Gamerch
白猫プロジェクト大辞典wiki

アルマ

最終更新日時 :
1人が閲覧中
  • キャラ称号(二つ名)の一覧を作成しました

キャラ称号一覧(☆4キャラ)/キャラ称号一覧(☆1〜☆3キャラ)/キャラ称号(コラボキャラ)/岩砕き

  • 「叛逆のCOLOR's」開催!シリーズ関連の用語まとめ!

アルマ/罪の教団/聖霊教会

アルマとは、意思を持つソウルの結晶のこと。アルマを信仰する聖霊教会では聖霊とも呼ばれている。スペイン語では「魂」を意味する。

概要

悪魔のように禍々しい姿を持つアラストル、騎士のように剣を持ち気高い印象を感じられるデュナミスなど、アルマの見た目は様々*1であるが、多くのアルマに共通する点として、アラビアンナイトに登場する「ランプの魔神」のように下半身のにあたる部分は存在しない。アラストルが魔神と呼ばれていること、マジン種がアルマの一種とされていることからも、元ネタはここから取られていると考えられる。

アルマは強大な力を有しているとされており、聖霊教会はアルマを戦力として利用している。上位のアルマの中には天災に匹敵するものも存在するという。

同じくソウルから生まれる精霊とは共通する点が多いが、アルマの場合は人間に憑くことがある。聖霊教会は古の秘術によりアルマと契約し、人間に憑依させる術を持っており、契約を交わした人間はアルマを自在に操ることが可能となる。

アルマとの契約は聖霊教会の中でも選ばれた信徒にのみ与えられる特権とされており、ルウシェのような例外を除くと基本的に過酷な鍛錬が必要となる。

アルマは戦力としても有用だが、契約者からある程度離れても活動ができるため、偵察や情報工作などにも応用が効く。

アルマ喰い

その名の通り、アルマを喰らい力を得る能力を持つ人間のこと。花嫁ルウシェの思い出に登場。

アルマと悪魔の関係性

「悪魔」の記事を参照。

アルマ一覧

  • アラストル
    人間の「罪」を吸収することができる特殊なアルマ。アラストルによって罪を食われた人間は罪を悔い、心が満たされるような感情となる。聖霊教会によってルウシェを依代に封印されている。
    正体は原罪のアラストルから生まれた分身である。

  • デュナミス
    アシュレイと契約を交わしているアルマで、〈断罪のアルマ〉とも呼ばれる。アラストルの罪の吸収から唯一抵抗できる存在。

  • 原罪のアラストル
    〈原罪のアルマ〉とも呼ばれる、アラストルの真の姿。依代が「罪」と認識した存在そのものを喰らうアルマであり、その力の範囲は世界中に及ぶ。教皇の陰謀によって原罪のアラストルを背負ったルウシェはその力の真実を知らず、世界そのものを罪と認識した上で罪を消そうとしたため、世界を呑み込もうと原罪のアラストルの力が発動する事態に陥った。

  • マジン種
    マグマジンなど、実際にモンスターとしても登場するアルマ。炎のアルマ、氷のアルマ、雷のアルマなどが存在する。司教は炎のアルマと契約している。

関連項目


脚注
  • *1 ただし、ルウシェいわくアルマはソウルの化身であるため季節などに合わせてある程度姿は変えられるらしい

コメント (アルマ)

  • 総コメント数1
  • 最終投稿日時 2021/08/26 17:28
  • 表示設定

新着スレッド(白猫プロジェクト大辞典wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる