Gamerch

【白猫】シルバの修行録 Story

最終更新日時 :
1人が閲覧中
開催期間:2019/01/06

目次


Story1

Story2

Story3

Story4

Story5

最終話





story1




<黒衣の六腐朽の二黄昏の一

我が身のほむらを矩火となし 砂なる不純を朽ち拭わん>……!


燃えちゃいましたね、ジルバさんの本……

……また失敗か。本のインクだけを消そうとしたんですが……

Aカァ……

お外でも魔術の実験なんて、あいかわらず勉強熱心ねぇ。

学園にこもりきりだと、気が滅入ってしまいますから。

ま、無理はきんもつよ?

ありがとうございます。でも研究も実践も、最近は楽しくて仕方ないんです。

目標に向かって少しずつ、着実に近づいているのか実感できて……!

<黒魔術の白魔術士>――ですよね♪

その通りです。

戦うための黒魔術も、使い方次第で生命を救うことができる――

新たな可能性を模索し、自分の力で切り開いていくことは、魔術士の最大の喜びですから!

ふふ、目ぇキラキラさせちゃって。

とはいえ、先達者がいない分やはり道は険しいです。……そこで!

特別な異名を持つ魔術士たちに会ってみようと思うんです。

独自の探求を続けてきた人たちの技を見れば、何かヒントがつかめるかもしれません。

いいアイディアね。見識を深めるのは大切だもの♪

はい!今日はこれから、ある魔術士に会いに行く予定なんです。

どんな魔術を使う人なんですか?

僕も初めて会う方で、噂でしか知らないのですが――異名は<創造の魔術士>。

彼はあらゆるものを、無から一瞬で生み出すそうです。――それこそ、生命までも。

そんなすごい人が……!

…………

ねーねージルバ。それ、アタシも行っていい?

どうしたの、キャトラ?

だって……<創造の魔術士>なんでしょ?

カニカマ作ってもらうのよ。とびきり美味しいやつを山ほどね♪

キャトラったら……

ふふ、それじゃあみんなで行ってみましょうか!

Aカァー!



TOP↑

story2



ゴクリ……

このハンカチから……せい!

綺麗な花が!

さらに……せいっ!

花が鳩に変わったわ!

まだまだ……せい!せい!せい!

なッ!?鳩がみるみる増えて……!

ムムムウウ~~ン――そいツ!!!

<鳩たちが集まって……熊になった!>

これが、マジックパワーです。

すごい……なんて神業だ!

手品―――!!

たしかに不思議だったし、本当に面白かったわ。全力で楽しんじゃったもの。

でもジルバが求めてるのはこーいうのじゃないでしょ!

そんなことはありませんよ。

魔法や魔術に頼らずとも、創意工夫によって想像を超えた現象を生み出す……

その妙技……まさに<創造の魔術士>です!

では次は、手足を鎖で縛ってからの水中脱出劇をご覧に――

あの、僕にもできませんか!?勉強のためにもぜひ……!

あ、危ないからだめです!!

そもそもアンタが目指す魔術士とは方向性ちがうでしょ!

ふむ……魔術士を探しておいでなのですか?

そういうことでしたら私も一人、存じておりますよ。

人呼んで<幻惑の魔術士>――幾多の軍勢も、屹立する守護神も、あの男を止めることは叶いません。

聞いた感じだとすごそうね……

ぜひ、会いに行ってみましょう!




TOP↑

story3




『さあ後半ロスタイムも残りわずか!ポールはロジャウーノに渡るゥ!

……!

『だが守備はかたい!ロジャウーノ、これは動けないか……!?

だがロジャウーノ!変幻自在のボールさばさで厚い守りを抜き去ったあ~ッ!

い、今なにが起きたの……?

一回、二回、いやもっと……!?今の一瞬で何回、フェイント入れたのよ!?

すごい……ポールが生き物みたいだ!

『ロジャウーノ止まらない!止まらないィ~~!

<鋭いシュートがキーパーの頭上をかすめ、ゴールに突き刺さった!>

『押し込んだァア~!そして今……終了のホイッスル~~~!

<幻惑の魔術士>こと、ロジャウーノの華麗なトリックが今日もコートで怖裂したァ~!)

素晴らしい試合でしたね……!

サッカーーー!!

確かに魔術士かもだけど、こういうことじゃないわよ!

