Gamerch

【白猫】イリア(正月版)・思い出

最終更新日時 :
1人が閲覧中
'
' CV:
2015/01/01

メインストーリー
飛行島の思い出 
友情覚醒画像その他相関図



思い出1


……明けまして、おめでとう。

もっと、めでたそうに言いなさいよ……

言えと言われたから、言ったまでだ。めでたいと思っているわけではない。

でも、言ってくれたんですね。ありがとうございます、イリアさん。

……慣れない役目だ。次は他の者に頼め。

それにしても……あんたの格好、ちょっと怖くない? それも<正月>なわけ?

タツノシンが言うには、そうらしい。

奴が生まれた東の島にも、正月というものはあるそうでな――そういうわけだ。

正月らしい格好とやらをしなければならない。


 ***


「なるほどねェ。しろと言われてするようになるたァ、あんたさんも、ちょいと丸くなりやしたねェ。」

「放っておけ。それで、どうだ。心当たりはあるのか?」

「任せてくだせェ。知り合いに、いい呉服屋がいやしてね――

こちらの旦那でさァ。」

「こりゃべっぴんさんだな。

おうおう、タツノシンのおっさん、あんたも隅におけないねぇ。」

「東の島には、とにかく無駄口を叩かねばならない、という風習でもあるのか?」

「怖ぇ怖ぇ。こういうタイプにゃ、やっぱこの格好が似合うんじゃねぇかな?」

「お、いいねェ。さすがは旦那の見立てだ。ささ、姐さん。さっそく着てみなせェ!」


 ***


……と、いう具合だ。

タツノシンに頼んだのが、そもそもズレてたんじゃない?


TOP↑

思い出2



 ダリア   ヒュウガ 

あ、イリア! やっほー!

お? なんか、動きやすそうなカッコしてんな! 勝負しようぜ!

新年早々!?

いいだろう。

アンタもためらいとかないのね!?

ダリアたちとは、よく手合わせをしている。日課のようなものだ。

へぇ~。ちょっと意外ね。アンタたちの気が合うなんて。

確かにイリアはクールだけど、けっこう付き合いいいんだよ!

武技の修練に関してだけだ。手合わせの相手は多いに越したことはないからな。

わかるぜ、イリア!  ライバルは多ければ多いほど、この拳も熱く燃え上がるってもんだ!

拳が燃えるかどうかはともかく、その意見は、まちがってはいない。

ふふっ、本当に気が合うんですね。

ていうか単に、3人とも戦闘バカなだけよね、これ。

さて……私もちょうど、身体を動かしたいと思っていたところだ。

ヒュウガよ。おまえの申し出、受けて立とう。ただし――

わかってるって。やるからにゃあ、お互い全力だ! 行くぜ!

ああ――来いッ!!

次、勝った方は私と修行ねー!


うーん、アタシたちにはついていけない世界だわ~。

そうね。でも、ちょっとうらやましいな。


TOP↑

思い出3


イリアってさ。ひょっとして、強いヤツが好き?

好き、というわけではないが……

優れた技量を持つ相手のほうが、矛を交えていて充実感を覚えるのは確かだ。

そうなんですね。たとえば?

……アンナだな。貴族の令嬢と侮っていたが、ヤツの培ってきた戦闘センスは、並みの槍使いの比肩しうるところではない。

センスっていうか……ビームとか出すしねぇ……

聞けば、セイクリッド公爵の一人娘だという。

であれば、その強さもうなずけるというものだ。

アンナさんのお父さん、そんなに強いんですか?

<戦神>セイクリッド公といえば、世界に武名を轟かせる槍術の達人だ。

槍の一閃で、並みいる敵を鎧袖一触に薙ぎ払う、まさに一騎当千の古強者。

――あまりの強さゆえ、<竜と契約して力を授かった>とまことしやかにウワサされている。

イリアさんは、戦ったことはないんですか?

残念ながらな。

残念なんだ……

音に聞く<戦神>の力がいかほどのものか、やはり試してみたくはある。ただ……

ただ?

手合せを申し入れたのだが、『娘の友達を傷つけたら、娘に嫌われてしまうから』と、断られ続けている……

……弱腰じゃん。そのパパ。


TOP↑

思い出4


イリアってさ。ひょっとして、強いヤツが好き?

