Gamerch
マフィア42 攻略Wiki

【マフィア42】ゲーム方法

最終更新日時 :
1人が閲覧中
最終更新者:TEAM42

【🍎「にほんごの森」開催中】 (~5/27まで)

最新のイベントの情報はこちら


基本ルール

マフィア42は市民陣営マフィア陣営教祖陣営(教祖モード限定)の3陣営に分かれて行う人狼系のゲームで、4人から12人でプレイすることができます。

  • クラシックモードと一般モードでプレイする場合は、マフィア陣営市民陣営の2陣営に分かれ、それぞれの特別な職業が割り当てられます。
  • 教祖モードでプレイする場合は、マフィア陣営市民陣営、そして教祖陣営の3陣営に分かれます。9~11人でプレイする場合は、教祖陣営に最初は教祖の1人が割り当てられ、12人プレイ時は教祖1人、狂信者1人が割り当てられます。

ゲームは昼と夜に分かれて行われ、最初は夜から始まります。

夜 (25秒)

  • 夜にチャットができるのはマフィア陣営と、市民陣営の中で恋人同士と霊媒師、そして教祖陣営の教祖のみです。
  • マフィアは同じ陣営のマフィアとスパイ、獣人、マダム、盗人、魔女、科学者などと会話することが可能であり、マフィア陣営同士の会話は他の市民には見えません。しかし、死んだ市民には見えるようになるので死亡したプレイヤーの会話を聞くことができる霊媒師の能力を使ってマフィアを見つけるヒントにすることができます。
  • マフィア陣営は夜に話し合い、殺すプレイヤー1人を決めましょう。
  • 職業によっては、夜に発揮できる能力を持つ職業もあります。例えば、医師は夜にプレイヤー1人を選び、マフィアの攻撃から治療することができます。
  • 教祖陣営は教祖が奇数回目の夜ごとにマフィアと聖職者以外のプレイヤーを「布教」して味方にすることができます。また、夜ごとに教祖陣営に発言を送ることができます。

討論時間(生きているプレイヤー数 × 15秒)

  • 昼になると、夜に処刑された及び市民能力で処刑から生き残ったプレイヤーや、記者による「特ダネ」、預言者による「啓示」等が発表されます。以上のことが何も起きなかった(又は「隠蔽」された)場合は「静かに夜が過ぎました。」と発表されます。
  • 昼には生存しているすべてのプレイヤーが会話することができます。市民たちは話し合いを通じて誰がマフィアかを推理して見つけなければなりません。マフィアは市民になりすまして市民を騙し、投票先を惑わしましょう。
  • 全てのプレイヤーは1日に1回だけ、15秒ずつ時間を延長させたり、短縮させることができます。

投票時間 (15秒)

  • 討論時間が終わると投票時間になります。
  • 基本的に、プレイヤー1人当たり1票の投票権がありますが、政治家が投票した1票は2票として数えられます。(公開的には1票として公表されます。) また、自分自身に投票することもできます。
  • 投票時間中には誰に何票集められたのかがリアルタイムで表示されますが、投票時間終了の5秒前に非公開になります。
  • 投票時間が終了されると、最終投票結果が公開されます。しかし、誰が誰に投票したかは公開されません。
  • 最多得票したプレイヤーは「最後の反論」を言って自分の潔白を訴えましょう。得票したプレイヤーが誰もいなかったり、最多得票したプレイヤーが2人以上である場合は静かに夜になります。

最後の反論 (15秒)

  • 投票時間に最多得票となったプレイヤーは「最後の反論」を訴えることができます。
  • 最後の反論の時間には当該プレイヤーと死亡したプレイヤーだけ会話することが可能であり、すべてのプレイヤーは会話ができずに反論を読むしかありません。
  • 最後の反論時には埋め尽くすチャットの制限が適用されません。
  • 最後の反論の時間は該当する名札の影響により、時間が延長もしくは短縮されることもあります。

賛否投票 (10秒)

  • 最後の反論が終わるとそのプレイヤーの処刑有無について賛否投票を行います。半分以上が「賛成」である場合は当該プレイヤーが処刑されますが、半分以上にならない場合は処刑されずに静かに夜になります。
  • 誰が賛成または反対したかは公開されません。
  • 極道に脅され、投票権を奪われたため投票ができなかった場合、賛否投票は必ず反対としてみなされます。

このようにどちらの陣営が勝利するまで昼と夜が繰り返されます。勝利の条件は陣営ごとに異なりますので詳しい内容はマフィア陣営、市民陣営、教祖陣営のページをご参照ください。

勝利条件

マフィア42での勝利条件は生き残ったプレイヤー数ではなく、陣営でプレイヤーが行使できる投票権数のトータル数が勝利条件となります。

ご注意マフィアと接触できなっかたマフィアの補助職業の投票権は市民陣営の投票権として認められますが、所属陣営はマフィア陣営とされます。

クラシック/一般モード

マフィア陣営

勝利条件

  • 必須条件1:マフィア陣営の投票権数が市民陣営の投票権数より、大きい又は等しい。              
  • 必須条件2:預言者、依頼人が死亡した傭兵、正体を現した判事、秘密結社の全員が生存していない。
  • 下記の条件が満たされた場合、上記の条件が満たされなくても直ちにマフィア陣営の勝利となる。
  • 固有能力の「時限付き」を所持する教祖陣営が特定時点まで生存する。

