Gamerch

リオーネ・思い出【白猫プロジェクト】

最終更新日時 :

ストーリーまとめ


'
' CV:


思い出1



空の上……初めてだわ、こんな場所……

感想はどう?

高い……

まんまだ……

……でも、嫌いじゃないわ。

お!

ふふ、気に入っていただけて、よかったです、リオーネさん。

なぜならね……

はい。

クイロネは、流氷の『天使』……そうとも呼ばれているからね。

一回、味わってみたかったの。本当の天使の気持ち。空を飛んだ気分……

……これからここで、お世話になるわね。

大丈夫。すみの方で、じっと静かにしてるから……

いや、もっと自由にしていいから。


思い出2

ねーねーリオーネ?

なにかしら?

『くりおね』だっけ? アタシウ、実物見たことないんだけど、どんなものなの?

よく聞いてくれました……

ごくり……

わたしの周りに浮いている、これよ。

それか!

姿はね。では次に、生態をお話するわ。

うん。

クリオネとは、巻貝の一種。

貝かー……

貝は嫌い?

ん~ん、ふつう……でも、貝の強いヤツって、アタシにケンカで勝つからさ……

(キャトラって、突然すごく弱いときがあるのよね……)

そして、『流氷』の天使、と言われるだけあって、冷たい海にしか住めないの。

氷になるくらいの海でしょ?それは寒そうよね~……

そんな過酷な海を漂うクリオネ……生存競争で勝つのは、容易なことではないわ。

でも、成長したクリオネは、とても餓えに強い……長い間の空腹を耐えられるの。

うんうん。

そしてね……最も特徴的なのだ、エサを捕える際の……

うん!

バッカルコーン!

バッカルコーン!

バッカルコーン

バッカルコーン

バッカルコーン

バッカルコーン

(生態を教えてもらってたのは、もういいのかな……?)


思い出3

ねーねーリオーネ?

なにかしら?

こないだは夢中になっちゃってよくわかんなくなったんだけど……『バッカルコーン』ってなに?

……それを聞いてしまうのね。

ごくり……

バッカルコーンというのは……クリオネの持つ、六本の触手のことよ。

触手だったかー。

転じて……

おお!?

獲物を捕らえるときの一瞬の凶暴性のことも、俺はバッカルコーンと呼んでるんじゃあ!

<突如として、リオーネからキャトラに向かって触手が伸びる!>

ひいっ!?

生きるためには、喰わねばならんのじゃあ! 情けは無用! 俺の血となり肉となれぇ!

バッカル、コォオオーーーン!!!

……とまあ、そういうわけなの。わかったかしら。

リオーネさん……

え?

うぇーん、うぇーん……

キャトラ、自分が食べられると時間違いしたみたいで……泣いちゃった。

ごめんなさい、驚かせるつもりはなかったんだけど……

あんな豹変、だれでもびっくりするわよぅ!

ごめんなさい……ほ~ら、触手だよ~?

だからそれが怖かったんだって!

ダメね、わたし……


思い出4

キャトラちゃん……

つーん。

キャトラったら、ダメだよ。

ふんだ。つーんだ。

……悲しいわ。せっかく仲良くなれたと思ってたのに。

だっておどかすんだもの。

もうしないわ……

ホント!?

ええ。

じゃあいいよ!

よかった……

リオーネさん、でもそれって……?

大丈夫。わたしはクリオネの化身。

クリオネと同じように、食事を我慢しても生きてはいけるわ……

そう……ですか……?

平気よ……キャトラちゃんに相手にされないほうが辛いもの。

ううん、アレやんないなら、相手にするする~♪

キャトラ……

なにして遊ぶ~?

そうね……ぷかぷか遊びはどう?

ぷかぷか遊び?

昼寝をするでしょ……そのまま主流に流されて、どこへ着くかを楽しむ遊び。

それ海じゃなきゃできないじゃーん!

うふふふ……

(まあ……いいのかな……)


思い出5

リオーネさん!?いつにもまして、顔色が悪いですよ!?

……そう?

気のせいじゃないの?リオーネはいつも青白いじゃない。

その通りよ……

リオーネさん……

さあ、遊びましょう、キャトラちゃん……

わーい!


 ***


ターッチ!じゃあ今度はリオーネが鬼ね!

(キャトラ……!鬼ごっこをかれこれ半日……飽きないのかしら……!)

…………

ん? どーしたのリオーネ?

……あっ……

リオーネさん!

……平気よ……少しふらついただけだから……

やっぱり、おなかが減ってるんじゃ……

ちがうわ……

え!? もしかして……アタシがアレを嫌がったから、それ以来食べてないの!?

ごめん!そんなつもりじゃなかったんだけど……!

ううん……それとは別……

だってそんなに弱ってるじゃないですか!?

…………

どうしよう……主人公、アタシのせいだ……

どうしよう……!


思い出6


光は凝縮し、結晶になると
周囲に降り注いだ……

あ……

ん……?なんか、粉みたいな……う、口に入った!

うぇっぺっ!しょっぱい!塩だコレ!

…………

……ありがとう。

えぇっ!?

え……?それは、どういう……?

わたしは……海水が欲しかったの。

つまり、塩が。

なるほど……クリオネは、海の生き物ですもんね……

なによ~、心配させて~!そうならそうっていったらよかったでしょぉ~!?

ごめんなさい……だって……

だって、なに?

塩分を摂って元気になったら……食事もしたくなるだろうと思って……

…………

……キャトラ?

……いいよ。

え?

バッカルコーン、いいよ!だってごはんだもん!食べなきゃしんじゃうわ!

ありがとう、キャトラちゃん。

じゃあ、ハイ。こんなこともあろうと持ってきていたお魚をどうぞ。

<道理でずっと、魚臭かったと思った……!>

……本当にいいのね?

うん。めしあがれ。

それなら……

……うおおおおらあああ! バッ! カル! コォーン!

<リオーネから触手が走る!>

うぐっ……!

この魚野郎、お高くとまったツラしやがって! 大人しく俺に食われてしうまえやぁ!

ハグッ! ムシャムシャムシャムシャムシャムシャムシャムシャ……!

ひ、ひぃ……

……けぷ。ごちそうさまでした。

お粗末さまでした。

うぅ……!やっぱりその食べかた、怖いよぉ~……!



TOP↑

その他



相関図




ストーリーまとめに戻る

注目記事
ページトップへ