Gamerch

オウガ・テニスの思い出

最終更新日時 :
1人が閲覧中
蛮勇のパワープレーヤー
<金獅子>の異名を持つ豪傑。
<荒野の民>筆頭としてテニス界に参戦。



思い出1



来たぜぇ!!

来ちゃったのね!!



おう、楽しそうじゃねえか。オレもまぜろや!

テニスのこと?アンタできるの?

ハッ!<荒野の民>の筆頭がテニスくらいできねぇでどうすんだよ。

 まっ、覚えんのはこれからだけどよ。

そのボケ予想してたわ。


おっし。そんじゃさっそく準備運動してくるぜ。

へ~。アンタ、意外と堅実なのね。

体をあたためるって意味でも、いっちょ走ってくるわ。

うんうん。いってらっしゃい。

じゃ、半日ほどで戻ってくるからよ。

はいはい、わかって――って、半日ぃ!?


それくれーしねえとエンジンがかかんねえんだよ。

どんなエンジン積んでんのよ!

んじゃ、ちょいと行ってくるぜ!



半日も走るのね……

戻ってきたとき、アタシたち帰ってるかもね。


TOP↑

思い出2 (LV20)



それにしても、ラケットがまったく似合ってないわね。



似合ってようが似合ってまいが関係ねぇな。

 テニスなら――とっくに極めちまったからよ!

ほんとに~?

まあ見てな、キャト公……!


ルオォォォァ!!



ククク、どうよ。オレの必殺ショットはよ。

失点通り越して失格にしたいわ!!

 ……アンタ、ラケットのつかいかたおかしいんじゃない?

…………ガハハハハハ!

どんなごまかしかたよっ!

 ……とりあえず、ボールだけはとってきなさいね。


TOP↑

思い出3 (LV40)



ちょっとアンタ、練習のジャマだからどきなさいよ。

見てわかんねぇか?オレも練習中なんだよ。

どこがよっ!ラケット持ってないじゃない!

漢だったらよぉ、道具なんかに頼らねえで、拳ひとつで勝負だぜ。

まさかそれで練習のつもりじゃないわよね?

おう、赤獅子も付き合えや。



オラッ!


オラッ!



なにのせられてんのッ!

 ラケットで打たないと失点なのよ!

キャト公、そんなんじゃ荒野で生き残れねぇぜ?

いや、ルールだから!むしろテニスではそっちが生き残れないから!

……んなこたぁ、わーってるんだよ。

へ?

けどよ……オレはどうしてもこのラケットってヤツが……


やっぱりアンタ……ラケットつかうのが苦手なんでしょ?

ああ……どうにも上手くつかえねえ……


 ……クソが!


TOP↑

思い出4 (LV60)



チッ……


だからジャマよ、アンタ。よく見ろ。今日はラケット持ってんだろ。

持つだけならだれでもできるわ。

そう。その先が問題なのよ……こいつ、振っても振ってもなんの手応えもねぇ……

 おかげで球を打ちゃ、すべて必殺ショットでお空の星よ……

ふーん……



おい。なにすんだ?

弱音なんて聞いてるヒマないのよ!

 アンタがラケットを置いてコートを去るか、アタシが振り落とされるか――勝負よ!


言いやがったな、キャト公。



なにそれ?〈金獅子〉なんてこんなもんね~♪

ンだとォ!?



ん?

どうしたのよ!さっさとコートを去りなさい!





んんんんん!?


 オウガさん、どうしたのかしら。


この手応え――振ってるって感じがするぜ!

アンタみたいな筋肉バカには、普通のラケットじゃ軽すぎたんじゃない?

!……なるほどな。


オウガ……?


わりぃな、キャト公。もうちょい付き合ってくれや。

ちょ……?



――とめてぇえええ!!!!


TOP↑

思い出5 (LV80)



あれ? まだあきらめてなかったの?

礼を言うぜ、キャト公。

まずあんなにぶん回したことを謝りなさい。

同胞たち、オレは……庭球王<金獅子>になるぜ!

なんじゃそりゃー!!

そうと決まりゃ、さっそく練習といこうや。

アタシもうしがみつくのイヤだからね。

ハッ、それにはおよばねえ。



どんな細工したのよ……?

このラケットはよぉ、見た目は他と変わらんが、オレ用に重くした特注よ。

こいつを使えばこの通り――

――オレの手足も同然だぜ。

考えたわね!

おうよ! だがコイツを使うのは練習中だけだぜ。

荒野を生き抜くには道具なんざ選んじゃいらんねえからよ。

さあ赤獅子、撃墜王<金獅子>のオレとラリーしようや!


TOP↑

思い出6 (覚醒進化) (LV100)



ガハハハハ! 赤獅子とのラリーか!

待ってたぜ、この時をよぉ! さっそく行かせてもらうぜ!

ほう、いいかんじじゃねえか。

ハッ!おもしれぇ!

言葉なんぞ交わさなくても――

赤獅子の声が球にのって聞こえてくるぜ!

クク……このオレについてこれるとはな。

オマエとなら本気でやれそうだぜ!

そうだ、赤獅子! 全力でかかってこいや!

なんかアイツ……盛大な空耳が聞こえてるみたい。

オウガさん、楽しそうにしてるね♪

巻き込まれてるほうは、微妙な顔してるけどね。

まかせろ赤獅子。オレが天下をとってや――

あ、やべ!

あっ……!

ボールとってきなさいよー!


チッ……しゃあねえ。とっとと行くぜ、赤獅子よ。

いってらっしゃい♪


TOP↑




~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリーテニスの話

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー

コメント (オウガ・テニスの思い出)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