜ。

シャル なー、クマ公は大丈夫なん?

ティナ ……校則違反の罰は、もうなくなると思います。

俺たちがいなくなれば、その意味もなくなるからな。

……カムイ先生のため、なんですよね……

ティナ 不本意でしょうが、わかってください……

すまん……俺の力が足りないばかりに……

先生はわるくないのです。

そうと決まれば、さっさと島を出ようぜ。

こんなインキくせえトコ、一秒たりともいたくねーよ。

うぅ……せっかく、お友だちがたくさんできたのに……

ハルカ ……退学、かあ。なんか、実感がわかないわ。

ヨシュ ……もう、ここでお芝居はできないのか……


「なあ、リアム。俺、あの学校、マジで好きなんだ。一生の思い出だよ。

……だから、頼んだぜ。俺たちの、茶熊学園をよ。」


だから、知るかっつの……!

ティナ では……解散とします。


「……ティナ。

「……アイシャさん。私……くやしいです。

……くやしいです……!

「…………


TOP↑

第17章 世情


伝説の放送



お呼びでしょうか?

3見てみなさい、ディラン君。この光景を……


メア ……さあ、行きましょう。

ユキ ああ……

……さようなら、茶熊学園……


……みんな、島を出ていくようですね。

3フフフ……計画通りですね。

…………

3君は、これから入学する新入生たちの手本になっておあげなさい。

おや……?

……校歌ですね。先生のご指示ですか?

3いえ、そんな指示は出していません。

……誰ですか、流しているのは!


ティナ …………!

これは……

なんでしょう……?

…………


”お前ら、ふぬけてんじゃねーぞ!

俺は、学校ってやつが大嫌いだが……

あのクソ野郎は、もっと大嫌いだ!


なあ!おい!このまま引きさがっていいってのかよ!

俺は……俺だけは、最後まで、ぜってえ負けねえからなー!”


「b先生!

3放送室へ向かいます!



「b開けろっ!開けんかぁっ!

「k校歌を流すのをやめろっ!

やめねーよ、ボケ!

3かまいません。壊しなさい。

「「はっ!

「b貴様ぁーー!

「k地下牢にブチ込んでやるーー!

やれるモンならやってみろってんだ!

うおぉぉぉぉぉーー!


……へっ。とんだバカがいたもんだ。

シャル ったく……世話の焼ける後輩だなー……


”拘束魔術を使え!”

”これでどうだぁーー!”

”ぐわーーーーーっ!”


……ネモ。ノアは、決めたのです。

やれやれ……

お兄ちゃん……!

「ああ、ミレイユ!



離せっ!離しやがれー!

3連れていきなさい。

ティナ はあ、はあ……リアムさんっ!

離しやがれえぇぇぇーー!

<リアムは二人に引きずられ、廊下の向こうへと消えていった……>

3……島を出なさい。一刻も早く!

ティナ ……アイシャさん。お願いがあります。

わかっているとも。私は、副会長だからね。

作戦立案は任せてくれたまえ。

「私はなにをすれば?

まずは全校生徒に連絡だ。むろん、秘密裏にな。

それから、ルカを呼んでくれ。


やあ……

……む。

TOP↑

第18章 友よ


逆転



<あくる日――>


おはようございます、スパルティ先生。

3おはよう。生徒たちの動向はいかがですか?

続々と登校していますよ。島を出る気配はありませんね。

3やはり、昨日の件が効いているようですね。さて、どうするか……

先生。……ぼくに秘策があります。

3ほう?

ペン先生とキョウ先生を呼んでください。


3どこへ行くのです?

壁に耳あり……というでしょう?

3それにしても、君も段々とらしく(・・・)なってきましたね。将来が実に楽しみですよ。

……ディラン君?

<教師陣をへだてて、校門が閉められた――>

3……なにをしているのです?

これがぼくたちの秘策ですよ。

――スパルティ先生!

3ベン!キョウッ!

いまだっ!

ガレアさん!ハルカさん!いきますよっ!

茶熊学園を……守ったらーーーーーい!

<キャンパス全体が、ドーム状の透明な幕でおおわれていく――!>

3これは……防御魔法かっ!

「bクソッ!ブチ壊してやる!

3……やめておきなさい。守護天使の防御壁です。私たちでは破れないでしょう。

ディラン君。……やってくれましたね?

個人レッスンをあんがとよ、先生。

さすがは元騎士団長だ。

あとはまかせたぜ。

やれやれ。人前には出ない約束のはずだったんだがな……

ティナ だからこそですよ、アイシャさん。……会長命令です♪

……やっと風格が出てきたな、ティナ。

「みなさん、出てきてください。副会長より、お話があります。

……しかたがない。やってみるとしよう。

<アイシャは、拡声器を手にした――>


TOP↑

第19章 自由への旅


シュプレコール!



おはよう、諸君。こうしてみなの顔を見られるのは、としてもうれしいかぎりだ。

なにせ昨日までは、我々は学園の生徒であることをやめ、この学ひ舎から去ろうとしていたのだから。

そう、我々は負けようとしていた。敗北を認め、尻尾を巻いて逃げようとしていた。

だが、一人の男によって、それは間違いであると気づかされた。

誰よりも学校を嫌っていた男は、誰よりも諦めていなかったのだ。

我々の目は――覚めた。


伝説、つくってやったぜ……!