ふふ……そうじゃないんですよ、キャトラさん。

なにがさ。

ある技術をひたすら研鍛し、魔術とまで形容される神業へ昇華させる……

その不屈の精神力は、魔道の探求にも通じます。

……そうかも。いや、そうなの?

僕も彼を見習って、サッカーの練習を……

してどうすんの!本末転倒よ!

お腹減ったし、そろそろ帰ろっか。

なあ、このまま飲みにいこうぜ。久々に<てっとり亭>とかとうだ?飯も食えるし……

でもあの店はこの間、オスコー爺さんか目つけてたぞ……

オスコーってまさか……<酒場の魔術士>か!?

ああ。以前一緒に飲んだが、あの恐るべき神業……まさに魔術。心底プルったぜ。

…………。

あの……行ってみませんか?<てっとり亭>……!

言うと思ったわ。


TOP↑

story





……ふぅ。

<にぎわう店内で、一人の老人かグラスを傾けている。>


(あの男性……気になります)

(普通のお爺さんにしか見えないですけど……)

(いえ。あの鋭い眼光……油断のない面構え……ただ者ではありません)

(そうかな)

(彼が<酒場の魔術士>――オスコーさんかもしれません。僕らも食事をしつつ、様子をうかかがってみましょう。

のう、店員さん。

はい?

わし……この料理は注文してないのう……

え、でもたしかに……

これ、タレじゃろ?わしが頼んだのは塩なんじゃが……

見ての通り、老いの身でのう……今、ふと思い出したんじゃ。

(もう半分以上食べとる……!)

塩味が……食べたいのう……

す、すみません。すぐにお取替えします……!

(取り替えるの……!?)

(ほ、本当に店員さんが間違ってたのかな……?)

<老人は尋常じゃないペースで飲み食いしている……>

(何よアレ。あんなにパカパカ注文したら……)

(ええ……支払い額がとんでもないことに……)

おお、待っとったぞ、お前たち。

あれ?もう来てたのか。待たせたかい、オスコー爺さん?

なに、わしもちょっと前に来たばかりじゃよ。

(結構前からめっちゃ飲み食いしてるくせに……!)

(しかし彼は必ず一品ずつ注文し、完食するつど、食器を片付けさせていました。

つまり彼が暴飲暴食していた証拠は今どこにも……ありません!)

(なんでテンション上がってるのよ)

ヒマだったもんで、先に一杯やってたんじゃが……

じゃあその分も割り勘でいいぜ。待たせちまった詫びだ。

おっほっほ。悪いのう。

<割り勘の流れに持っていった……!>

ううん、あんなテキトーなやり方でごまかせる額じゃないはずよ!)

(……さすかにお会計のときに気づかれるよね)

三名様でお会計合わせて、36500Gになります。

へぇえ~~心……?なんか高くねえかぁ~~~?

オレたちぃ……そんなにぃ……食ったっけえ~……?

おっほっほ。楽しく飲んでるとつい忘れてしまうもんじゃの。

「……だよなあ~♪

(二人とも酔っ払ってて気づいてないわ……!)

(校桐ですが……華麗です。最小限の出費で酒場のすべてを味わい尽くす知略……

(まさに……<酒場の魔術士>!)

ただのセコいじいちゃん!

とはいえ、人を隔していることにはかわりないので、そこは反面教師にしないと……

なあ、きみさみ。その杖と格好……もしかして魔術士か?

ははぁ……さてはきみも、コージーさんに憧れてこの島に来たんだな?

コージーさん?どなたですか?

まずアンタは誰よ。

俺はコージーさんの弟子だよ。

そしてコージーさんは、稀代の天才魔術士――人呼んで<奇跡の魔術士>さ。

。奇跡の……!?

世界の真理を解き明かすため、多くの弟子たちと共に日夜、修行に励んでいらっしゃる。

きみたちも一度会ってみないか?きっとためになるぞ!

いいんですか!?ぜひお願いします!

……今度は大丈夫なのかしらね。



TOP↑

story




人がこんなにたくさん……

すごいだろ?みんなコージーさんの弟子なんだ。

どんな魔術の使い手なんでしょうね……!

アタシは見るまで信じないわよ。

やあ皆さん。相変わらず励んでいるようで何よりです。

コージー先生!

(あの人が<奇跡の魔術士>……)

(見た感じ、ただのうさんくさいオジサンね)

(キャトラ、失礼だよ……)

コージー先生。今日も新たな求道者たちを連れてきました!