市民陣営

勝利条件

  • マフィア及びマフィアと接触した補助職業の投票権数が0である。
  • 下記の条件が満たされた場合、上記の条件が満たされなくても直ちに市民陣営の勝利となる。
  • 市民陣営の預言者の「啓示」能力が発動する。
  • 秘密結社の「密使」能力が発動する。

※一般モード限定:2日目の夜になるまで勝敗が決まる場合、当該ゲームは無効となる。

教祖モード

マフィア陣営

勝利条件

  • 必須条件1:マフィア陣営の投票権数が市民陣営と教祖陣営の投票権数より、大きい又は等しい。              
  • 必須条件2:預言者、依頼人が死亡した傭兵、正体を現した判事、秘密結社の全員が生存していない。
  • 下記の条件が満たされた場合、上記の条件が満たされなくても直ちにマフィア陣営の勝利となる。
  • 固有能力の「時限付き」を所持する教祖陣営が特定時点まで生存する。

市民陣営

勝利条件

  • 必須条件1:マフィア及びマフィアと接触した補助職業の投票権数が0であり、教祖と教祖の能力を受け継いだ狂信者の投票権数が0である。
  • 必須条件2:市民陣営の投票権数が教祖陣営の投票権数より、大きいか等しい場合
  • 下記の条件が満たされた場合、上記の条件が満たされなくても直ちに市民陣営の勝利となる。
  • 市民陣営の預言者の「啓示」能力が発動する。ただし、預言者が布教された状態であれば、市民陣営ではなく、教祖陣営の勝利となる。
  • 秘密結社の「密使」能力が発動する。

教祖陣営

勝利方法1:教祖もしくは布教された狂信者の中で1人でも生きている場合

  • 必須条件1:マフィアと(接触した)補助職業の投票権数が0になる。
  • 必須条件2:教祖陣営の投票権数が市民陣営の投票権数より、大きいか等しい場合。 
  • しかし、下記の職業が市民陣営として生存している場合、上記の条件が満たされてもゲームは終了しない。
  • 預言者、依頼人が死亡した傭兵、正体を現した判事、秘密結社の2人生存

勝利方法2:教祖と布教された狂信者が死亡した場合と教祖が死亡したのに狂信者が布教されていない場合

  • 必須条件1:マフィアと(接触した)補助職業の投票権数が0になる。
  • 必須条件2:市民陣営の投票権数が0になる。

勝利方法3:教祖の生死と関係ない場合

  • 教祖陣営の投票権数が生存したマフィア陣営の投票権数より多い状態で、マフィア陣営の投票権数が0になる前に市民陣営の投票権数が0になる。

下記の条件が満たされた場合、上記の条件が満たされなくても直ちに教祖陣営の勝利となる。

  • マフィア陣営がすべて死亡した状態で、判事が布教された場合、預言者と依頼人が死亡した傭兵、そして秘密結社の2人が市民陣営にいなければ、市民陣営の投票件数と関係なく、直ちに教祖陣営の勝利となる。
  • 預言者を布教した後、預言者の「啓示」能力が発動したら、直ちに教祖陣営の勝利となる。
  • 固有能力の「時限付き」を所持する教祖陣営が特定時点まで生存する。

※一般モード限定:2日目の夜になるまで勝敗が決まる場合、当該ゲームは無効となる。

生き残ったプレイヤーの投票権数による判定

時々、ある陣営の勝利条件が満たされているように思われてもゲームが終了せずに続く場合があります。これは、特定状態若しくは職業数が実際プレイヤー数と異なって判定される場合があるからです。

代表的な例として、政治家は投票権数が2個として判定されるため、例えば、マフィアと政治家が1対1で生き残っていたら、マフィアが勝つ状況だと思われがちですが、実際には、市民陣営2:マフィア陣営1の投票権数となり、ゲームは終了せず、続きます。

このように実際に生き残っている頭数行使可能な投票権数がそれぞれ異なって判定される場合があります。

  • 頭数と投票権数が同じ場合
頭数1個、投票権1票通常の場合
頭数2個、投票権2票政治家
頭数無限、投票権無限正体を現した判事
  • 頭数と投票権数が異なる場合
頭数3個
投票権1票
極道
頭数そのまま
投票権0票
極道に脅されたプレイヤー
頭数2個
投票権1票
固有能力の「怨恨」をもつ恋人(相方の恋人が殺されて、相方の恋人を処刑したマフィアが生きている状態限定)
頭数0個
投票権1票
布教されていない狂信者
頭数無限
投票権1票
預言者
夜に依頼人が殺された傭兵
秘密結社(秘密結社2人とも生きている場合限定)
  • 特殊場合
  • 接触される前の補助職業全員は市民陣営の頭数として判定される。
  • 魔術師と入れ替わったプレイヤーは魔術師が属されている陣営の頭数と投票権数として判定される。
  • 「逃走」スキルを使ったマフィア陣営、教祖、布教された狂信者が1人で残っている場合、頭数が判定されず、死亡したプレイヤーとして見なされてゲームが終了する。
コメント (ゲーム方法)
  • 総コメント数0
新着スレッド(マフィア42 攻略Wiki)
ゲーム情報
タイトル マフィア42
対応OS
    • iOS
    • リリース日:2015/01/07
    • Android
    • リリース日:2014/02/07
カテゴリ
ゲーム概要 モバイルチャットで行われる究極な心理戦が楽しめるスマホゲーム『マフィア42』、新感覚人狼ゲームに挑もう!

「マフィア42」を
今すぐプレイ!

注目記事
ページトップへ