おつとめご苦労さん。……リアム。


いまこそ我々は立ちあがる。強靭な肉体と精神をもって、大いなる脅威へと立ちむかう。

いかなる犠牲を払おうとも、自らの誇りと信念をかけて、下劣なる邪悪をしりぞける。

――我々は、訣して敗北などしない!

「「「ウォォォォォォォッ!


ア……アイシャ君……っ!

泣くのはまだ早いぞ。


……さて、ここで急だが、次の学校行事についての話をしよう。

どのような行事を催すべきか、カラスミ組では持ち越されたままになっていたのだ。それをいま、決めようと思う。

みなが参加でさ、かつやりがいがあるもの……私にひとつ、案がある。

――体育祭だ。


ティナ ……うふふ。


ただの体育祭ではないぞ。敵は同じ生徒ではないし、競技場はキャンパス全域だ。

戦闘、防衛、監視……種目も豊富にある。

勝利要件はただ一つ。現体制を打倒し、かつての学園を取り戻すこと。

<茶熊闘争祭>。……どうだ、最高に燃えるだろう?


「最高だ!


スパルティ。いまここに宣言しよう。


3……黙って聞いていれば、バカバカしいことを。

いいですか。この瞬間から、君たちの冒険家としての未来は断たれたのです。

損はあっても得はない。まったくもって無意味な行為だ!


これより生徒会は一時的に再組織され、茶熊学園自治会へとその名を変える。

学園に関する権限は、すべてこの自治会が有することになるだろう。


「kせ、先生……!

3あなた方をカムイ元学長の共犯者として、ギルドに告発する!


諸君、よく聞け!彼こそが犯罪者だ。

彼が提示した不正の証拠とやらは、すべて彼自身によって偽造されたものである。

このような横暴を、我々は断じて許すわけにはいかない!

3でたらめを……!

我々の要求を申し上げる。学長であるスパルティ氏の辞任、ならびにカムイ氏の学園への復職。以上だ。

この要求がすべて実現するまで、我々は俗悪極まりない現体制に対し、徹底的に抗戦するかまえである!

ティナ さあ、いきますよ、みなさん!

シュプレヒコール!現学長は辞職せよ!

「「「「現学長は辞職せよ!

スパルティは学園を去れ!

「「「「スパルティは学園を去れ!


3上等だ……



TOP↑

第20章 明日に向かって



いやあアイシャさん!あなたがあんなに熱い人だとは!

コヨミ、胸がドキドキしたよ!とってもカッコよかった!

普段クールなやっかああいうことやると、燃えるんだよなあ。

会長殿の戦略だよ。

ディランよう。スパルティを内偵してたんなら、最初からいえよな。

お前らの反応が見たくてな。いやー、笑いをこらえるのに必死だったよ。

俺は気づいていたぞ。

島を出るって流れになったときは、さすがに終わりかと思ったけどな。

バカが体をはってくれたおかげで、俺の努力もムダにならずにすんだ。

あぁ!?バカはお前だろ!かけ算もできねえくせに!

演技に決まってんだろ!俺だってそれぐらいできるわ!

では、得た情報を教えてもらおうか。

ヤツは確固たる地位と名声を欲している。茶熊学園はそのための踏み台だ。

『信用が地に落ちた学校をみごと再生させた敏腕教育者』――そんな触れ込みでな。

私利私欲のために学園をのっとるとは……!

在校生の退学も計画のうちだったようだ。都合のいい箱庭をつくるためのな。

敵の戦力予想を。

ヤツには広いコネがある。おそらく、裏社会ともつながっているだろう。

……特A級の部隊を呼びよせるぞ。

ルカ、防御魔法はどのぐらい保つ?

範囲が大きいですから、そう長くは……

わかった。物理的な封鎖を急ぐとしよう。

大工仕事ならまかせろ!

みなさん!学長先生のケガの治療、終わりました!

み……みなさん……

おかえり、先生。

学長せんせい!がっこうのことは、コヨミたちにまかせて!

なにがなんでも守ったりますから!

……大人しく寝ていろ。

……いえ。誰がなんといおうと、私もお手伝いしますよ。

私も、茶熊学園の一員ですから!

……わかった。


「bしてやられましたな、先生……

「kあいつらに抵抗されると、そうとう厄介ですよ……

3売られたケンカは買うだけです。徹底的に潰しますよ。

鋼の国の傭兵部隊を招集しなさい。カネに糸目はつけなくてよろしい。

「kははっ……!

3それから、万が一のことを考えて、あの三人(・・・・)にも連絡を。

「b承知しました……!

「k(……まさか、あれを使う気か?)

3……いいだろう、茶熊学園生徒諸君……

勝つのは、私だ――!



<茶熊学園をかけた闘争が、いま、幕をあける――!>




back top next 2部






~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリーテニスの話

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー

コメント (茶熊学園2018 Story3)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