アタシたちはただの見物よ。

そうでしたか。ではご挨拶代わりに私の魔術をご覧に入れましょう。

いいんですか!?ぜひお願いします……!

<身の丈を超える巨大な岩に、コージーは片手を当てた……>

<我は崩潰をもたらし鈍色の徒 我は劫火を宿せし炎色の薪

二色を束ね、螺旋とす>!

……ん?

これは……!

あんな大きな岩が……一瞬で粉々に……!

ふむ……今日は調子が良くないですね。

素敵……さすがコージー先生だわ!

すごい威力でしたね……

はい。<破砕>と<燃焼>……性質の異なる二つの術式を束ね、威力を最大限に高めています。

――なるほど、そんな方法もあるのか……

…………

今のが私の秘技……名づけて<多重術式>です。

制御には困難を極めますが、私のもとで修練を積めばきっと修得できることでしょう。

きみたちも一緒に、先生のもとで魔術を究めないか?

月々たった5万Gで、奇跡の技を教われるんだもの。安いものでしょ?

…………

……ねえ、さっきのインチキじゃないわよね?

えっ、キャトラ!?

おやおや。いったい何を根拠に……

木の上に隠れてる二人組はなんなのかしら?

……!?

アタシの耳はごまかせないわよ?

ふ、ふふ……言いがかりは関心しませんね……

そうだ!適当なこと言うんじゃねえ!

じゃ、このひとに教わって、魔術使えるようになったひとって誰かいるの?

そ、それは……

で、でも先生は長い目で見ないとって……

……やっぱインチキじゃないの?

――いいえ、キャトラさん。

シルバ?



TOP↑

最終話



コージーさん、皆さん。僕にも試させてもらえませんか?

試す?

<多重術式>……もしかしたら僕にも使えるかもしれません。

な……!?

はぁ、あなた馬鹿じゃないの!?

先生の奇跡が、そう簡単に使えてたまるか!

その通りです。根本から性質の違う魔術を同時に制御する<多重術式>……

単独で行使するには、困難を極めるでしょう。

そ、その通りですよ。だからこそ私の技は奇跡と……

ですが――アディ!

Aカァー!

<黒衣の六波蝕の四黄昏の一 我が僕を炉に、火を焚べる>!

Aカァ……!

<煙霞の七空隙の五黄昏の一 我が身のはむらを矩火となし

束ね織り上げ、螺旋とし 劫火、腐滅の塵とならん〉……!

<>

は、はぁ……!?

よし――できたっ!

Aカァー♪

さっすがシルバー!!

すごい威力だ……先生の魔術よりもはるかに……

ば、馬鹿な!?多重術式なんて、本当に使えるはずか……!

ええ。僕の実力では不可能です。

でも今、現に一人で……

いいえ。一段目の術式を、一度アディに託したんですよ。

その間に二段目の術式を用意し、束ねて発動させたんです。

やっぱり君は、最高の使い魔だよ。

おい!今の衝撃で、木の上から誰か落ちてきたぞ!

彼らが同時に別々の魔術を使い、一つの術式として成立させる――

それがコージーさんの<多重術式>の正体です。

ほーら、やっぱインチキじゃない!

ひ、ひぃ!?

シルバはね、心底怒ってるのよ!本物の魔術士としてね!

あ、いえ。他人と協力することも魔術士の立派な手段です。

僕があの着想を得られたのも、コージーさんのおかげですから!

そうよ!……え?あれ?


 ***


……結局、本当の魔術士には会えなかったですね。

残念だったわねえ。

そんなことありませんよ。

創意工夫や、技術の研鍛の大切さ。目的を達するために、様々な手段を生み出す発想力……

それそれ分野は違えど、全員が魔術士と呼ばれるに足る凄い人たちでした。

最後のはただの詐欺師でしょ。

すごく怒られてたし、ちゃんと反省してくれてるといいね。

Aカァ……

さっき学んだことも、今の僕では攻撃のための黒魔術としてしか行使できません。

それがアンタの得意技だもの。あせることないわ!

はい。でもいつかきっと、僕の夢のために役立ててみせます。

黒魔術で生命を救う――<黒魔術の白魔術士>になるために!





TOP↑





~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリー思い出

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー

コメント (シルバの修行録 Story)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