その質問には、前に答えたと思うが?

今度は、ラブ的な意味で。

……………………

そんな不機嫌にならなくても。

不機嫌というわけではないが、正直、考えたこともない話だ。

そうなんですか? これまで、気になった人とかは?

ない。

となると、イリアのタイプの男性をアタシたちで探すしかないわね!!

なぜそうなる……?

第1問! 熱血タイプとクールタイプ、どっちがいい!?

うるさいよりは、静かなほうがマシだな。

第2問! 感性で動くタイプと知的なタイプ、どっちがいい!?

状況を把握し、冷静に判断する力に欠ける者は、戦場では足手まといになる。

第3問! スリムな痩せ型と、がっしりした筋肉質、どっちがいい!?

体力の差は、往々にして勝敗を分ける要因となる。

まとめると……

クールで、知的で、がっしりした人……


あ、どうも、恐れ入ります!

クールインテリシティボーイベアのカムイと申します。呼びました?


……ごめんイリア。やっぱなんでもないわ。

なんだったというのだ。


TOP↑

思い出5


ヒュウガじゃないけど、イリア、この島に来てから、確かに丸くなったわよね。

変化のない人間などいない。……それについては、よく知っているつもりだ。

イリアさん――

ただ――だからこそ、自分はもう<変わる>ことなどないだろうと、そう思っていた。

ではなく、槍となって――<変わりえぬ>ものに、成り果てたのだろうと……

じゃあ――それでも変われたイリアさんは、やっぱり、槍じゃなくて人間のままだった、ってことですよね。

どうやら、そうらしい。

昔は、怖いとさえ感じていた。<人は変わる>ということを。

<変わってしまう>ということなのだと。

いい人が、悪い人になってしまう。そういうことがあってしまうから、ですね。

でも、だったら逆もある、ってことだよね。

で、あるならば――それを怖がっていたところで何もできはしない。

誰が変わろうが、変わるまいが……騎士のすべきことは、それこそ変わりがない。

敵ならば倒す。味方ならば守る。その誓いを、抱き続ければいい――

吹っ切れたって感じねぇ、イリア。よかったじゃなーい?

この島には、珍妙な輩が多すぎるからな。

そんなことで悩んでいるのが、馬鹿馬鹿しくなるというのもある。

なんでこっちを見て言うのよ!

改めて考えると不思議に思えてな。

……おまえは、なぜ、猫なのに言葉を話せる?

今さらソレ聞くぅ!?

ふふっ――そうですよね。普通、そこ、気になりますよね。

納得いかなぁーい!


TOP↑

思い出6 (友情覚醒)


 ダリア   ヒュウガ 


おーい! イリア~!

どうした? また手合せがしたいのか?

それは、さっきさんざんやったろ。熱いバトルのあとといったら――メシだぜ、メシ!!

ルーグとマイとキャシーが、あっちで鍋の準備をしてるんだ!

鍋! いいですね!

熱く拳を交わし合い、熱く鍋をつつき合う! 好敵手の基本だぜ!

そーかなぁ。

鍋、か……

イリアさ、いつも干し肉とか、味気ないもの食べてるじゃん?

たまには、パーッとやろうよ! パーッとさ!

――いいだろう。

お! わかるじゃねぇか!

経験がないわけではない――

かつては、部下たちとともに、よく勝利の宴を開いたものだ。

だが、パーッと、と言うには、いささか規模が小さいな。

どうせなら、武勇を誇る者たちをありったけかき集めるのがいい。

さてヒュウガ、おまえのライバルとやらは、何人いるかな?

言いやがったな! 見てろ、開いた口がふさがらねぇくらい、強者どもを集めてやるぜ!

楽しい鍋になりそうですね、イリアさん。

あいつが知り合いを集めるってなると、楽しいっていうか、騒がしい鍋って感じになりそうだけどね~。

だろうな。

しかし、たまには騒がしいのもいいだろう。

年に一度の<正月>とやらなのだからな――





~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリーテニスの話

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー

TOP↑

その他


相関図


ストーリーまとめに戻る

新着スレッド

注目記事
ページトップへ